OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

心肺機能を強化したい

  • 困ってます
  • 質問No.179016
  • 閲覧数5526
  • ありがとう数7
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 35% (68/190)

山登りをすると息が荒れて仕方がありません。
友達はまったく息は乱れないのですが、脚が先にまいってしまうようです。
私は、息は荒れっぱなしなのですが友達よりもず~っと長く歩けます。
これはいったいどういうことなのでしょうか?
どなたかご説明いただけないでしょうか?
また、心肺機能を強化するいいトレーニングがあったら教えてください。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル12

ベストアンサー率 21% (215/996)

強化の法則というのがあって、かいつまんで言うと
要求される負荷が実力値を上回っている必要があります。
今回の場合心筋に十分負荷をかける必要がありますので
大きな筋肉群を継続的に動かすエアロビック運動が必要です。
小さな筋群の運動の場合心筋の強化になる前に運動が継続できなくなります。

人それぞれ得意とする筋肉は違いますが
大腿四頭筋(太もも)を主に動かす運動がよろしいでしょう。
ランニング、バイク、エアロビクスをコーチを受けて
30分から1時間なさるのがよろしいかと思われます。
お礼コメント
onakagoo

お礼率 35% (68/190)

なるほど。そういうことですか!
心筋に大きな負荷がかかる運動を心がければいいのですね!
水泳ではダメなのですか?
投稿日時 - 2001-12-04 11:07:29
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 26% (69/258)

 運動の強度としては心拍数120(1分間で)くらいでやるのがいいそうです。 この目安は「運動しながら会話をすることが出来る」だそうです。  安静にした状態で1分間の心拍数を計ると、大体60~70代くらいと思いますが、運動を続けることで心肺機能が強化され、減っていくそうです。  マラソンの高橋尚子選手は安静時37~40くらいなのだそうです。  それから筋肉については、間違ったトレーニングをする ...続きを読む
 運動の強度としては心拍数120(1分間で)くらいでやるのがいいそうです。 この目安は「運動しながら会話をすることが出来る」だそうです。

 安静にした状態で1分間の心拍数を計ると、大体60~70代くらいと思いますが、運動を続けることで心肺機能が強化され、減っていくそうです。
 マラソンの高橋尚子選手は安静時37~40くらいなのだそうです。

 それから筋肉については、間違ったトレーニングをするとかえって筋力を落とすそうです。
 例えば100キロのバーベルを上げたとします。
 その時筋肉はつぶれ壊れているそうです。
 しかし体は100キロに耐える筋力を作り始めます。
 回復前にまた筋トレをするとよけいに筋力を落としてしまうのです。

 ですから、筋力を付けるには3日おきくらいで筋トレしないとダメなんだそうです。
 スポーツジムのインストラクターから聞きました。
 


  • 回答No.3
レベル12

ベストアンサー率 21% (215/996)

>心筋に大きな負荷がかかる運動を心がければいいのですね! >水泳ではダメなのですか? 水泳の場合は肩の三角筋およびコウ背筋に 集中しますので、この部位が発達している方ならばエアロビックトレーニングになります。 一般の方の場合、水泳でターゲットゾーンの心拍数を維持した運動を30分以上継続できる方は少ないのでお勧めしませんでした。
>心筋に大きな負荷がかかる運動を心がければいいのですね!
>水泳ではダメなのですか?

水泳の場合は肩の三角筋およびコウ背筋に
集中しますので、この部位が発達している方ならばエアロビックトレーニングになります。

一般の方の場合、水泳でターゲットゾーンの心拍数を維持した運動を30分以上継続できる方は少ないのでお勧めしませんでした。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ