-PR-
解決
済み

ビタミンBの食品って?

  • すぐに回答を!
  • 質問No.18794
  • 閲覧数426
  • ありがとう数33
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

ごめんなさい。言葉が足りなかったです。。。
ビタミンBの食品っていうとどんなものなので
しょうか???
どんな種類の食べ物がビタミンBなのですか?
ってことです。
よろしくおねがいします。

参考:
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=18685
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=18685
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル13

ベストアンサー率 44% (527/1181)

◆Naka◆
一口にビタミンBと言っても、いろいろあるんですが(B1、B2、B6、B12)、ビタミンB群は、水溶性のビタミンですから、毎日摂る必要があります。(体内に貯蔵しておけませんから)

ビタミンB1は、糖質をエネルギーに変える補助的な酵素として働くビタミンです。不足すると神経系に支障があるとされています。(脚気などの原因にもなりますね)
またアルカリに弱い、という性質もあります。
小麦麦芽、玄米、豚肉などに多く含まれます。

次にB2ですが、これは糖質も含む3大栄養素の分解に力を発揮します。
不足すると、よく口内炎ができますね。
光に弱いので、冷暗所に保存することが大切です。
レバー、うなぎ、干ししいたけ、乳製品、納豆、さばなどに多く含まれます。
うなぎなどは、100g中6mgも含まれています。

ビタミンB6は蛋白質の代謝に働くビタミンです。不足すると皮膚に炎症ができます。
牛乳、鶏肉、マグロなどに多く含まれます。

そしてB12ですが、これはなかなか大切ですよ。
赤血球の生成、蛋白質の代謝にかかわるビタミンです。
不足すると、神経痛や貧血などろくなことがありません。
牛肉や貝類に多く含まれています。

とりあえず、こんなところですが…
お礼コメント
noname#5158

ありがとうございました。
大変、参考になりました。日ごろのせいかつに
活かしていけるよう頑張っていきます。
投稿日時 - 2001-01-05 12:11:52
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2

豚肉にビタミンB1がってきいたことあります。 ...続きを読む
豚肉にビタミンB1がってきいたことあります。
お礼コメント
noname#5158

ありがとうございます。
投稿日時 - 2001-01-05 12:12:22


  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 41% (1452/3497)

Nakaさんの回答で十分だと思いますが、ビタミンB群を多く含むのは;豆類・玄米・豚肉・レバー・魚肉・卵・牛乳などですネ。 ただ、レバーのように脂溶性ビタミン群を多く含むものを大量に摂取すると、ビタミンAの副作用としての四肢の疼痛などが発生する恐れがあります。 ですから、何かを食べられるときに、一つの成分だけに注目してたくさん摂るということは注意してくださいネ。 特にqptomopooさんはダイエット ...続きを読む
Nakaさんの回答で十分だと思いますが、ビタミンB群を多く含むのは;豆類・玄米・豚肉・レバー・魚肉・卵・牛乳などですネ。
ただ、レバーのように脂溶性ビタミン群を多く含むものを大量に摂取すると、ビタミンAの副作用としての四肢の疼痛などが発生する恐れがあります。
ですから、何かを食べられるときに、一つの成分だけに注目してたくさん摂るということは注意してくださいネ。
特にqptomopooさんはダイエットされているようですので、必須脂肪酸や必須アミノ酸、そしてミネラル類の摂取量の最低限だけは確保してくださいネ。
以上kawakawaでした
お礼コメント
noname#5158

ダイエットだとわかってしまってびっくりしています。
アドバイス、ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-01-05 12:14:25
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ