OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

純正ブローオフバルブについて

  • すぐに回答を!
  • 質問No.182535
  • 閲覧数3972
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 35% (29/81)

180sxに乗ってます
結構前から純正のブローオフバルブを殺して乗っているのですが
最近友達から純正のブローオフバルブを取っ払ってエアクリ(キノコ型)をつけて走ってるとスロットオフ時に鳴る「ピョロロロー」?ってタービンの吹き返し音ありますよね?(合ってるのかな(汗)
それがタービンを痛めると言われました
社外のブローオフバルブはつけているのですが何故かタービンへの吹き返し音が鳴ります(汗)よくわからないのですが社外のブローオフを着けてても鳴るものなのでしょうか?それとタービンへの影響等を合わせて教えて下さると助かります
宜しくお願いします
ちなみに仕様はマフラー、エアクリ(キノコ型)、触媒ストレートです
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル7

ベストアンサー率 41% (7/17)

吹き返し音についてはdrisilさんのとてもわかりやすい説明でわかったと
思います。
私も以前180SXに乗っていたのでちょっと経験談を...
基本的にタービンには寿命があります。しかもある一定方向に回転している
ものに対して逆の力が加わるとその寿命が縮まる可能性は大きいと思います。
しかしせっかく加給した圧力をスロットルを閉じた(アクセルオフにした)
事によりブローオフバルブによって加給圧を逃してしまうのは「ロス」と
しても考えられ、バックタービンが起きたとしてもタービンからスロットル
の間の加給圧を逃さずある程度貯めておくといった考え方も出来るので、
一概にどちらが良いとは言えないと思います。
それと社外製のブローオフバルブを付けても吹き返し音がするという事に
ついてですが、社外製のブローオフバルブは一般的にバルブの解放値を高く
設定してあるものが多く、多少の加給圧だとバルブの解放量が少なくタービン
まで吹き返しが行くようです。大きいタービンまで対応しているとという
事と多少の吹き返しはタービンへの負担が少ないためと考えて良いと思い
ます。基本的にバルブの解放値や解放量はスプリングの硬さやネジによって
変えられるものもあるのでそのメーカーに問い合わせてみると良いかも
しれません。
私は文才が無くなかなか説明がうまく出来ませんが、少しでも参考になれば
と思います。
お礼コメント
firefox

お礼率 35% (29/81)

回答ありがとうございます
rps13kaiさんの的をえた回答を見てとても参考になりました!
とりあえず様子をみながらフローオフの調整をしていきたいと思います
ほんとにありがとうございました!
投稿日時 - 2002-01-06 00:07:52
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 24% (211/860)

>社外のブローオフバルブはつけているのですが何故かタービンへの吹き返し音が鳴ります ブローオフが作動しない領域(低ブースト時)では当然、バックタービン現象が起こりますよ もし、常に(高ブースト時)バックタービンが起るようでしたらブローオフバルブの調整不良や故障が考えられます >それがタービンを痛めると言われました それではバックタービン現象とは何か?と言うことを考えてみましょう 1.アクセル ...続きを読む
>社外のブローオフバルブはつけているのですが何故かタービンへの吹き返し音が鳴ります
ブローオフが作動しない領域(低ブースト時)では当然、バックタービン現象が起こりますよ
もし、常に(高ブースト時)バックタービンが起るようでしたらブローオフバルブの調整不良や故障が考えられます

>それがタービンを痛めると言われました
それではバックタービン現象とは何か?と言うことを考えてみましょう
1.アクセルオン
2.加給が始まる
3.アクセルオフでスロットルが閉まる
4.タービンはちょっとだけ加給状態が続く(すぐに止まらない為)
5.スロットル"閉"により行き場を失った空気が逆流
6.タービンブレードと衝突
因みに、5~6の段階で音が発生します

この"逆流した空気がタービンに衝突"する事によりブレードを逆回転させようとする力が発生します
"逆回転"させられるのだからタービンにはそれなりのストレスが発生すると考えられます
また逆回転=ブレーキが掛かるという事となり、理論上はレスポンスが若干落ちます
注1:タービンが逆回転する事はありません。あくまで力が掛かるだけです
注2:レスポンスの悪化は体感できないくらい小さいです

これがバックタービン状態です
以上のバックタービンによる欠点を解消する為にブローオフバルブが考案されました
ブローオフバルブは逆流した圧縮空気がタービンに衝突する前に排出する機構です

これだけ聞くと、ブローオフバルブは絶対必要に思われるかもしれませんが、欠点が無い訳でも有りません…それは。。。
ブローオフバルブ自身!
ブローオフバルブの作動不良による不調が出る場合があります
一つ多く部品が付いていることによってバックタービン状態では有り得ないトラブルが発生する可能性があるって事ですね

また、バックタービン状態が原因でタービンが壊れたと言う事は聞いた事がありません
が、絶対大丈夫とも断言できません(理由は上に書いた通り)
参考までに私は4万キロの時点でバックタービン仕様にしました
現在8万キロなので都合、4万キロ走行した事になりますが今のところ問題なく走行しています
但し、これはあくまで一例に過ぎません。全ての車両に当てはまるかは不明。

よってそれぞれの仕様のメリット・デメリットを考慮した上でどのようにされるか考えましょう
お礼コメント
firefox

お礼率 35% (29/81)

回答ありがとうございます
とりあえず今の所は大丈夫みたいです
みなさんの回答を参考にしてこれからの仕様を検討したいと思います
ありがとうございました
投稿日時 - 2002-01-06 00:03:46
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
購入や整備のポイント。車好きだから知ってる豆知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ