OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

医療費控除について

  • 暇なときにでも
  • 質問No.188148
  • 閲覧数56
  • ありがとう数9
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 94% (79/84)

ど素人なので教えて下さい。
今年の4月から、いろんな病気をしたので医療費が結構かかったんです。
一応領収書をとってあるものを計算したところ、
大体12万位でした。(入院した時の食事代は抜かして)
初めて確定申告に行こうか迷っています。
この程度の医療費でも戻ってくるのでしょうか。

保険証は私本人のもので、病院に行った何ヶ月か後には
お金が戻ってきている時もあります。
たとえば、8300円支払った場合
6000円くらい振り込まれていたように思います。

よろしくお願いいたします。
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

医療費控除は、支払った医療費から、保険などで戻ってきた分を差し引いて、実際に負担した金額で判断します。
具体的には、次のように計算します。
支払った医療費-保険等で補填される金額-10万円(又は所得金額の5%)= 医療費控除額(200万円を限度)

医療費には、病院へ支払ったものの他に、通院の交通費(タクシー代は緊急時のみ)・薬局などで買った医薬品代なども含みます。
医療費の詳細は、参考URLをご覧ください。

医療費控除を受けるには、確定申告をする必要が有ります。
確定申告は、通常は翌年の2月16日から3月15日の間に行ないますが、医療費控除などで税金が戻る場合は、1月4日から税務署で受け付けを始めますから、この時期に必要書類を持参すれば、書き方を教えてもらえます。
又、3月に入るとお住まいの市の市役所でも代行して受け付けますが、混雑していて時間がかかります。

必要書類は、源泉徴収票・印鑑・医療費の領収書と、戻ってくる税金を振込んでもらう銀行の口座番号のメモか通帳です。
お礼コメント
maron-chocola

お礼率 94% (79/84)

詳しい説明ありがとうございます。
源泉徴収票が必要とは知りませんでした。
薬局のものも、使えたとは知りませんでした。
全部捨てちゃいました・・・。
参考になるご意見をありがとうございました。
投稿日時 - 2001-12-20 15:57:45
-PR-
-PR-

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 21% (90/411)

医療費控除は、対象となるものがいろいろありますので ある程度調べておかれるのがいいと思います。 ただ、確定申告して、控除されれば、住民税も安くなる可能性がありますので イカのURLを参考になさってみては。 お役にたてば。。。 ...続きを読む
医療費控除は、対象となるものがいろいろありますので
ある程度調べておかれるのがいいと思います。
ただ、確定申告して、控除されれば、住民税も安くなる可能性がありますので
イカのURLを参考になさってみては。

お役にたてば。。。
お礼コメント
maron-chocola

お礼率 94% (79/84)

早速のアドバイスをありがとうございます。
住民税まで安くなる可能性があるなんて知りませんでした。
参考にさせていだだきます。
投稿日時 - 2001-12-20 15:54:56
  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 34% (1527/4434)

 確定申告の医療費控除は、年間所得の5%か10万円のいずれか低い額を 交代利用費負担があった場合、その超えた額が所得額から控除されて、結果として課税対象所得が低くなり、所得税などの税金が安くなる制度です。所得が200万円以上の方は5%で10万円ですので、10万円を超えた額が対象となりますが、200万円未満の場合は、所得の5%の額を超えた額となります。  この対象となる医療費は、加入している医療保険か ...続きを読む
 確定申告の医療費控除は、年間所得の5%か10万円のいずれか低い額を 交代利用費負担があった場合、その超えた額が所得額から控除されて、結果として課税対象所得が低くなり、所得税などの税金が安くなる制度です。所得が200万円以上の方は5%で10万円ですので、10万円を超えた額が対象となりますが、200万円未満の場合は、所得の5%の額を超えた額となります。

 この対象となる医療費は、加入している医療保険から自己負担額に対して給付された額、例えば高額療養費などがある場合や、乳幼児医療などの市町村から給付を受けている場合は、その給付を受けた額を差し引いた、最終的な自己負担額を控除対象医療費とします。直接的な医療費のほかにも、交通費や駅から遠い医療機関の場合はタクシー代なども対象になります。なお、ご質問にあります入院時の食事代も医療費控除の対象となります。

 確定申告時には、それらの関係領収書と会社の源泉徴収票、印鑑を持参して税務署か住所地の役所に申告をしてください。納めた所得税が納めすぎで還付になる場合は、申告者本人名義の銀行口座に振り込まれますので、金融機関名と口座番号のメモも必要になります。申告は、来年2月中旬から3月中旬の期間ですが、還付のみの申告でしたら、税務署でそれ以前でも受付けてくれます。

 
お礼コメント
maron-chocola

お礼率 94% (79/84)

handoさん
詳しい説明をありがとうございます。
参考になりました。
会社から結構な金額がもどってきたので、もしかして
無理かもしれないな・・・、なんて思ってきました(笑)
タクシーでも通っていたのですが、領収書は見事に捨ててました。
でも、これからはとっておきます!
投稿日時 - 2001-12-20 16:02:08
  • 回答No.4
レベル14

ベストアンサー率 24% (905/3709)

医療控除は、医療費+交通費の合計から、保険から補てんされたものは差し引きます。 ですから、 >8300円支払った場合 6000円くらい振り込まれていたように思います。 の場合2300円(実質支払った金額)となります。 健保のお知らせなどで、確認してみてください。 それと、入院していてどこかの保険会社から、入院給付金などを受けた場合、それも差し引かれますのでご注意を! その上で ...続きを読む
医療控除は、医療費+交通費の合計から、保険から補てんされたものは差し引きます。
ですから、
>8300円支払った場合
6000円くらい振り込まれていたように思います。
の場合2300円(実質支払った金額)となります。

健保のお知らせなどで、確認してみてください。

それと、入院していてどこかの保険会社から、入院給付金などを受けた場合、それも差し引かれますのでご注意を!

その上で10万円を超えるか所得の5%を超えた場合は戻ってきます。
お礼コメント
maron-chocola

お礼率 94% (79/84)

mimidayoさん
アドバイスありがとうございます。
健保に連絡して聞いて確認してみます。
投稿日時 - 2001-12-20 16:04:37
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ