OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

雷が鳴っている時に電話はいけないのか?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.171566
  • 閲覧数554
  • ありがとう数13
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 97% (1109/1140)

雷が鳴っている時に電話を掛けたら、感電すると母が言っているのですが、信憑性はあるのでしょうか?
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4
レベル13

ベストアンサー率 40% (404/988)

こんにちは。

『鳴っている』ときというわけではありませんが、『落ちたとき』は、その数億ボルト(だったかな?)の電気の一部が電線を伝わるわけですね。その電気が電話線だって通ってくるわけです。空気が最大の絶縁体なので、それすら突き抜けてくる雷には、どうしようもないです、ハイ。
ちなみに、電話機の場合受話器にスピーカがついているので、感電するのではなく、スピーカが大音響と共に青光りを伴い破裂します。十分ご注意ください。

★地面の方が流れやすいので、大半がそっちに流れるので、必ずしも壊れる、感電する、破裂する というわけではありませんので、ご安心を。


>受話器から全身に突き抜け、結局受話器に着けていた耳が聞こえなくなったと~
人間の体を突き抜けるためには、それなりの電圧が必要です。
電話線に、200Vの以上負荷を直接掛けると【電話線・電話機が発火】します。
電話機とはいえ、金属部分に直接接していません。200V以下では、空気を超えられないし、人間がどうこうなるレベルではないでしょう。参考までに。
でも、破裂して鼓膜が破れる&そのショックで意識がなくなることは、あります。単なるショックによる気絶ですね。(単なるとは書きましたが、決して笑い事ではない。)

でわ
お礼コメント
duckcall

お礼率 97% (1109/1140)

ありがとうございました。少し利口になった気がします。今後は雷が鳴っているときは、コードを引き抜き電話線に近寄らないようにします。
投稿日時 - 2001-11-22 10:50:38
-PR-
-PR-

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.1
レベル9

ベストアンサー率 34% (21/61)

信憑性は無いとは言えません。 落雷時は、電話線や、留守電やFAX、コードレス等電源を必要とする電話機については電源から、雷による過電流が流れ込むことがあります。ISDN回線を使用時は、落雷によってTAが壊れるというのはニュース等でも取り上げられて有名ですよね? 一応電話線には保安器と呼ばれるアースが付いていますが、実際にはあまり役立ってないようです。 ですから、落雷時には、やはりよほどの急用でも無い ...続きを読む
信憑性は無いとは言えません。
落雷時は、電話線や、留守電やFAX、コードレス等電源を必要とする電話機については電源から、雷による過電流が流れ込むことがあります。ISDN回線を使用時は、落雷によってTAが壊れるというのはニュース等でも取り上げられて有名ですよね?
一応電話線には保安器と呼ばれるアースが付いていますが、実際にはあまり役立ってないようです。
ですから、落雷時には、やはりよほどの急用でも無い限りは電話は使わないのが安全ではないかと思います。
お礼コメント
duckcall

お礼率 97% (1109/1140)

有難うございます。今思い出しましたがうちも過去に電話線に雷が落ちたことがありました。無知って恐ろしいですね。今後は雷が鳴っているときは電話を掛けないようにします。
投稿日時 - 2001-11-22 10:56:31
  • 回答No.2

私自身は当然経験ありませんが、その昔「私は誰でしょう」(この様なタイトル)と言うテレビ番組に、電話中に家の近くの電柱に雷が落雷し、受話器から全身に突き抜け、結局受話器に着けていた耳が聞こえなくなったと言う人が登場してました。 今は電柱より高い建築物は沢山ありますが、昔は電柱にはよく落雷したそうですし、以外と狭い範囲に落ちますので、近くに電柱より高い建物があっても電柱に落ちることがあり、信号機の鉄柱に落雷 ...続きを読む
私自身は当然経験ありませんが、その昔「私は誰でしょう」(この様なタイトル)と言うテレビ番組に、電話中に家の近くの電柱に雷が落雷し、受話器から全身に突き抜け、結局受話器に着けていた耳が聞こえなくなったと言う人が登場してました。
今は電柱より高い建築物は沢山ありますが、昔は電柱にはよく落雷したそうですし、以外と狭い範囲に落ちますので、近くに電柱より高い建物があっても電柱に落ちることがあり、信号機の鉄柱に落雷したのは私も見た事があります。
又、落雷の異常電流からパソコンを守る装置も市販されているくらいですので。

只、現在ではコードレスフォンが主流(私自身は敢えて使ってませんが)なのでその辺りどうでしょうか(笑)。でもラジオやテレビなどでは異常なノイズが発生しますので、それでも控えた方が無難だとは思います。
またそのテレビ番組には生死を彷徨い、三途の川で知人に声を掛けられたが断って生き返ったと言う人も出てましたので(笑)、その辺りもどうかとは思うんですが・・・。

ま、雑談はともかく、お母様は「電柱に落雷する」危険性を仰っているのだと思いますし、危険性はあると思います。
お礼コメント
duckcall

お礼率 97% (1109/1140)

有難うございました。今までは雷が鳴っていても電話を掛けていましたが、今後は掛けないようにし、相手から掛かってきたら、掛けなおすようにしてもらいます。母は私より電気に疎いので信用していませんでした。ごめんなさい。
投稿日時 - 2001-11-22 11:04:05
  • 回答No.3
レベル13

ベストアンサー率 43% (535/1229)

信憑性は、ありますというより、全くその通りです。 雷による被害は、落雷以上に誘導雷と言はれる現象の被害が大きいのです。 近くに雷雲があるときには、地上の長い金属導体に誘導と言う現象で高電圧が発生します。 もちろん誘導雷は、送電線にも発生しますが、電話線にも発生します。 ですので、雷が鳴っているときだけではなく、近くに雷雲があるときには、電気のコンセントに挿してある物や、電話機には、近づかないほうが ...続きを読む
信憑性は、ありますというより、全くその通りです。
雷による被害は、落雷以上に誘導雷と言はれる現象の被害が大きいのです。
近くに雷雲があるときには、地上の長い金属導体に誘導と言う現象で高電圧が発生します。
もちろん誘導雷は、送電線にも発生しますが、電話線にも発生します。
ですので、雷が鳴っているときだけではなく、近くに雷雲があるときには、電気のコンセントに挿してある物や、電話機には、近づかないほうが良いのです。
ちなみにパソコンも電気コンセントと電話のモジュラーから外しておいた方がよいでしょう。
お礼コメント
duckcall

お礼率 97% (1109/1140)

有難うございます。無知って恐ろしいですね。。今まで平気で電話を掛けていた自分が恐ろしいです。今後はコードも引き抜きます。
投稿日時 - 2001-11-22 10:53:14
  • 回答No.5

最近の電話の避雷針(と呼んで良いか疑問の部品)の性能が良くなったので.雷で電話が使えなくなることは減りましたが.昔は.毎年1-2回.使えなくなることがありました。 ということで.少なくとも年1-2回電話線に雷は落ちています。避雷針の性能にもよりますが.程度の差はあれ.人の近くまで.雷が流れてきて.数cm離れて.人がいますから.人に流れれば.感電します。 最近では.近くの変電所(直線で数百m.障 ...続きを読む
最近の電話の避雷針(と呼んで良いか疑問の部品)の性能が良くなったので.雷で電話が使えなくなることは減りましたが.昔は.毎年1-2回.使えなくなることがありました。

ということで.少なくとも年1-2回電話線に雷は落ちています。避雷針の性能にもよりますが.程度の差はあれ.人の近くまで.雷が流れてきて.数cm離れて.人がいますから.人に流れれば.感電します。

最近では.近くの変電所(直線で数百m.障害物がなければ見える位置にある)に落雷があったらしく.ここにつないでいる最中に.大きな音と共に電気が来なくなり.コンピューターが止ってしまうこともありました。
家庭用の電灯線にも落雷があるようです。この日近所の電話機が何台か壊れて動かなくなりました。人が感電する(ゴルフ中の1名を除くと患者例無し)ことよりも電話機が壊れる回数(2桁)が多いのです。
お礼コメント
duckcall

お礼率 97% (1109/1140)

有難うございました。そういえば、過去に電話線に雷が落ちて使えなくなったことがありました。今後は雷が鳴っているときは電話を掛けないようにします。
投稿日時 - 2001-11-22 10:46:43
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ