OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

債務額確定等請求事件

  • すぐに回答を!
  • 質問No.180468
  • 閲覧数154
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 0% (0/3)

A,BはCに対し「AのCに対する債務は10万円を超えて存在しないことの確認を求める。BのCに対する債務は存在しないことの確認を求める。」という訴えを提起した。審理の結果Aの債務は10万円を超えることが明らかになり、Bの債務は不存在であることが明らかになった場合、裁判所はいかなる裁判をするべきか?
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 38% (68/178)

1 AのCに対する平成○○年○○月○○日付け○○契約に基づく債務は金○○万円を超えては存在しないことを確認する。 2 BのCに対する平成○○年○○月○○日付け○○契約に基づく債務は存在しないことを確認する。 3 Aのその余の請求を棄却する。 4 訴訟費用は、・・・
1 AのCに対する平成○○年○○月○○日付け○○契約に基づく債務は金○○万円を超えては存在しないことを確認する。
2 BのCに対する平成○○年○○月○○日付け○○契約に基づく債務は存在しないことを確認する。

3 Aのその余の請求を棄却する。

4 訴訟費用は、・・・
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ