OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

筋肉について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.171309
  • 閲覧数111
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 23% (3/13)

「筋の活動レベル」と「筋繊維組成」について教えてください。本を読んでいて、分からなかったので。お願いします。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル6

ベストアンサー率 18% (2/11)

「筋線維組成」(正しくは「繊維」ではありません)とは筋肉中に速筋、遅筋、あるいはその中間の筋、のそれぞれの線維が本数で何パーセントずつあるのかを表したものです。ふつう、短距離走が得意な人は速筋の割合が高く、長距離走の得意な人は遅筋の割合が高いとされています。また、この組成比率は先天的に決まっており、トレーニングによって変化しないと一般に考えられています。(変化するという報告もあります)
「筋の活動レベル」というのはその単語だけでは何のことかわかりません。どのような文脈で用いられているのでしょうか。
お礼コメント
lomu

お礼率 23% (3/13)

ありがとうございました。漢字間違ってました。すみませんでした。筋の活動レベルがでていたのはは、筋力を決定する因子は(1)筋の断面積(2)筋の活動レベル(3)筋線維組成とありました。
投稿日時 - 2001-11-25 10:22:24
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2
レベル6

ベストアンサー率 18% (2/11)

筋肉が力を発揮するためには、脳から出た電気的信号が脊髄、運動神経を通って筋線維に達することが必要ですが、活動レベルというのはその信号の強弱を言います。信号が強いほど、1本の線維の発揮する筋力が強くなり、また動員される線維の数も多くなります。(運動にあたって、いつでもすべての筋線維が使われているわけではありません。弱い運動であれば、遣われていない線維もあるのです。弱い運動なら遅筋が、強くなるにつれ速筋が徐々 ...続きを読む
筋肉が力を発揮するためには、脳から出た電気的信号が脊髄、運動神経を通って筋線維に達することが必要ですが、活動レベルというのはその信号の強弱を言います。信号が強いほど、1本の線維の発揮する筋力が強くなり、また動員される線維の数も多くなります。(運動にあたって、いつでもすべての筋線維が使われているわけではありません。弱い運動であれば、遣われていない線維もあるのです。弱い運動なら遅筋が、強くなるにつれ速筋が徐々に使われるようになります。)
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
得意なスポーツについての豆知識や経験談を教えてください!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ