OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

一般的な商取引での「振込手数料」はどちらが負担するのですか?

  • 困ってます
  • 質問No.174970
  • 閲覧数14878
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数8
  • コメント数0

お礼率 15% (18/116)

現在、当方は商品の卸売業を営んでいるのですが、その卸売り先との間で商品代金の振込手数料について、どちらが負担するかで少々もめています。もちろん些細な金額ではあるのかもしれませんがとても気になります。
通常の一般的な商取引では振込手数料は買い手(支払側)が負担するものなのでしょうか?それても売り手(受領側)が負担するものなのでしょうか?うちでは当たり前のように買い手の方が負担するものだと思い、現在の卸売り先に負担していただいていますが、その会社だけは「それは常識外れ、売り手が負担が世間一般」とのことを言っています。
ちなみに相手方の会社はネット通販を主とする企業で、健康食品を取り扱っています。
通報する
  • 回答数8
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4

振込料の負担については、どちらが負担するという決まりは無く、あくまでも双方の話し合いで決まります。
ただ、双方の話し合いには、力関係がかなり影響します。
つまり、売りたい気持ちが強いか、買いたい気持ちが強いかです。

もう一つ、最近は、一般の商取り引きでは、手数料を引いて振り込むのが主流です。
何故なら、受け取り先が集金に要する時間と人件費が節約できることから、控除されることに反対しないからです。

ただ、会費や書籍代などの場合は、あらかじめ請求書に、「振込料は支払人の負担です」と書いて有り、その場合は当然、振り込み人が負担します。
-PR-
-PR-

その他の回答 (全7件)

  • 回答No.2
レベル10

ベストアンサー率 38% (54/141)

業界によって慣例が違うかもしれませんが、 運送業(トラック貸切)では売り手負担が通例です。 荷主から仕事を頂けば運送会社負担。 下請けの業者を使えば負担してもらいます。
業界によって慣例が違うかもしれませんが、
運送業(トラック貸切)では売り手負担が通例です。
荷主から仕事を頂けば運送会社負担。
下請けの業者を使えば負担してもらいます。
  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 34% (1527/4434)

 通常は、支払い側が負担すべきと思います。たとえば10万円の支払いをする場合、受領側は10万円を支払ってもらう権利がありますが、振込み手数料を受け取り側が負担すると10万円を受け取れないことになります。  本来、支払い側が受け取り側に現金で支払えば問題が無いのですが、遠かったり現金を扱わない方法を取るために、便宜上支払い側が銀行振り込みにより支払っていますので、支払い側が手数料を負担するのが一般的か ...続きを読む
 通常は、支払い側が負担すべきと思います。たとえば10万円の支払いをする場合、受領側は10万円を支払ってもらう権利がありますが、振込み手数料を受け取り側が負担すると10万円を受け取れないことになります。

 本来、支払い側が受け取り側に現金で支払えば問題が無いのですが、遠かったり現金を扱わない方法を取るために、便宜上支払い側が銀行振り込みにより支払っていますので、支払い側が手数料を負担するのが一般的かと思います。
  • 回答No.3
レベル8

ベストアンサー率 32% (18/56)

私も支払い側だと思いますが、そうでなくてもいろいろ手数料分を回収する 方法はあると思いますよ。 商品代金の中に含めたり、別途手数料として請求したり、相殺することにしたり。 あとは卸先との力関係ですね。 強固に「振込み手数料はご負担していただいております」と言えるかどうか。
私も支払い側だと思いますが、そうでなくてもいろいろ手数料分を回収する

方法はあると思いますよ。

商品代金の中に含めたり、別途手数料として請求したり、相殺することにしたり。

あとは卸先との力関係ですね。

強固に「振込み手数料はご負担していただいております」と言えるかどうか。
  • 回答No.5
レベル12

ベストアンサー率 55% (369/665)

対等の立場であれば、私も資金の払い手が負担すべきだと思います。 但し、資金の払い手がお客(消費者)の場合は、サービスとして振込手数料を業者持ちとする場合も一般的になってきていると思います。 ネット通販会社であれば、顧客から振込み手数料を取れないので負担していると推定されます。従って、卸売り先への振込手数料負担を交渉してきているのだと思います。 売手の方には、商品価格に上乗せする方法もあります ...続きを読む
対等の立場であれば、私も資金の払い手が負担すべきだと思います。

但し、資金の払い手がお客(消費者)の場合は、サービスとして振込手数料を業者持ちとする場合も一般的になってきていると思います。
ネット通販会社であれば、顧客から振込み手数料を取れないので負担していると推定されます。従って、卸売り先への振込手数料負担を交渉してきているのだと思います。

売手の方には、商品価格に上乗せする方法もありますから。
  • 回答No.7
レベル14

ベストアンサー率 15% (594/3954)

「一般的な」といわれると、「じっさいにどっちが主流か」ということになって、「どっちが負担すべきか」から外れると思います。 普通は、支払い側がすると思います。(指定銀行なら手数料無料=売り手負担、他の銀行なら有料=買い手負担、というのもあります。) 売り手の側から言えば、仕入れから経費から考えて販売価格をつけているわけですから、その販売価格どおりの価格にならなければ困る。振込み銀行によって手数料 ...続きを読む
「一般的な」といわれると、「じっさいにどっちが主流か」ということになって、「どっちが負担すべきか」から外れると思います。

普通は、支払い側がすると思います。(指定銀行なら手数料無料=売り手負担、他の銀行なら有料=買い手負担、というのもあります。)

売り手の側から言えば、仕入れから経費から考えて販売価格をつけているわけですから、その販売価格どおりの価格にならなければ困る。振込み銀行によって手数料も違う。
現金取引でも「集金に来い」というか、「支払いに行きます」というかの違いになりますね。支払いに行く代わりに銀行振込みするんなら、手数料は負担するのが当然。

ただ、実際には、「お客様は神様」というのがあります。商品の注文だって、本来は注文する側の責任だけど「フリーダーヤル」で店が負担してたりします。かといって、フリーダイヤルにしてない店が常識外れではないですね。過剰(?)サービスのひとつ、ということでしょう。(結局はそういう経費を商品価格に反映させないと身だしになっちゃう。)
  • 回答No.6
レベル14

ベストアンサー率 24% (905/3709)

法的なことは分かりませんが・・・。 私が聞いたのは、振り込み手数料はお客様負担で!と明記していない場合は、差し引いて良い。つまり明記されていない場合は、売り手負担と聞いていました。 一般的に通販の場合、郵便局は、売り手負担、銀行は買い手負担が多いです。明記されていますが。 常識かどうかは分かりませんが、誤解がないように明記されれば、トラブルは防げるのでは?
法的なことは分かりませんが・・・。
私が聞いたのは、振り込み手数料はお客様負担で!と明記していない場合は、差し引いて良い。つまり明記されていない場合は、売り手負担と聞いていました。

一般的に通販の場合、郵便局は、売り手負担、銀行は買い手負担が多いです。明記されていますが。

常識かどうかは分かりませんが、誤解がないように明記されれば、トラブルは防げるのでは?
  • 回答No.8
レベル8

ベストアンサー率 34% (11/32)

このケースでは、どちらが振込手数料を負担するかについて、当事者間に契約がなく、商慣習があるとはいえず、また商法も適用されないので、民法が適用されます 弁済(支払)は債権者であるkatsuakiohataさんの住所でしなければなりません(持参債務の原則。民法484条) そして、弁済の費用は債務者である買い手が負担します(民法458条) 弁済の費用に振込手数料は含まれるので、振込手数料は買い手が負担 ...続きを読む
このケースでは、どちらが振込手数料を負担するかについて、当事者間に契約がなく、商慣習があるとはいえず、また商法も適用されないので、民法が適用されます

弁済(支払)は債権者であるkatsuakiohataさんの住所でしなければなりません(持参債務の原則。民法484条)
そして、弁済の費用は債務者である買い手が負担します(民法458条)
弁済の費用に振込手数料は含まれるので、振込手数料は買い手が負担します
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ