OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

アイドリングしたままの睡眠

  • 困ってます
  • 質問No.172943
  • 閲覧数1627
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

 今度、富士山の写真を撮りに行き、車の中で一晩寝て帰ってこようと思ってます。
 しかしこの時期、エアコンなしというのはつらいので、一晩つけっぱなしにしたいんですが、エンジンをかけっぱなしにした場合に、オーバーヒートしたりはしないでしょうか。
 ご存知の方、ご意見等をお願いいたします。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 33% (159/476)

 全国を車で旅行し、宿代を浮かすためにしょっちゅう車中泊をします。

 結論から申し上げると、他に特に電気を食う装置を働かせていない限り大丈夫です。
私も今まで、1度もトラブルが起きたことはありません。

 ただ、排気ガスがベンチレーターから入ってこないように、できれば車のフロントを風上に向けられればそれに越したことはありません。

 また、余談ですが、内気循環にしたときは車内の空気が悪くなりがちですから窓をほんの少し開けておくとよいでしょう。
 そして、空気が乾燥しますから、何か飲み物を置いておいた方がいいでしょうね。

 ああ、富士山の写真ですか… 私も撮りに行きたいですぅ。

 ご参考までにどうぞ。
 
お礼コメント
noname#25358

 ありがとうございます。

 なるほど。そういうことだったら大丈夫そうですね。
 ご意見、ありがたく参考にさせていただきます。

 ……あ、でも今の車はあと数日で廃車なので、すでにドリンクホルダーを取り外してしまいました(^_^; どうしよう(^^;゜。
投稿日時 - 2001-11-22 14:12:21
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2
レベル13

ベストアンサー率 47% (662/1392)

平地ならば問題ありませんが、高冷地は危険なことがあります。 ファンを回しすぎて、バッテリーが上がってしまうのです。 高冷地だとバッテリーの基本能力が低下しますので、長時間の電力消費には十分に注意が必要です。 私は、富山のスキー場で仮眠中にこの現象に遭いました。 富士山の写真をどこで取られるのかにもよりますが、バッテリの管理をしっかりとしてからお出かけください。 1.電解液の量 2.バッテリー比 ...続きを読む
平地ならば問題ありませんが、高冷地は危険なことがあります。
ファンを回しすぎて、バッテリーが上がってしまうのです。
高冷地だとバッテリーの基本能力が低下しますので、長時間の電力消費には十分に注意が必要です。
私は、富山のスキー場で仮眠中にこの現象に遭いました。
富士山の写真をどこで取られるのかにもよりますが、バッテリの管理をしっかりとしてからお出かけください。
1.電解液の量
2.バッテリー比重
を、自動車屋さんで調べてもらってから出かけたほうが安心です。
万が一の場合に備えてブースターケーブルも携行していったほうが良いでしょう。
「備えあれば憂いなし」です。
安全のための手間としてはそんなに負担になるものではないでしょう。

それから、オーバーヒートはしません。
ガス欠の恐れはありますが。

車で寝る場合でも、毛布などが一枚あると気持ちよく仮眠できます。
寝てしまうの体温が奪われやすくなりますので。
お気をつけていってきてください。
お礼コメント
noname#25358

 ありがとうございます。

 電解液やバッテリーに関しては問題ないと思います。3ヶ月前に買ったばかりなんです。
 といっても、事故をもらってしまって、お別れを兼ねた旅行ということになってしまうんですが(^_^;
 場所としては、山中湖のふもとを予定しています。どのみち軽なのでそんな高地にはいけませんから。
 毛布に関しては、もとより友人からキャンプ用のブランケットをもらい、それを使いたいと思って立てた計画だったので大丈夫かと思います。

 とりあえずガソリンだけは満タンにしておこうと思います(^^)
投稿日時 - 2001-11-22 14:17:30


  • 回答No.3
レベル9

ベストアンサー率 43% (32/73)

整備士をしていた経験での、注意を申します。 車の中で、エンジンをかけたままの睡眠は危険です。 お客様の車で二度経験しました。 やはり寒いので、エンジンをかけたまま眠ったらしいのですが、 いつの間にか止まってしまったと、見に行ってみると エンジンが焼き付いてどうしようもない状態でした。 眠っている間にアクセルペダルをいっぱいに踏み込んでいたらしいです。 お客様は否定してましたが、どう見てもそれ ...続きを読む
整備士をしていた経験での、注意を申します。
車の中で、エンジンをかけたままの睡眠は危険です。
お客様の車で二度経験しました。
やはり寒いので、エンジンをかけたまま眠ったらしいのですが、
いつの間にか止まってしまったと、見に行ってみると
エンジンが焼き付いてどうしようもない状態でした。
眠っている間にアクセルペダルをいっぱいに踏み込んでいたらしいです。
お客様は否定してましたが、どう見てもそれしか考えられなかったです。
最悪火災にでもなったら命も落としかねないです。
二件とも幸い火災にはならずに済みましたが、樹脂製の部品はかなり溶けていました。

寝ている間は、どういう状態になるかも分かりませんので
寝ている間に、ペダルを踏まないように方策をとってください。
この辺のことを十分考慮して行ってきてください。
お礼コメント
noname#25358

 大変重要な情報ありがとうございます。

 ご忠告に従い、寝るときは助手席で寝ることにしようと思います。
投稿日時 - 2001-11-24 03:04:07
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
購入や整備のポイント。車好きだから知ってる豆知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ