-PR-
解決
済み

春の七草

  • すぐに回答を!
  • 質問No.17248
  • 閲覧数2334
  • ありがとう数19
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 92% (533/574)

七草がゆを説明する文章を英訳しています。「せり」がJapanese parsley、「なずな」がshepherd's purseというのはわかったのですが、のこり(ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ)をどう訳せばいいのかわかりません。欧米に存在しないので対応する言葉も存在しない、ということが考えられますが、その場合単にローマ字表記にする以外に外国人に少しでもわかりやすい言い方があったら是非教えてください。
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4
レベル10

ベストアンサー率 54% (86/158)

欧米の人は学名に対してあまり抵抗感を持っていませんので、学名を使っては如何でしょう。
例えば「せり」は
SERI(Japanese parsly, Oenanthe stolonifera DC.)
  *但しOenanthe stoloniferaはイタリック体で標記
とすると良いと思います。英名の見つからないものは学名だけで良いでしょう。

それぞれの学名は以下の通りです。  
せり Oenanthe stolonifera DC.
なずな Capsella Bursa-pastoris Medicus
はこべら Stllaria media Cry.
ほとけのざ Lamium amplexicaule L.
ごぎょう Gnaphalium multiceps Wall.
すずな Brassica rapa L.
すずしろ Raphanus sativus L.

なお、学名は(属名 種名 命名者名)で成り立っており、属名、種名はイタリック体で表記することになっていますのでご注意を。

「はこべら」は「ハコベ」
「ごぎょう」は「ホオコグサ」
「すずな」は「カブ」
「すずしろ」は「ダイコン」
が正しい植物名ですが、七草の説明のときは元の名前をローマ字表記して良いと思います。  
お礼コメント
Wendy

お礼率 92% (533/574)

学名について詳しい説明をいただき、ありがとうございました。スペースの関係もあって学名を全部載せられるかどうかわかりませんが、このセンで行ってみようとおもいます。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
-PR-
-PR-

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 46% (1678/3631)

 植物図鑑には、七草にも、学名があり、載っているとは思いますが、それでは、外国の人にも分りにくいですね。  下のHPに、春の七草について、英語で説明しているのを見つけました。春の七草は春の7種類のハーブとなっていました。はこべらにも英訳があるようですね。 ...続きを読む
 植物図鑑には、七草にも、学名があり、載っているとは思いますが、それでは、外国の人にも分りにくいですね。
 下のHPに、春の七草について、英語で説明しているのを見つけました。春の七草は春の7種類のハーブとなっていました。はこべらにも英訳があるようですね。
お礼コメント
Wendy

お礼率 92% (533/574)

shoyosiさん、ありがとうございました。
ご紹介していただいたHP、英訳の参考にさせていただきます。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00


  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 41% (1452/3497)

セリ;Dropwort(Oenanthe javanica) ナズナ;Mother’s heart(Capsella bursapastoris) ゴギョウ;英名なし(Gnaphalium affine) ハコベラ;Chickweed(Stellaria neglecta) ホトケノザ(コオニタビラコ);英名なし(Lapsana apogonoides) スズナ(カブ);(Brassica ra ...続きを読む
セリ;Dropwort(Oenanthe javanica)
ナズナ;Mother’s heart(Capsella bursapastoris)
ゴギョウ;英名なし(Gnaphalium affine)
ハコベラ;Chickweed(Stellaria neglecta)
ホトケノザ(コオニタビラコ);英名なし(Lapsana apogonoides)
スズナ(カブ);(Brassica rapa)
スズシロ;Japanese raddish(Rephanus sativus)
英名の有無に関わらず、学名(ラテン名)を併記するのが親切でしょうネ。学名は世界共通語なので、どの国のデータベースででも検索が可能ですから。尚、学名ははじめの一文字だけを大文字、残りはすべて小文字のイタリック体で書くのが国際ルールとなっています。
以上Kawakawaでした
お礼コメント
Wendy

お礼率 92% (533/574)

確かに学名は世界共通語、正確さの点では一番ですね。どうもありがとうございました。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
  • 回答No.3
レベル8

ベストアンサー率 62% (22/35)

とりあえず、持っている野菜料理関係の本を調べて見た所、 セリはJapanese parsley または、Water dropwort なずなはShepherd's purse はこべらはChickweed すずなはLeaf of turnip すずしろはLeafof daikon radish と5種類についてはわかったのですが、肝心の2つがわかりませんでした。 ただ、現在は違う呼 ...続きを読む
とりあえず、持っている野菜料理関係の本を調べて見た所、
セリはJapanese parsley または、Water dropwort
なずなはShepherd's purse
はこべらはChickweed
すずなはLeaf of turnip
すずしろはLeafof daikon radish
と5種類についてはわかったのですが、肝心の2つがわかりませんでした。
ただ、現在は違う呼び名でいわれている事はわかりました。
ごぎょうは、「ははこぐさ」
ほとけのざは、「たらびこ」と呼ばれているそうです。かえって分かりにくいかも知れませんね。
あと七草がゆの作り方を書いておきます。
材料
米 2/3カップ
水 5 1/2カップ(1100cc)
七草合わせて200g
塩小さじ2杯
作り方
1、米は洗ってざるに上げておきます
2、米を土鍋に入れ水を加えて火にかけます
3、沸騰したら弱火にして1時間ほどゆっくり焚きます
4、七草は洗ってから5mmぐらいに刻みます
5、炊き上げたかゆに七草を入れ、塩で味付けします
世間では、松飾りをはずす7日に食べる七草がゆが有名ですが、昔は15日に食べる小豆がゆというのもあったそうです。
お礼コメント
Wendy

お礼率 92% (533/574)

お料理の本からせめるという手もあったのですね。
ありがとうございました。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
  • 回答No.5
レベル10

ベストアンサー率 54% (86/158)

七草の「ほとけのざ」に植物名「ホトケノザ」を書いてしまいましたね。七草の「ほとけのざ」は「タビラコ」が正しいです。
七草の「ほとけのざ」に植物名「ホトケノザ」を書いてしまいましたね。七草の「ほとけのざ」は「タビラコ」が正しいです。
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
この言い回しでうまく伝えられた!あなたの知識や経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ