-PR-
締切り
済み

放射線の実効線量率

  • 困ってます
  • 質問No.18071
  • 閲覧数1294
  • ありがとう数19
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 53% (8/15)

実効線量率定数を用いないで実効線量率を
計算する場合、例えば、コバルト-60は、
1壊変あたり1.25MeVのガンマ線を2本放出すると
仮定して計算しますが、イリジウム-192の
場合はどうすればよいのでしょうか?
壊変図中の放出割合の低いものは無視しても
かまわないのでしょうか?
それとも全てのガンマ線について、エネルギーを
調べて、平均値を求めるのでしょうか?
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル1

ベストアンサー率 0% (0/0)

γ線のエネルギー ー 放出割合 0.296MeV - 29% 0.308MeV - 30% 0.317MeV - 83% ここまでを0.3MeVとして計算します。 さらに 0.468MeV - 48% を加えれば充分でしょう。 これ以外のγ線は、線量率を計算したときには 誤差程度でしかありません。
γ線のエネルギー ー 放出割合
0.296MeV - 29%
0.308MeV - 30%
0.317MeV - 83% ここまでを0.3MeVとして計算します。

さらに
0.468MeV - 48% を加えれば充分でしょう。
これ以外のγ線は、線量率を計算したときには
誤差程度でしかありません。


このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ