OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

ワードで箇条書きを使った時

  • 困ってます
  • 質問No.184978
  • 閲覧数146
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数6
  • コメント数0

お礼率 56% (291/518)

ワードで箇条書きを使うと、
箇条書きと文字の間にタブが入るんですけれど
これをなくす(消す)ことは出来ますか?
ワードは98です。
教えてください。お願いします。
通報する
  • 回答数6
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.6
レベル9

ベストアンサー率 49% (41/83)

「書式」→「タブとリーダー」で「すべてクリア」し、既定値を【手入力】で0mmに設定する。
最初から箇条書きを使いたくないのなら、「挿入」→「定型句」→「定型句」で「一括オートフォーマット」タブを選択。「箇条書き(行頭文字)」の項目のチェックを外す。
当方Word2000ですが、Word98でも同じ設定で可能だと思います。
お礼コメント
sunsunsun

お礼率 56% (291/518)

できました。
とても助かりました。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-12-17 20:08:47
-PR-
-PR-

その他の回答 (全5件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 34% (664/1947)

箇条書きに出てくるマークと文章の間に入るタブが出てくるのは、書式の「箇条書き」ツールが自動的に起動してしまうからです。これはこれでタブの長さを調節すれば、簡単に揃えることが出来るので、楽といえば楽ですけどね。 ちなみに、sunsunsunさんがそれを使うつもりがなくても、そうWordで設定されていますので、いくつかマークを入力するとそうなってしまいますね。マークじゃなくても、数字でも同じようになります。 ...続きを読む
箇条書きに出てくるマークと文章の間に入るタブが出てくるのは、書式の「箇条書き」ツールが自動的に起動してしまうからです。これはこれでタブの長さを調節すれば、簡単に揃えることが出来るので、楽といえば楽ですけどね。
ちなみに、sunsunsunさんがそれを使うつもりがなくても、そうWordで設定されていますので、いくつかマークを入力するとそうなってしまいますね。マークじゃなくても、数字でも同じようになります。

これを解除するのは、いちいち箇条書きのコマンドボタンを押さないといけないので、私は箇条書きにしたいと思ったら、あらかじめたくさん改行し、箇条書きの自動設定にならないようにしてます。
ほんとなら、Word上のオプションで何か操作をすれば、自動設定が解除されるのかもしれませんが、調べてみても私には分かりませんでした。

#私も、どなたかもっと上級ユーザで知っておられないかと思います(^^;)。
お礼コメント
sunsunsun

お礼率 56% (291/518)

アドバイスありがとうございました。
投稿日時 - 2001-12-14 16:06:22
  • 回答No.2
レベル8

ベストアンサー率 31% (9/29)

こんにちわ。 【箇条書き】を使うと、自動的にタブ設定が入ってしまいます。 タブを解除する事は出来ないと思うのですが タブの間隔を設定する事は可能です。 【箇条書き】を起動した後に その行の上で「書式」→「タブとリーダー」を選択。 ココで、ご自分の好きな間隔にタブの位置を設定できます。 こんな感じで如何でしょうか。 ...続きを読む
こんにちわ。

【箇条書き】を使うと、自動的にタブ設定が入ってしまいます。
タブを解除する事は出来ないと思うのですが
タブの間隔を設定する事は可能です。

【箇条書き】を起動した後に
その行の上で「書式」→「タブとリーダー」を選択。
ココで、ご自分の好きな間隔にタブの位置を設定できます。

こんな感じで如何でしょうか。
補足コメント
sunsunsun

お礼率 56% (291/518)

タブ位置や既定値を変えてみましたが
ダメでした。?です。
投稿日時 - 2001-12-14 16:07:37
  • 回答No.3
レベル9

ベストアンサー率 20% (6/29)

箇条書きの行で、メニューバーの「書式」→「箇条書きと段落番号」→ 「箇条書き」タブの右下にある「変更」ボタンをクリックします。 箇条書きの書式設定が出てきますので「字下げとぶら下げ」の距離を短く 設定してみて下さい。 無しであればゼロミリにされるとか・・・。 2000での説明ですが、多分大丈夫だと思います。 ...続きを読む
箇条書きの行で、メニューバーの「書式」→「箇条書きと段落番号」→
「箇条書き」タブの右下にある「変更」ボタンをクリックします。
箇条書きの書式設定が出てきますので「字下げとぶら下げ」の距離を短く
設定してみて下さい。
無しであればゼロミリにされるとか・・・。

2000での説明ですが、多分大丈夫だと思います。
補足コメント
sunsunsun

お礼率 56% (291/518)

ゼロにしてみましたが、変化なしでした。
というよりこれが限界といったかんじで
それよりさらに縮めるには、左揃えタブしかないのかなぁ・・・
これをやっても微妙にタブがある・・・
あの間隔をなくしたいのに~
諦めろ!といわれそうです。
投稿日時 - 2001-12-14 16:12:59
  • 回答No.4
レベル14

ベストアンサー率 34% (664/1947)

再びです。 「箇条書き」ツールを絶対使わないとダメですか? 下で説明したように、単に改行して各行の先頭にマークを入れたり数字を入れれば済むことだと思いますけど。そうすればタブも入らないし間隔が開くことはなくなりますよね。 こんな感じ↓です。 ○これから箇条書きを入力したいなと思う場所にいくつか改行して、改行マークを入れる ○箇条の件数分だけ、マークや数字を入れる これだけです。 ただ ...続きを読む
再びです。
「箇条書き」ツールを絶対使わないとダメですか?
下で説明したように、単に改行して各行の先頭にマークを入れたり数字を入れれば済むことだと思いますけど。そうすればタブも入らないし間隔が開くことはなくなりますよね。

こんな感じ↓です。
○これから箇条書きを入力したいなと思う場所にいくつか改行して、改行マークを入れる
○箇条の件数分だけ、マークや数字を入れる
これだけです。

ただし下でも言ったように、これをやる時に事前にいくつか改行を行わないと、何故か自動的に「箇条書き」ツールが起動してその書式に変化してしまうんです。
メニューバーのところにあるコマンド・ボタン「箇条書き」を押してOFFにすればこれは解除できますが、そうすると今までの入力した箇条書き部分のマークや数字が消えて文章だけになってしまいます。また再び行先頭にマークや数字を入れないといけなくなりますよね。
ですから、何行か改行をしてしまい、必要な行だけマークや数字を入れればいいのではないですか?そうすれば、改行したとたんに「箇条書き」ツールが起動することはなくなります。

私が分からないと言ったのは、「箇条書き」ツールの自動設定をどうしたら大元から外せるかということです。

(この説明で分かるかな~)
お礼コメント
sunsunsun

お礼率 56% (291/518)

箇条書きツールを絶対に使わないといけないんです。訳があって・・・
sydneyhさんがわからないとおっしゃっている意味は、理解していました。
hirono_taさんのアドバイスがご参考になるかと思います。
でも箇条書きツールを使わない時は、sydneyhさんのやり方がいいと思いました。
ありがとうございました
投稿日時 - 2001-12-17 20:02:21
  • 回答No.5
レベル9

ベストアンサー率 20% (6/29)

再び参上です。 う~ん。私もさっきは会社の2000で回避できたのですが、自宅のXPだと 「なにやってんだ~!」って結果になりました。申し訳けないです。 で、XPでの説明になりますが、同じだと思うので「書式」メニューから 「タブとリーダー」の中にある規定値をゼロにしてみてはいかがでしょうか。 ...続きを読む
再び参上です。

う~ん。私もさっきは会社の2000で回避できたのですが、自宅のXPだと
「なにやってんだ~!」って結果になりました。申し訳けないです。

で、XPでの説明になりますが、同じだと思うので「書式」メニューから
「タブとリーダー」の中にある規定値をゼロにしてみてはいかがでしょうか。
お礼コメント
sunsunsun

お礼率 56% (291/518)

ご回答のようにやってみましたが、ダメでした。
私のやり方の問題かと・・・
「申し訳けないです」
なんてとんでもないです。
2度もありがとうございました。
投稿日時 - 2001-12-17 20:07:02
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このやり方知ってる!同じこと困ったことある。経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ