OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

Windows CEってどうなんでしょう?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.173927
  • 閲覧数85
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 15% (3/20)

外で働く技術系の仕事をしていて、前々から、仕事で使う資料などを小さなパソコンに取り込んでおけばかさばらず、持ち歩きが楽になるんじゃないかと思っていました。
そこで考えたのが、WindowsCEを搭載したとても小さなパソコンなのですが、例えば資料を取り込む方法として考えられるのがスキャナーで、手持ちのスキャナーはCEに対応していません。ひょっとして一度家のパソコン(WindowsMe)に取り込んでからCEのほうへデータ転送(FDやケーブル接続で)できるのかなぁ、なんて考えたのですが、全くの素人なのでその辺のことがぜんぜんわかりません。
お分かりになる方教えてください。
また、他にも良い使い方などありましたらアドバイスお願いいたします。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全2件)

  • 回答No.1

基本的にWindows CEとデータの動機を取るにはActive Syncというアプリケーション(付属)を使用すれば、シリアルケーブル経由で簡単に行うことが可能です。 ただし、Windows CEの場合、コンパクトフラッシュなどがないとあまりデータを多く保存することができませんし、メインのバッテリとサブバッテリがなくなるとコンパクトフラッシュなど別メディアに保存したもの以外は、データが消えてしまいま ...続きを読む
基本的にWindows CEとデータの動機を取るにはActive Syncというアプリケーション(付属)を使用すれば、シリアルケーブル経由で簡単に行うことが可能です。

ただし、Windows CEの場合、コンパクトフラッシュなどがないとあまりデータを多く保存することができませんし、メインのバッテリとサブバッテリがなくなるとコンパクトフラッシュなど別メディアに保存したもの以外は、データが消えてしまいます。

また、WordやExcel、PowerPointのデータであればPocket Wordなどで読み込むことが可能なので、そのままデータを転送するだけで十分です。

起動はほかのWindowsシリーズよりも快適ですが、動作が若干遅いので、それを考慮して使用する必要がありますが、自分がみるだけの資料ならば、問題はないと思います。プレゼンテーションをするにはプロジェクタに接続できないので別途何かしらを用意する必要があります。
#機種にもよりますが・・・

ではでは☆
  • 回答No.2

スキャナで取り込んだ資料なら「画像」になっているはずです。 ですのでケーブル接続(USB・RS-232C)で繋いでデータの同期をとるか、LANで繋いで データのやり取りをすることが出来ます。 (LAN接続の場合はCFのLANカード使用しますが、USBやRS-232Cのケーブルは付属しているはずです) ですが、簡単で高速なのは「CF(CompactFlashメモリ)」でのデータ交換だと思いま ...続きを読む
スキャナで取り込んだ資料なら「画像」になっているはずです。

ですのでケーブル接続(USB・RS-232C)で繋いでデータの同期をとるか、LANで繋いで
データのやり取りをすることが出来ます。
(LAN接続の場合はCFのLANカード使用しますが、USBやRS-232Cのケーブルは付属しているはずです)

ですが、簡単で高速なのは「CF(CompactFlashメモリ)」でのデータ交換だと思います。
大抵のWindowsCEにはCFスロットがあるので容易にデータ交換が出来ます。
(一部のPocketPCにはSDメモリスロットしかないモノもありますが)

速度は遅いですがパソコンに赤外線装置が付いている場合は(ノートパソコンに多い)
ケーブル接続無しで赤外線を使ってのデータのやり取りも可能です。

以上、ご参考までにどうぞ。。m(__)m
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ