OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

車の事故後の交渉について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.179436
  • 閲覧数42
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 50% (8/16)

 この前、車対車で交通事故を起こしました。
こちらはカーブの手前で停車し、相手はこっちの存在に気づかないまま、
私の車の右前方部分と接触しました。私は、こっちが停車していたこと、
また右側に充分スペースがあり相手が交わすことができたこと、
またこちらはカーブの手前であること、相手は気づいてないこと、
これら全て踏まえて、10対0だと思っていました。
 最初、自分の保険屋に電話すると、10対0の場合は保険屋同士でやるより、
自分と相手の保険屋で話合うほうがいいだろうといわれ、私と相手の保険屋に
話し合うことにしました。しかし、相手側が10対0を認めないこと
(わけのわからないことばかりをいう)と、話が全然前にすすまないこと等が
あり、仕方なく、自分の保険屋に9対1か、8対2でもいいから、
お願いしますといいました。
 しばらくして、自分の保険屋が7:3なら相手も出すそうですといわれ、
とてもいやだったのですが、修理費の請求もあったため、
しぶしぶOKしました。すると、相手側が、また5:5でと言い出して、
話が前に進まなくなりました。
 保険屋同士で7:3と決まったのに、どういうことやねん!とかなり、
文句をいいましたが、相手の保険屋と、その事故相手との話し合いが
上手くいってないとのこと。
 結局修理費の請求を待ってもらえず、修理費を全部払いました。
今話がまったく前にすすまず、宙に浮いてしまっています。
 内容証明を書いて、相手に送ったほうがいいのでしょうか?
 調停になった場合、勝てるのでしょうか?

よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル7

ベストアンサー率 47% (11/23)

 お見舞い申し上げます。いろいろと心労もたいへんだと思います。

 専門家にご相談になるのであれば、財団法人 交通事故紛争処理センター をおすすめします。予約を入れて、予約した日に紛争処理センターに事故証明書やかかった費用(今回の場合、車の修理費用)がわかるものをもって出向きます。
 専門家(弁護士)が担当について、相談に無料でのってくれます。交通事故の特に物損だけの場合、弁護士を頼むと弁護士費用が一般的にかかってしまい、頼んでも差し引き手元に残らない、ということがありますが、このセンターは無料ですのでその点が安心です。
 しかし、込み合っているため、予約の出来る日が数か月後、ということが多いのが欠点です。
 示談を先方としてさえいなければ、損害賠償請求権は3年ありますので、腰を据えて対応されたほうがいいでしょう。予約日までの数か月をあせることはありません。
 私は専門家ではないので、xml さんが勝てるかどうかは何とも言えませんが、拝見した状況からはかなり有利だと思います。
 もし、すぐに修理代を加害者に払ってもらわなければ困る、ということでなければ、紛争処理センターの予約をとって、そのアドバイスに従って、落ち着いて交渉にあたることをおすすめします。
 取り急ぎ、修理代の領収書のコピー(原本はxmlさんの手元に保管しておきましょう)を「配達証明」で加害者に送付しておくといいと思います。

 なお、下記のサイトも参考になるでしょう。弁護士のかたがいろいろな紛争について解説しています。

http://www.asahi-net.or.jp/~ZI3H-KWRZ/law2.html
お礼コメント
xml

お礼率 50% (8/16)

norio1さん,R100-GSさん,ご親切に答えてくださいまして
ありがとうございました.
参考になりました。とりあえず内容証明送ってみます。
がんばります!ちょっと元気でました。
投稿日時 - 2001-12-04 15:31:35
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル8

ベストアンサー率 15% (10/65)

保険屋の対応がおかしいですね。 私の経験からすると、事故割合を決める資料は保険屋が持っています。その資料は、事故発生時の状況と条件が細かく分類されており、実際の事故発生時の内容を当てはめていくと、自動的に割合が決まるものです。 よって、事故発生後に保険屋へ事故状況の報告書のような物を提出されていれば保険屋同士が事故の発生状況から互いの割合はきちんとした資料を元に決めるはずです。それが相手の言いなりにな ...続きを読む
保険屋の対応がおかしいですね。
私の経験からすると、事故割合を決める資料は保険屋が持っています。その資料は、事故発生時の状況と条件が細かく分類されており、実際の事故発生時の内容を当てはめていくと、自動的に割合が決まるものです。
よって、事故発生後に保険屋へ事故状況の報告書のような物を提出されていれば保険屋同士が事故の発生状況から互いの割合はきちんとした資料を元に決めるはずです。それが相手の言いなりになっていることは、絶対におかしいです。
一度、以下の場所に相談されてはどうでしょうか?

http://www.nichibenren.or.jp/houritu/houritu3.htm

また、以下のサイトも参考になると思います。

http://www.airo.or.jp
http://www.sonpo.or.jp
お礼コメント
xml

お礼率 50% (8/16)

R100-GSさん、回答ありがとうございます.
教えていただいたHPを見てみようとしたのですが、
ページがみつかりませんでした.
リンク切れですかねぇ?
投稿日時 - 2001-12-04 13:17:38
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ