OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

コンピューターに人の手の動きをおぼえさせるには?

  • 困ってます
  • 質問No.173041
  • 閲覧数91
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 75% (3/4)

とてもアバウトな質問で恐縮なのですが、コンピューターに人の手の動きを覚えさせたいんです。 例えば、以前テレビで、習字を書くロボットをみたのですが、そんな感じです。習字ロボットを例にすると、習字のうまい人の手の動きをコンピュータ-にインプットさせて、ロボットにその人と同じ動きをさせて上手に習字を書くみたいな。 なにから調べたらよいか検討もつかず、よろしければなにかヒントになるものでもよいので教えてください。 お願いします。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 28% (122/425)

「モーションキャプチャー」ですね。 この単語で検索すれば、何か出るでしょう。 ...続きを読む
「モーションキャプチャー」ですね。

この単語で検索すれば、何か出るでしょう。
お礼コメント
small-tree

お礼率 75% (3/4)

モーションキャプチャ-ですか。わかりました、その単語からどのぐらい私の知識で引き出せるかわかりませんが、がんばって調べてみます。ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-11-22 16:08:43

  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 30% (72/239)

もうかれこれ7、8年前の話ですが、 学生の時にアームロボットを製作した事があります。 ⇒ターミネータ2という映画に出てくる腕を想像して頂ければOKです。 当時はプレゼンテーションの為に、 「ティーチングプレイバック(TeachingPlayback)」 という方式を採用致しました。 ⇒人間の動作を一旦コンピュータに取り込みアームに再現させるのです。 small-treeさんなら伝わる ...続きを読む
もうかれこれ7、8年前の話ですが、
学生の時にアームロボットを製作した事があります。
⇒ターミネータ2という映画に出てくる腕を想像して頂ければOKです。

当時はプレゼンテーションの為に、
「ティーチングプレイバック(TeachingPlayback)」
という方式を採用致しました。
⇒人間の動作を一旦コンピュータに取り込みアームに再現させるのです。

small-treeさんなら伝わると思われますが、
実際の人間の腕は多関節に加え、垂直、水平、ねじれ、回転と可動性が多い為、
稼動部に3次元座標を全て持たせてモータをステップ制御させていきます。

当時はWindows3.1が出たばっかりでしたがDOSのCで組んでましたね。(^^ ;)
お礼コメント
small-tree

お礼率 75% (3/4)

お礼のメール遅くなってしまい、すみませんでした。ありがとうございます。
ティーチングプレイバック ですか、これは今のモーションキャプチャーになる
のでしょうか?
投稿日時 - 2001-11-26 16:59:54
  • 回答No.3
レベル11

ベストアンサー率 30% (72/239)

モーションキャプチャーとは、 人間の動作を、3次元CG上の人型キャラクタに反映させる技術のことです。 これは従来、手作業で長い制作期間を必要とした作業を、 簡単、短期間でしかも極めてリアルな動作を実現することが出来ます。 但し、これはCGへ反映させるものであって直接ロボットに反映させるものではありません。 あくまでもキャプチャリングする手段であって、 small-treeさんの目的であれば ...続きを読む
モーションキャプチャーとは、
人間の動作を、3次元CG上の人型キャラクタに反映させる技術のことです。

これは従来、手作業で長い制作期間を必要とした作業を、
簡単、短期間でしかも極めてリアルな動作を実現することが出来ます。
但し、これはCGへ反映させるものであって直接ロボットに反映させるものではありません。
あくまでもキャプチャリングする手段であって、
small-treeさんの目的であればキャプチャリング後にロボットのコンピュータへ出力する事になります。

この出力作業というのがティーチングプレイバックにあたります。

参考までにモーションキャプチャーの説明など…。

1.磁気式
 体にセンサーをとりつけ電磁式に計測する方法です。
 今まではそのセンサーにつながっているケーブルを必要としていましたが、
 最近ではコードレスタイプが開発されています。

2.光学式
 全身の間接などのポイントに光を反射するマーカーをマジックテープなどでとりつけ、
 それぞれ別な方向から6台のカメラで撮影し、
 それから3次元に変換するデータを算出して、動きを再現する方法です。

3.筋電図方式
 顔に装着した電極が筋肉の動きを読み込んで画像処理されます。
 今の所、主に顔の部分で使用されています。
 この方式で全身も開発中。(もしくは開発済み)
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ