OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

視聴率・聴集率が高いと、

  • 暇なときにでも
  • 質問No.179492
  • 閲覧数58
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 1% (5/387)

その番組の局にとって具体的にどういう恩恵(利益)があるのでしょうか、またその番組を作った制作会社は具体的に(多分よい意味で)なにがどうなるのでしょうか?
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3

答えではありませんけど、参考になるかと、

視聴率が正しいのかどうかは疑問です、
なぜかは、約300程度の世帯をランダムに選び
その率できめるらしいです、
この方法を他社が多くの世帯で設定して実地しようとしたところストップがかかったらしいです、
そんなに多くを調査しても答えは同じですという
現在の調査会社からの回答で、
私は多いほうがより詳しく調査できるのではと
思いますがね、
(多少間違えてるけど、こんな感じです視聴率)
-PR-
-PR-

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル13

ベストアンサー率 18% (351/1917)

スポンサーからの受けが良い。 同じCMを流すにしても見ている人・聞いている人が 多いほど、効果があがるため。 1人しか見ていない番組よりも 100人見ている番組の方が効果が高いので。 受けが良いということは、その分広告収入が上がる。 単価が、高くなる。同業者にそのCM枠を取られないように値がつりあがるので。
スポンサーからの受けが良い。

同じCMを流すにしても見ている人・聞いている人が
多いほど、効果があがるため。

1人しか見ていない番組よりも
100人見ている番組の方が効果が高いので。

受けが良いということは、その分広告収入が上がる。
単価が、高くなる。同業者にそのCM枠を取られないように値がつりあがるので。


  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 34% (1527/4434)

 会社のヒット商品を作ったのと同じですので、例えば目標の率を超えた場合には、金一封が出る場合もありますし、局内の表彰対象になったり、スポンサーからのお祝いがあったり、良いことばかりでしょう。金一封といっても、もらえる金額は少ないですが、担当者は励みになります。又、スポンサーに対しても、好印象を与えますので、次の番組の依頼交渉もスムーズでしょう。
 会社のヒット商品を作ったのと同じですので、例えば目標の率を超えた場合には、金一封が出る場合もありますし、局内の表彰対象になったり、スポンサーからのお祝いがあったり、良いことばかりでしょう。金一封といっても、もらえる金額は少ないですが、担当者は励みになります。又、スポンサーに対しても、好印象を与えますので、次の番組の依頼交渉もスムーズでしょう。
  • 回答No.4
レベル14

ベストアンサー率 61% (1543/2514)

視聴率の概要については下記「Video Research」を参照して下さい。   ↓ http://www.videor.co.jp/index.htm >局にとって具体的にどういう恩恵(利益) coolguys さん、hanbo さんが仰るような恩恵があります。 民間放送の収入源はスポンサーからの番組放送料(制作費/広告料等)、スポット放送料(スポットCM料)、イベント開催等 ...続きを読む
視聴率の概要については下記「Video Research」を参照して下さい。
  ↓
http://www.videor.co.jp/index.htm

>局にとって具体的にどういう恩恵(利益)

coolguys さん、hanbo さんが仰るような恩恵があります。

民間放送の収入源はスポンサーからの番組放送料(制作費/広告料等)、スポット放送料(スポットCM料)、イベント開催等です。


視聴率が高い番組に対しては、スポンサーが付き易く、番組放送料(制作費/広告料等)が増えます。また、数社のスポンサーが独占している番組でなければ、スポットCMの人気(スポンサーにとっての)も高くなり、やはり収入が増えます。
(スポンサー:広告代理店経由の場合も多い)


番組の収入が多ければ、制作費にも跳ね返り、予算が潤う為に、より良い番組を制作する事が出来ます。
(「よい意味で」とありましたので。別に予算が多い=良い番組とは言い切れません。)

その逆に、視聴率が低い場合は、スポンサーが嫌い、放送局の採算に合わなければ、打ち切られてしまいます。


>制作会社は

先にも記載したとおり、「制作予算が増える=収入が増える」と言う事です。
予算が増えれば、より、大掛かりな(予算面で)企画も制作が可能となります。

また、次の企画や他の番組制作(企画)に対しても採用されやすい等、自社の営業上のメリットがあります。
社員も自信を持ち、より良い仕事を期待できる等のメリットもあります。

簡単には、こんなところでしょう。
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ