OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

他大学への編入について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.173751
  • 閲覧数41
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

私は今、心理学の大学に通う2年生です。
他大学への編入を考えているのですが、今の大学を休学、もしくは、退学をして、1年間予備校で勉強をしようかどうか迷っています。本来は、このままストレートで、他大学の3年次編入できれば良かったのですが、何しろ、考える時期が遅かったので、来年受験しようと思っております。
編入に至るまでの道、予備校について、何か良いアドバイスがありましたら、教えて下さい。お願いします。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル9

ベストアンサー率 43% (21/48)

 すごく一般的なアドバイスで大変失礼とは思いますが‥ご質問の情報量ではぜひアドバイスをして差し上げたいと思う心優しい方々でも何も申し上げられないように思います‥  それほどまでして、編入を希望されている大学や分野をお考えなのかや、せっかく1年半勉強されてきた現在の大学への不満なのか、専門分野への不満なのかもわかりません。具体的に直接ココに書くことはプライバシ上難しいのかもしれませんが、差し支えない範 ...続きを読む
 すごく一般的なアドバイスで大変失礼とは思いますが‥ご質問の情報量ではぜひアドバイスをして差し上げたいと思う心優しい方々でも何も申し上げられないように思います‥

 それほどまでして、編入を希望されている大学や分野をお考えなのかや、せっかく1年半勉強されてきた現在の大学への不満なのか、専門分野への不満なのかもわかりません。具体的に直接ココに書くことはプライバシ上難しいのかもしれませんが、差し支えない範囲で休学や退学・編入をお考えになったプロセスを補足なさるとよいと思います。ココには心理学の分野だけでなく様々な分野で専門知識をお持ちで親切なアドバイスをしてくださる方がたくさんいらっしゃいますから、hacchi12123さんに適切な助言をしてくださると思います。

 そんなわけで、超一般的なアドバイスとしては、現在のご専門で心理学を学ぶことにご不満がないのならばリスクのある退学や休学は避けて、現在いろいろな不満がおありでしょうが、このまま卒業することを第一に考え、現在の様々な問題をその中で減らしていくことを考える方向をお勧めします。試験で合格・入学の決定権を他者にゆだねるわけで希望した大学・学部に100パーセント合格できる保証はありませんから‥

 私は三年次編入の経験者です‥
 私の場合は最初の大学で途中で自分が望む勉強の分野とのズレを2-3年から考え何度も退学を考えました。大学のスタッフやカリキュラムの関係で自分の希望の勉強ができないことがだんだんはっきりしてきたからでした。結局その大学で自分のしたいことでできる範囲の卒論を書き、就職の内定までこぎ着けました。卒論でできたことの限界と、今後の研究計画を明確にして最適の大学、研究室を自分で選び決めました。この過程は卒論をつくる過程と密接に結びついています。その後内定を辞退して編入試験を受けました。その決断が正解だったかは今も結論は出ませんが、精一杯考えて行動した‥ということは言えるかな‥というところです。
 というのもよく考えて研究室選択をしたつもりでも編入後は期待どおりの部分だけでなく、予想外の部分も実際には起こってきます。その意味で最初の大学で思った何か違うカンジは、その内容は質的に違ってきますが次々と起こってくるということです。

 あとは他の方の助言など教えていただきましょう‥
お礼コメント
noname#3496

そうですね。これだけでは、情報が少なすぎますよね。
でも、byqさんからのアドバイスをいただいたおかげで、冷静になって考えられるようになりました。
また、もう少し考えてみたいと思います。
どうもありがとうございました。
投稿日時 - 2001-11-25 14:42:13


このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ