OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

バラへの3つの願い

  • 困ってます
  • 質問No.178093
  • 閲覧数437
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

ファン・ツィ作曲のこの曲の3つの願いとは、『強い風が吹いてバラの花が倒れませんように』と、『心ない人にバラの花が折られませんように』と、もうひとつは何でしょうか?

また作曲家のファン・ツィさんは、中国人であると書いてあるものと韓国人であると書いてあるものがありますが、どちらのご出身でしょうか?

そのほか、この曲や作曲者に関することを何かご存じでしたら教えてください。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル13

ベストアンサー率 69% (966/1391)

stringviola さん、こんばんは~☆♪

> もうひとつは何でしょうか?

下記URLには、このように記載されております。

# 美しく咲くバラの花に強い風が吹かないように。
# 通りがかりの心ない人にたおされないように。
# どうか、バラよ、いつまでも咲き続けておくれ。

http://www.geocities.co.jp/Bookend-Soseki/4111/live2001.htm


> どちらのご出身でしょうか?

ネット検索してみても、「中国」・「韓国」に分かれて
表記されておりました。。。
回答になってなくてゴメンなさいね。


ではでは☆~☆~☆        - by パピヨン -
お礼コメント
noname#5992

papillonさん、ありがとうございます。3つ目は、『いつまでも咲き続けておくれ』だったのですね。この曲を聴かせてもらってとても感動したので、いろいろ知りたいと思って質問しましたが、1つ解決しました。
投稿日時 - 2001-12-02 04:03:08
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2
レベル7

ベストアンサー率 26% (4/15)

#1の方がもう既に書いていらっしゃってますのね(^-^) 3つ目には確かにそういう意味みたいです。 この曲はとっても綺麗な曲ですね。 初めて聞いたときは、なんとも言えなく、聞き終わった後言葉が出ませんでした。 バイオリニスト二村英仁によるものを聞きました。 彼のCDの中の曲説明では 「ファン・ツィ(1904~1938)は、数々の芸術的な歌曲を残した薄命の作曲家であるが、この曲(3つのバラへ ...続きを読む
#1の方がもう既に書いていらっしゃってますのね(^-^)
3つ目には確かにそういう意味みたいです。

この曲はとっても綺麗な曲ですね。
初めて聞いたときは、なんとも言えなく、聞き終わった後言葉が出ませんでした。
バイオリニスト二村英仁によるものを聞きました。
彼のCDの中の曲説明では
「ファン・ツィ(1904~1938)は、数々の芸術的な歌曲を残した薄命の作曲家であるが、この曲(3つのバラへの願い)は、彼の代表的な歌曲を我が国の作曲家の西村朗(1953~)が弦楽器とハープを生かすことによって、マーラーの交響曲第5番の第4楽章のアダージェット風に編曲したものである。原曲は、ソプラノ、ピアノ、ヴァイオリンという面白い編成で書かれており~略~」
となっています。
生で、この曲を聴いたときは、夢のような心地でした。(笑)

いい曲です。

あんまり、質問にそぐわないようなアドバイスになってしまいましたが
参考になれば・・・。
お礼コメント
noname#5992

pobbitさん、回答ありがとうございます。作曲家のファン・ツィさんは34歳で亡くなられているんですね。わたしもこの曲を昨日初めて聴かせてもらったのですが、涙が出そうになりました。『マーラーの交響曲第5番の第4楽章のアダージェット風』というところで、私も『そうそう』って思いました。pobbitさんは生でこの曲を聴かれたんですか、うらやましいです。ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-12-02 04:22:37
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
アーティストやジャンルについて知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ