OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

デジタル・デバイド

  • 暇なときにでも
  • 質問No.185304
  • 閲覧数514
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 100% (3/3)

デジタル・デバイドが世界各国の社会問題となっています。
そこで、皆さんはデジタル・デバイドの何が問題だと思いますか。
どのようにしたら、デジタル・デバイドを解消できると思いますか。
皆さんの意見をお聞かせ下さい。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル10

ベストアンサー率 21% (28/132)

今日の論文のテストで使った回答ですが(^_^;)、よろしければ。

(1)
 今日までコンピュータは凄まじい勢いで成長し続けてきて、その性能は5年前と比べてみても驚くべきものがあり、また、これからも進化し続けていくだろう。
 そのコンピュータの使用方法は高度な計算、情報の伝達・収集などがあり、そのどれをとってみてもコンピュータを使用する者とそうでないものの間には作業の効率という点でかなりの差がある。また、効率以外にも、コンピュータにしかできない事も存在し、いわゆるデジタルディバイドはこれからさらに進む事が予想できる。
 これまでは、貧富の差からくるデジタルディバイドが考えられてきた。それはGNPの低い国など、比較的貧しい国でおこりがちな事であり、もちろんそれも問題であるが、デジタルディバイドの危険性は先進国の「中」にも存在するのである。つまり、いくらコンピュータを持っていても、その使い方が分からないのでは持っていないのと同じであり、高年齢化を迎える、日本を含め世界各国では、高年齢者などのデジタルに慣れていない人と使いこなす人との間にはかなりのギャップが生まれてしまうのである。

(2)
 では、前記の様な状況に陥らないためにはどうすべきか。アプローチは二つがあると考える。
 一つはコンピュータを人間に近付けるという方法である。今、コンピュータは完全に我々の意志のみで操作しているが、操作する側の状況を考え、自ら操作する様な機構、つまり人工知能的なOSが必要であり、それを活かし切るのはこれまでのインターフェース、GUIだけではなかなか難しくなってくる。よって、音声や感覚といった、普段我々が人間に接する様な方法も用いて、コンピュータを「個人秘書」にすらできる様な技術が必要なのであり、そのためには言語処理、音声処理、人工知能などの技術のさらなる発展が必要である。
 二つ目は、人間をコンピュータに近付ける事である。現在、小学校から高等学校までコンピュータ利用の教育に力を入れつつあるが、その現状は単位を選択をしたもののみに行うといった機構からもうかがえる様に、非常に軟弱である。これからは、全員に平等に、きちんとしたカリキュラムをもって行っていくべきである。
お礼コメント
o-take

お礼率 100% (3/3)

大変参考になる意見をありがとうございます。
特に、(2)のコンピュータを人間に近づける。
そのために言語処理・音声処理・人工知能などの
コンピュータの技術の発展が必要という回答は
確かにそのとおりで、
面白い意見だと感じました。
もうしばらく質問を続けるので、
また何か意見等ありましたら、
よろしくお願い致します。
投稿日時 - 2001-12-17 19:04:47
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 22% (39/173)

そのまま経済格差だと思います。内戦をしててその日の 食料にも事欠く国ではITより食料や医療の方が 大事でしょうし。衣食住が足りて次に国を豊かにするには ITのインフラを普及させようという事になると思います。 やはりまず第一に世界中の誰もが人並みの生活を送れるように するのが第一義だと思います。 ...続きを読む
そのまま経済格差だと思います。内戦をしててその日の
食料にも事欠く国ではITより食料や医療の方が
大事でしょうし。衣食住が足りて次に国を豊かにするには
ITのインフラを普及させようという事になると思います。
やはりまず第一に世界中の誰もが人並みの生活を送れるように
するのが第一義だと思います。
お礼コメント
o-take

お礼率 100% (3/3)

大変参考になるアドバイスをありがとうございます。
確かにデジタルデバイドという問題は、
国の豊かさによると思いました。
まだしばらくこの質問を聞きつづけようと思いますので
また何かアドバイス等ありましたら、
ご意見お願い致します。
投稿日時 - 2001-12-17 18:31:06


  • 回答No.2
レベル12

ベストアンサー率 24% (243/985)

agv6cavo氏がグローバル的視点で論じられていらっしゃるんで, ワタクシは身近なところを。 身近なデジタルディバイドとなる「機器を操作できるかできないか」は, 将来的に縮小することは考えられますけど拡大することはまず無いでしょう。 「お年よりには操作が難しい」とはいえ,その格差はモーターディバイドよりも, 現実に小さいですし,彼らの市場が将来的に拡大することが予想されます。 (ヨーロッ ...続きを読む
agv6cavo氏がグローバル的視点で論じられていらっしゃるんで,
ワタクシは身近なところを。

身近なデジタルディバイドとなる「機器を操作できるかできないか」は,
将来的に縮小することは考えられますけど拡大することはまず無いでしょう。
「お年よりには操作が難しい」とはいえ,その格差はモーターディバイドよりも,
現実に小さいですし,彼らの市場が将来的に拡大することが予想されます。
(ヨーロッパや日本は特に人口の高齢化によって)
その巨大化する市場を狙って日夜研究者は努力して新技術・新製品を開発しています。

というわけで,この方面でのデジタルディバイドは縮小・解消するかと。
お礼コメント
o-take

お礼率 100% (3/3)

大変参考になるアドバイスをありがとうございました。
デジタルデバイドはデジタル機器の操作性という問題・
画面の見にくさの問題といった問題点もあります。
そして、確かにこれらの問題はこれから拡大することは
考えにくい問題であり、
これからの技術の進歩により、
この問題は解消していくのだと思いました。
デジタルデバイドという問題は、
大変幅広い問題でありますので、
もうしばらく質問をつけつけたいと思います。
また、何かアドバイス等ありましたら、
よろしくお願い致します。
投稿日時 - 2001-12-17 18:48:42
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ