OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

ねこエイズ

  • すぐに回答を!
  • 質問No.182701
  • 閲覧数147
  • ありがとう数12
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 68% (77/113)

 みなさん、『ねこエイズ』について詳しく知っていますか?私のうちのねこが『ねこエイズ』という診断を受けてしまいました。いろいろ調べてみたのですが、直接直す方法はまだ見つかっていないらしくてワクチンもないそうです。経験者の方、関係者の方、対処方法等ありましたら是非教えて下さい。宜しくお願いします。なんだか、なんにも手をつけられそうにありません、、、。
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.5
レベル8

ベストアンサー率 39% (15/38)

ねこちゃん、どんな様子ですか?発症しているのでしょうか?
一般には、口腔内の慢性炎症、呼吸器の慢性炎症、下痢、体重減少、腫瘍になりやすいなどの症状が見られます。
感染してから発症するまでは、数ヶ月から、数年と、様々ですが、発症すると、酷ですが、上記の症状で、どんどん弱っていってしまいます。
猫エイズウイルスに対しての治療薬がないので、発症した場合は、対症療法をとることになります。感染症に対しては抗生物質を使ったり、その他症状を和らげる様な治療をすることになります。しかしたいていは、だんだんと悪くなってしまいます。
今の猫ちゃんの状態が分からないのですが、他の方が回答されているとうり、ストレスを与えない、体力を消耗させないようにする、外に出さない、栄養のあるものを与える、などが今やるべき事ではないでしょうか?
猫エイズは、猫同士の接触で移りますので、他に猫ちゃんを飼っておられるなら、抗体検査を受けて感染の有無を調べてください、感染していなければ、離して飼わないといけませんので。

飼い主さんにとっては、本当につらい病気ですね。
お礼コメント
HUKAHIRE

お礼率 68% (77/113)

 回答ありがとうございます。お礼が遅くなってすみませんでした。やっぱり治る方法ってまだ見つかっていないんですよね、、。おっしゃる通りの症状が見られています。特に口内炎がひどいようです。生まれたばかりの子猫からもうつる可能性ってあるのでしょうか?
投稿日時 - 2001-12-14 10:32:45
-PR-
-PR-

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.1

猫3匹のおかあさんです。 猫エイズですか・・・。私の所の一匹ももしかしたら・・って所までいきましたが結局違ってホットしていたところです。色々調べましたが今のところやはり治療法もないそうで、確実に衰弱していくので飼い主の方が安楽死をとる方が多いそうです。寂しいですね・・・。 外で飼っている猫に多いらしく、どちらかの猫ちゃんと喧嘩したか交尾したかで移るケースが多いらしいです。対処法は私にはわかりま ...続きを読む
猫3匹のおかあさんです。

猫エイズですか・・・。私の所の一匹ももしかしたら・・って所までいきましたが結局違ってホットしていたところです。色々調べましたが今のところやはり治療法もないそうで、確実に衰弱していくので飼い主の方が安楽死をとる方が多いそうです。寂しいですね・・・。

外で飼っている猫に多いらしく、どちらかの猫ちゃんと喧嘩したか交尾したかで移るケースが多いらしいです。対処法は私にはわかりませんが、これ以上飼い主の方が悲しい思いをされないように家の中で飼うようにすることをお願いしたいです。

雑誌で最後まで看取ったケースも見ましたよ。かわいい猫ちゃんに悔いの無いように最後までがんばってくださいね。
お礼コメント
HUKAHIRE

お礼率 68% (77/113)

 回答ありがとうございます。お礼が遅くなってすみませんでした。治る方法ってまだ見つかっていないんですよね、、。私の家のネコの場合、マンションネコなので家から一歩も出ないんです。でも1年前に1度だけ小さい猫を拾ってきて1、2週間遊ばせてたことがあったんです。原因とすればそのことなのかな、、。
投稿日時 - 2001-12-14 10:19:01
  • 回答No.2
レベル10

ベストアンサー率 14% (19/133)

私も以前飼っていた猫がその病気で亡くなりました。 今から5年位前の話です。 その時はやはりお医者さんから「治療法はありません」との事でした。 お腹に腹水が溜まり定期的に抜いてやらないと破裂するそうです。 一匹目は症状が表れてから数週間後に息を引き取りました。 先生は「家中にまだウィルスが残って潜伏しているから、最低一ヶ月は動物は飼わないように。」との事でしたが二週間後、一匹の子猫が家に迷い込んで ...続きを読む
私も以前飼っていた猫がその病気で亡くなりました。
今から5年位前の話です。
その時はやはりお医者さんから「治療法はありません」との事でした。
お腹に腹水が溜まり定期的に抜いてやらないと破裂するそうです。
一匹目は症状が表れてから数週間後に息を引き取りました。
先生は「家中にまだウィルスが残って潜伏しているから、最低一ヶ月は動物は飼わないように。」との事でしたが二週間後、一匹の子猫が家に迷い込んできたのです。
その時はただあまりの可愛さにあのときの先生の言葉も忘れ飼ってしまいました。
そしてそれから2週間後もう一匹ぺットショップで買って来ました。
計2匹の猫と暮らす日々を送っていると半年後、やはりその病気は移ってしまいました。しかも2匹同時に。
迷い込んできた方の猫に症状が表れ腹水が溜まるようになって、先生も安楽死の選択もあると。
あの時の苦しみをまた味あわせたくないだけに安楽死の選択を決断しました。
全部私がいけなかったんです。安易に自分なりに勝手に判断してもう大丈夫だろうと。あのこを死なせたのは私の責任です。
ぺットショップから買ってきたほうの猫もウィルスを持ってるとの診断だったのですが、一向に症状が表れず、今でも元気に暮らしています。
先生も原因は分からないとの事でした。
これから頑張っていこうとしているのになんか残酷な話かもしれませんが、望みが全くないと言うわけでもないようです。
ただどうしたらと言うのは私にも分かりません。
頑張ってください。
お礼コメント
HUKAHIRE

お礼率 68% (77/113)

  回答ありがとうございます。お礼が遅くなってすみませんでした。治る方法ってまだ見つかっていないんですよね、、。安楽死ですか、、。1日でも長生きさせてあげるっていうのはネコにとって逆に苦しいのかもしれないですよね。私のうちのネコの場合、マンションネコなので良く言われる死に場所を探しに行くっていうのもないでしょうし、、。
投稿日時 - 2001-12-14 10:21:26
  • 回答No.3
レベル8

ベストアンサー率 42% (14/33)

猫エイズという事ですが、もう既に発症しているのでしょうか、ウィルスのキャリアであってもshu666さんの猫ちゃんのように発症しない場合もあります。 自分の店(ペットショップ)のお客さんにも猫エイズのキャリアの方がいるのですが、天然素材のフードとサプリメントによる食餌療法、栄養療法を実行されており、約一年になるのですが、今のところ発症していません。が、これは、食餌療法のおかげなのか、たまたまなのかは分かり ...続きを読む
猫エイズという事ですが、もう既に発症しているのでしょうか、ウィルスのキャリアであってもshu666さんの猫ちゃんのように発症しない場合もあります。
自分の店(ペットショップ)のお客さんにも猫エイズのキャリアの方がいるのですが、天然素材のフードとサプリメントによる食餌療法、栄養療法を実行されており、約一年になるのですが、今のところ発症していません。が、これは、食餌療法のおかげなのか、たまたまなのかは分かりませんし、今のところ確実に効果があると実証もされていません。
でも、どんな動物にも、自分の身体の力で病気を排除しようとする、自然治癒能力があり、本来持っているその力を引き出してあげるというのが目的ですので、有効な可能性はあると思います。
現在の西洋医学では有効な治療方法はまだ見つかっていませんし、大変だとは思いますが、仮に発症してもすぐ命の危険にさらされるということも無いので、悲観的にならずに希望をもって育てていってあげてください。

この程度のアドバイスしか出来ません。ごめんなさい。
お礼コメント
HUKAHIRE

お礼率 68% (77/113)

 回答ありがとうございます。お礼が遅くなってすみませんでした。発症しているのか現在通っている病院では「みたいなもの」って言われただけなんですけど、、、。症状は口内炎のようにエサを食べる時に痛がって、ほとんど食べれません。よだれのように口の周りが濡れていてドンドンやせていってます。現在は1週間に1回注射を打ってもらっている状態です。
投稿日時 - 2001-12-14 10:30:22
  • 回答No.4

ストレスはFIV(猫エイズ)の大敵だと聞きました。ストレスのかからない生活をさせてあげれば何年も発症しない子もいると聞きます。 人間のエイズと一緒でエイズそのものでなく、免疫力がない所に風邪などを引く事によって大事に至りますので、体に何らかの影響を受けないよう些細な事にも十分に気をつけてあげて下さい。 でもワクチンの研究も進んでると読んだ事があります。(将来的には予防接種もできるようになるとか ...続きを読む
ストレスはFIV(猫エイズ)の大敵だと聞きました。ストレスのかからない生活をさせてあげれば何年も発症しない子もいると聞きます。
人間のエイズと一緒でエイズそのものでなく、免疫力がない所に風邪などを引く事によって大事に至りますので、体に何らかの影響を受けないよう些細な事にも十分に気をつけてあげて下さい。

でもワクチンの研究も進んでると読んだ事があります。(将来的には予防接種もできるようになるとか)希望を持って、猫ちゃんを大事にして下さい。
わがままで身勝手などと言われるニャン達ですが、人間の愛情もとっても必要としています。愛情いっぱいに接してストレスのかからない生活をさせてあげて下さい。今、してあげれるのは愛情と気配りだと思います。
きれい事に聞こえるかも知れませんね、、、
ごめんなさい・・・
でもきっとそれが、猫ちゃんが少しでも幸せに過ごせる方法だと思います・・・
お礼コメント
HUKAHIRE

お礼率 68% (77/113)

 回答ありがとうございます。お礼が遅くなってすみませんでした。そうですね、私たちが落ち込んでいても仕方のないことなんですよね。普段と変わらず可愛がることを忘れないようにします。
投稿日時 - 2001-12-14 10:26:07
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
飼い主同士、同じ悩みを共有!うちの子はこうだった!経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ