OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

「おろしや」って,ロシアに「お」をつけた言葉ですか。

  • 困ってます
  • 質問No.173677
  • 閲覧数116
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 100% (5/5)

「おろしや」という言葉は,ロシアに「お」を付けたものと聞きました。では,なぜ,「お」を付けたんでしょう? 「おあめりか」とか「おいぎりす」とは言わないですよね(「おふらんす」は言うか……)。辞書を見ても載っていないので,ご存知の方,教えてください。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3

既に回答が出ていますが、大和言葉ではラ行が発音しにくい音として嫌われていたようです。広辞苑を見るとラ行は昔の外来語(漢語)と現代の外来語(カタカナ語)のオンパレードです。

日本語以外でも似たような現象があり、たとえばスペイン語ではSで始る音は嫌われその前にEを加えて発音しやすくしています。Station→Estacion、Study→Estudiar(語源は同じくラテン語)一方、日本人はSuteeshonと発音します。どの国民も外来語は自国風に発音するわけです。
お礼コメント
goo-wan

お礼率 100% (5/5)

 Answer,ありがとうございます。
 スペイン語の例も挙げていただき,たいへん納得いたしました。
 今,ふと思ったのですが,ラ行が嫌われていたということは,「ロンドン」も何か変化させていたのかな(これは独り言です)。
投稿日時 - 2001-11-25 21:13:06
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 51% (165/322)

 江戸時代、日本では「ラ行」が発音しにくかったため、「ラ行」での発音は避けられ、「おろしあ」となったようです。現代から見ればこっちの方がずっと発音しにくいような気がしますけどね。 ...続きを読む
 江戸時代、日本では「ラ行」が発音しにくかったため、「ラ行」での発音は避けられ、「おろしあ」となったようです。現代から見ればこっちの方がずっと発音しにくいような気がしますけどね。
お礼コメント
goo-wan

お礼率 100% (5/5)

 Answer,ありがとうございます。助かりました。
 たしかに,「おろしや」の方が1字増えてるのだから,かえって言いにくくなっているように思いますね。江戸時代にもなったら,現在と日本語の発音にあまり違いはなさそうですし。
投稿日時 - 2001-11-25 21:05:03


  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 53% (1514/2852)

古く(江戸時代?)は「オロス」と言われていたらしい。それが変化して 「オロシ」、「オロシャ」「オロシア」になったらしい。 また、「オロチョン」も関係があるかも? ...続きを読む
古く(江戸時代?)は「オロス」と言われていたらしい。それが変化して
「オロシ」、「オロシャ」「オロシア」になったらしい。
また、「オロチョン」も関係があるかも?
お礼コメント
goo-wan

お礼率 100% (5/5)

 Answer,ありがとうございます。
 「オロス」と言われていたとは,初耳です。それに,「オロチョン」って,何ですか?(わたしが不勉強なだけで,結構有名なもの?)
投稿日時 - 2001-11-25 21:07:26
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ