OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

羽田空港”D滑走路・第二国内線ターミナル”について、

  • 暇なときにでも
  • 質問No.173381
  • 閲覧数287
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

 羽田空港についてお聞きしたいことがあります。
 
    ●D滑走路(現在のC滑走路の沖、たしか・・・)を、
       建設するとか聞いたことがあるんですが、
           今現在、建設は始まっているのでしょうか?
  本格的な、国際線の運航を考えて、建設するとか聞いたのですが・・・

    ●現在の国内線ターミナルとは別に、
     (たしか反対側に・・・)第二国内線ターミナルができると
 聞いたのことがあるのですが、今現在、建設は始まっているのでしょうか?
 第二国内線ターミナルが完成すれば、現在のターミナルからバスによる
  航空機への搭乗者の輸送がなくなるとか聞いたことあるのですが・・・

    双方とも建設が始まっていたら、大体の完成時期を教えてください。       
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

正式にはD滑走路の建設自体、まだ決定されておりません。
プランは幾つか出されておりますが、周辺住民団体や利害関係のある団体の反対や議員へのテコ入れで、決定までにはしばらくかかるでしょう。
そもそも増設自体も、不透明です。
第3空港建設推進派の勢力拡大の可能性もありますし、
今の大臣・知事が替われば、国際空港化推進派の意見も替わってくるかも知れません。
決定まであと2年はかかるのではないでしょうか。

第二(東)ターミナルにはANAおよびその関係会社が入りますが、バス・ボーディングはなくなりません。
例えば朝8時前後のピーク時には、搭乗橋(ボーディングブリッジ)付のスポットの数が足りなくなりますし、また離島線などに使われている小型機には搭乗橋を使うことが出来ません。
ちなみにターミナルの建設自体は始まっています。
お礼コメント
noname#1491

 回答ありがとうございます。
   D滑走路(仮名みたいですね・・・)の、建設はまだ決定していなく、
    今現在では、建設されるかどうかは、解からないみたいですね・・
  第三空港建設推進派や、大臣・都知事が替われば、国際空港化の案も
                   替わる可能性がありますし・・・
  
  第二(”東”ですね)ターミナルの方は建設は始まっているみたいですね
  どれ質問も、ずいぶん前の新聞記事に載っていたものを、
              疑問に思い、質問させてもらいましたが・・・
   その時に”バスでの搭乗機への、輸送が廃止される”
    と書いてあったんですが、実際には、なくならないみたいですね・・
  たしかに、ピーク時では、ゲートが足らないと思います。
                      小型機は無理ですしね・・・
  ANAと、関係各社(ANKなど)が入るということは、
 現在のターミナルが、
    JAL・JASとその関係会社のみになるということでしょうね・・・
投稿日時 - 2001-11-24 01:53:39
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル9

ベストアンサー率 18% (23/122)

 お役に立ちますかどうか。  下のページを見てください。滑走路の名前などは少し違うようですが,このことかと思います。 ...続きを読む
 お役に立ちますかどうか。
 下のページを見てください。滑走路の名前などは少し違うようですが,このことかと思います。
お礼コメント
noname#1491

 回答ありがとうございました。
    滑走路の名前少し違っていたみたいですね・・・
    新聞記事に載っていた”D滑走路”でいいものだと、思ってました・・・
                         HP見させてもらいます。
投稿日時 - 2001-11-24 01:59:01
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ