OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

クロマトグラフィーについて

  • すぐに回答を!
  • 質問No.184618
  • 閲覧数164
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 88% (64/72)

クロマトグラフィーについて調べています。
「薄層ゲルクロマトグラフィー」と「イオン交換クロマトグラフィー」について詳しく教えてください。
よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 31% (726/2280)

薄層ゲルクロマトグラフィーはガラスの板にシリカゲルを薄く延ばして貼り付けたもの(ゲルを有機溶媒に膨潤させ薄く延ばす。市販のものもある)にサンプルを下の方(溶媒につからない位置に)にアプライし、展開層に入れ物質の極性の差によって分離します。
薬物合成などで出発物質と合成物質を確認する時などに使用します。UVランプなどで紫外線吸収部位のある物質を見ることができます。また、ホットプレートで焼くとこげて物質のあとが黒く(茶いろ)なります。
お礼コメント
cho-ro

お礼率 88% (64/72)

回答ありがとうございます。
どうしても調べたかった事なので助かりました。
また何か質問する事があるかもしれないので、もし見かけましたらその時はよろしくお願いします。
投稿日時 - 2001-12-13 22:47:56
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル5

ベストアンサー率 0% (0/1)

イオン交換クロマトグラフィーについてのみの説明ですが、イオンクロマトグラフィーは、まず試料をカラムに注入し、試料中のイオンをカラムに吸着させます。そしてそのカラムから、時間がたつにつれ今度は、イオンが脱離します。その脱離の速度がそれぞれのイオンで異なりその速度差により、それぞれのイオンの定性、および定量ができるというわけです。しかし、分析装置にしては、1試料の測定にだいたい6~15分くらいかかってしまうの ...続きを読む
イオン交換クロマトグラフィーについてのみの説明ですが、イオンクロマトグラフィーは、まず試料をカラムに注入し、試料中のイオンをカラムに吸着させます。そしてそのカラムから、時間がたつにつれ今度は、イオンが脱離します。その脱離の速度がそれぞれのイオンで異なりその速度差により、それぞれのイオンの定性、および定量ができるというわけです。しかし、分析装置にしては、1試料の測定にだいたい6~15分くらいかかってしまうのが欠点であります。少々簡単に言い過ぎましたが、大体こんな感じです。さらに専門的な情報が知りたいのなら、イオンクロマトグラフィーを作っている(株)ダイオネクスのホームページでも覗いてみたらいかがでしょうか・・・!?
お礼コメント
cho-ro

お礼率 88% (64/72)

質問に回答していただきありがとうございます。
tarohiさんは少々簡単に言い過ぎましたとおっしゃっていますが、知識の少ない私にとっては良い回答だと思います。
どうもありがとうございました。
投稿日時 - 2001-12-13 19:04:32


このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ