OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

固定資産評価額証明書とは?

  • すぐに回答を!
  • 質問No.190826
  • 閲覧数7768
  • ありがとう数21
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 55% (153/274)

固定資産評価額証明書とは何のために必要な書類なのでしょうか?一筆一棟につき数百円とあるのですが・・。

ここで言う「固定資産評価額」とは、固定資産税の納税通知書に記載されている課税標準額とは別なのでしょうか?
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 34% (1527/4434)

 No1の追加です。都市計画税は、都市計画法による都市計画区域の内、市街化区域内に所在する土地及び家屋で、固定資産税の対象と同じ土地と家屋です。

 したがって、明細を見比べるのが確認する方法なのですが、課税対象の土地の中に都市計画区域でない土地がある場合は、固定資産税は課税されますが都市計画税は課税にはなりません。土地の一筆毎の明細が記載されているはずですので、両方を確認してみてください。又、新築などの場合には固定資産税の減免措置があるため、評価額は同じでも標準課税額が異なっている場合もあります。

 なお、固定資産税評価額証明書は特定の土地や家屋に対して評価額を証明するものですので、固定資産税の評価額と一致します。
お礼コメント
tfuku

お礼率 55% (153/274)

分かりやすい説明ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-12-26 18:06:30
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 34% (1527/4434)

 固定資産評価額証明書は、固定資産税の納税通知書に記載されている「評価額」と同じです。課税標準額は、課税の対象となる額で、一般的には評価額と課税標準額は同額ですが、特例によって減額となる場合などには、評価額から減額したあとの額が課税標準額となります。   固定資産税の評価額は、所有者しか知ることが出来ませんので、固定資産評価額証明書により第三者に不動産の評価額を証明する場合に使います。例えば、不動産 ...続きを読む
 固定資産評価額証明書は、固定資産税の納税通知書に記載されている「評価額」と同じです。課税標準額は、課税の対象となる額で、一般的には評価額と課税標準額は同額ですが、特例によって減額となる場合などには、評価額から減額したあとの額が課税標準額となります。

  固定資産税の評価額は、所有者しか知ることが出来ませんので、固定資産評価額証明書により第三者に不動産の評価額を証明する場合に使います。例えば、不動産の売買価格決定の参考としたり、不動産の所有権移転に伴う登記の際には、固定資産評価額証明書による評価額を基準として、登録免許税を算定します。
お礼コメント
tfuku

お礼率 55% (153/274)

早速の回答、ありがとうございます。
ところで、固定資産税と都市計画税の課税標準額が微妙に違うのですが、これはどういうことなんでしょうか?

固定資産評価額証明書の数字はどちらと一致するのでしょうか?

一致していないほうは計算方法が違うのでしょうか??
投稿日時 - 2001-12-26 15:05:00


このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ