OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

添付ファイルマークのついていないメールウイルスは?

  • すぐに回答を!
  • 質問No.183299
  • 閲覧数69
  • ありがとう数11
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

 「こんなメールは絶対に開くな」(平成13年12月21日号 週刊ポスト)で最近のPCウイルスは紹介されておりますが、今朝知人と話していたら、昨晩所属プロバイダーより、『ウイルスメールが蔓延しており、中には添付ファイルマークの無いものもあるから注意を要する』という内容のメールが配信され、「もうお手上げですね」と話していましたが、実際に添付ファイルマークのついていないコンピュータメールウイルスは、どの程度の種類があってどの程度蔓延しているのでしょうか。

 ご存知の方がみえましたら、ご教授ください。
 よろしくお願いいたします。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル9

ベストアンサー率 53% (41/76)

参考URLはIEのセキュリティホールのニュースです。
これを利用したウイルスはまだ見かけませんが、今後出てこないとも限りません。
また今現在はなくても、5分後にはこのウイルスメールが来るかもしれません。
注意しておいた方がいいですね。
お礼コメント
noname#145153

 上記ページアクセスし、会員登録をしてから読みました。

 大変恐ろしく感じました。
 早速上記サイトに記載されている対策をとっておきます。

 まことに素早い回答有り難うございました。
 
投稿日時 - 2001-12-11 12:44:35
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2

こんにちは。 ご質問へ対する直接の答えとなっていませんが。 IEのセキュリティホールを突いたウイルスや、ブラウザとかシステムを 破壊するプログラムが実行されにくいようにIEの設定を変更することが できるのですが。 IEのインターネットオプションでの設定。 アクティブX、Javaスクリプトなどは悪用されると大変危険なので 無効かダイアログ表示にします。(ブラウザやシステムを ...続きを読む
こんにちは。

ご質問へ対する直接の答えとなっていませんが。

IEのセキュリティホールを突いたウイルスや、ブラウザとかシステムを
破壊するプログラムが実行されにくいようにIEの設定を変更することが
できるのですが。

IEのインターネットオプションでの設定。

アクティブX、Javaスクリプトなどは悪用されると大変危険なので
無効かダイアログ表示にします。(ブラウザやシステムを破壊する悪質な
HPへ飛ばされたり、悪質なプログラムやウイルスを強制DL実行されたり
ブラウザクラッシャーにでやられることがほとんどなくなります)
ブラウザクラッシャー参考ページ
http://www1.harenet.ne.jp/~m-toyota/kiken/bc/bc.htm

信頼できるサイトは、信頼済みサイトに登録してセキュリティレベル中程度
にしておくこともできます。(無効だと見れないページとかでてきますので、
ウインドウズアップデートも無効だとできません)

特定のURLによってインターネットゾーンのセキュリティ設定でなく
イントラネットの設定が有効になってしまうセキュリティホールが現時点
でもあります。将来修正プログラムが配布されると思いますがそれまでの間は
インターネットゾーンだけでなく、イントラネット、 制限付きサイト、
のセキュリテイレベルも上げておいたほうがいいです。

OEの設定ではメールの送信形式でテキストを使用するにし セキュリティ
タブ、セキュリティゾーンで。制限つきサイトゾーンに チェックしておき
ます。 もちろんプレビューもしません。

アウトルックはツール、オプションのセキュリティで制限つきサイトにします。

マイクロソフトオフィスも、ツールのマクロ、セキュリティを高にしておきます。

私はこんな感じで設定しています。

参考ページですが、2ちゃんねるのある板に関する怖い話です。
添付ファイルのないメールもこういう感じで感染すると思います。
http://mpw2.plala.or.jp/freenote/arc/a/adsl/141_gsvtnnc_ALL.html

ここはアクティブXを利用したQ2接続の解説ですが。
ウイルスの侵入や実行、システム破壊などもこれでやられることが
あるようなので参考にしてみてください。
http://www3.plala.or.jp/hiro-mg3920/tel3.html

でわ
お礼コメント
noname#145153

 回答大変有り難うございました。

 一番関心を持ったのは「無効だと見れないページとかでてきますので & ウインドウズアップデートも無効だとできません」の部分です。

 現在、ノートンアンチウイルス+IE5.5SP1ですので、IEを5.5SP2かIE6.0にアップデート試みていたのですが、何度施行しても62%インストールされたところでフリーズしてしまうためその原因が分からずアップデートできないままでした。

 ところで、どの部分の「無効」を一時的に「有効」にすると、ウインドウズアップデートが可能になると思われますか? 『アクティブX、Javaスクリプト』ですか?

 よろしければ再度回答いただけると幸いです。
 今後ともよろしくお願いいたします。
投稿日時 - 2001-12-11 18:29:13

  • 回答No.3

NO.2のomitoronです。 今思うとご質問に沿ったアドバイスではなかったようで、調子に乗って あれこれ書いてしまい申し訳なく思ってます( -.-)( _ _) ウインドウズアップデートができない。の件ですがアクティブXが有効になっ ていないとできません。 アップデートのページを開くこともできないんです。 ですからAKasama58さんのインストールの途中でフリーズしてしまう ...続きを読む
NO.2のomitoronです。

今思うとご質問に沿ったアドバイスではなかったようで、調子に乗って
あれこれ書いてしまい申し訳なく思ってます( -.-)( _ _)

ウインドウズアップデートができない。の件ですがアクティブXが有効になっ
ていないとできません。
アップデートのページを開くこともできないんです。

ですからAKasama58さんのインストールの途中でフリーズしてしまうことは
アクティブXの有効無効とは関係ないと思います。

じつのところ私もIE6。ダウンロードはできたんですがインストールの途中で
同じようにフリーズしてしまい、そのあとは何度やっても
「このインストールに必要なコンポーネントで、ダウンロードできなかったも
のがあります。インターネットに接続しているかどうかを確認するか、セット
アップを再実行してください。」
の表示が出てインストールできなくなりました。
そればかりかIE5.5SP2まで調子悪くなり大変困ったのです。

それで正常にインストールするための改善策ですが、これがけっこう難しい
んです。

C¥Windows¥TEMPフォルダの中にあるファイルとフォルダすべて削除します。
(いらないものしか入ってないのでだいじょうぶです)
http://pcgaz.nikkeibp.co.jp/qa/helpc/42.shtml

 C:\Windows\Windows Update Setup Files
 なかったら従来の C:\Windows Update Setup Files かも。
これをフォルダごとすべて削除します。

これらをしてから再度SP2のセットアップファイルをDLしてインストール
してみるとできるかもしれません。
IE6は完成度が低いので5.5SP2がいいと思います。

もしこれでだめならば
ここのページが参考になるかもしれません。
http://mpw2.plala.or.jp/freenote/arc/r/room/39_kvjsep_ALL.html
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=180292

インストールとはちがいますがSP2をまるごとDLして保存する方法です。
なにか役に立つかもしれないので。
http://mpw2.plala.or.jp/freenote/arc/r/room/40_dvjine_ALL.html

このくらいしかアドバイスすることができません、どうにかして
頑張ってされてください。

でわ(゜゜)(。。)ペコッ
お礼コメント
noname#145153

 追加コメント有り難うございました。
 一度上記の方法で再挑戦してみます。

 今後ともよろしくお願いいたします。
投稿日時 - 2001-12-12 06:05:42
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ