OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

内臓脂肪と皮下脂肪について

  • 暇なときにでも
  • 質問No.183865
  • 閲覧数195
  • ありがとう数5
  • 気になる数1
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 94% (251/266)

この2種類の脂肪、どっちがつきやすくどっちが減りやすいのでしょう?また、それぞれ効率良く脂肪を燃焼させる方法があるのでしょうか?行き着くところやはり有酸素運動がどっちにも1番効果ありなんでしょうか?
更に、生活習慣や食生活の面から見て何かを多く取ると内臓脂肪(または皮下脂肪)が増えやすい(または増える)とかあるのでしょうか?
そこら辺の知識も増やしたいのでどうかお願いします。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる1
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 24% (905/3709)

http://metab.kuhp.kyoto-u.ac.jp/EDU/a004.html

http://www.nhk.or.jp/gatten/archive/2001q1/20010110.html
ガッテンより

http://www.nikkansports.com/news2/himan/tk-himan04.html


内臓脂肪のほうが恐い・・って聞きますよね。
見かけ痩せていても、実は肥満。これが、内臓脂肪では?

内臓脂肪は食事や運動で落ちるはずです。
夜遅い食事は×
脂っこい食べ方をしないで、焼くか蒸す。が良いとか

http://jlia.lin.go.jp/ryori/atama/ek014.htm

ご参考まで
お礼コメント
homare34

お礼率 94% (251/266)

お礼が遅くなってすいません。
沢山の参考URLを紹介してくださってありがとうございます。どれも興味深く拝見しましたが、特に気に入ったのはガッテンです。シンプルだけどとても興味のわく見やすいないようでした。
これらも参考にして今後の生活に役立てたいと思っています。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-12-15 12:51:02
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

付きやすさは、性別、年齢、基礎疾患の有無等で変わってきますが、基本的には内臓脂肪のほうがつきやすく解消されやすいといわれています。 効率よく燃焼させるためには、運動の質、同時に摂取するアミノ酸などのバランスなど言われています。 脂肪は、肝臓で合成されますから、どれがということなく、オーバーカロリー分は脂肪として蓄積されますよ。 参考URLには詳しく書かれています。 ...続きを読む
付きやすさは、性別、年齢、基礎疾患の有無等で変わってきますが、基本的には内臓脂肪のほうがつきやすく解消されやすいといわれています。
効率よく燃焼させるためには、運動の質、同時に摂取するアミノ酸などのバランスなど言われています。

脂肪は、肝臓で合成されますから、どれがということなく、オーバーカロリー分は脂肪として蓄積されますよ。

参考URLには詳しく書かれています。
お礼コメント
homare34

お礼率 94% (251/266)

お礼が遅れてしまって申し訳ありません。
率直な気持ちとしてなるほど、という感じです。私は皮下脂肪も内臓脂肪もついているのですが、やはり内臓脂肪のほうが恐ろしいと人から聞いていたので気にしてはいたんですけど実際の詳しい事がよくわかっていなかったのでたすかりました。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-12-15 12:46:35


このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ