OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

会社での悩みについて

  • すぐに回答を!
  • 質問No.170896
  • 閲覧数53
  • ありがとう数7
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 71% (46/64)

私は今微妙な事で悩んでいます。私は会社に入って2年になるんですが
今一、人と心を割って話せず困っています。この時期、急に気になり始めたのは
今年の新入社員の子と一緒に仕事をしていかなくてはならず、(私の方が1個下)
その子は誰とでも話していける子で、自分の性格がコンプレックスでしょうがないです。
たいした悩みじゃないのかもしれませんが同じ様な悩みを持つ方がいましたら、どうか、アドバイスをお願いします。
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4
レベル12

ベストアンサー率 37% (184/497)

こんにちは!
その職場の雰囲気や人間関係にもよりますが、職場で「人と心を割って話す」事は、わたし個人としてはむしろおすすめできません。
仕事という、プロとしてお金を得る為にしている作業をする場で、個人的な心を開け広げる必要は無いと思うのです。これは経験上の考えです。
d-loopさんが自己を比較していらっしゃる新人女性も、もしかしたら心など開いていなくて、社交辞令が上手に使えるだけかもしれないですよ。
心を開いて(腹を割って)話せるのは、家族や友人だけで充分だと思えます。
そうは言っても感情の生き物・人間です。仮に職場でそう思える人(性別や年齢や地位は関係なく)が現れれば、自然と心を割っている事でしょう。
わたしは職場で知り合った友人と10~20年を超える付き合いを続けていますが、やはり真に仲良くなったのは、お互いに退職してからのように思えます。
コンプレックスなど感じる必要は全く無いので心配などせずに、マイペースで仕事に励んで下さい。
人は人、自分は自分です。
お礼コメント
d-loop

お礼率 71% (46/64)

adelaideさん、本当にありがとうございます。
きっと私は自分の性格に自信が持てないという前に仕事に対するプロ意識に
欠けていたように思います。これからは奥の自分を磨いていけるよう
がんばっていこうと思います。
勇気をくれてありがとうございました。
投稿日時 - 2001-11-19 21:53:02
-PR-
-PR-

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 18% (45/246)

私は男性ですが、私も他人となかなか打ち解けることができないタイプの人間です。多分に新人の方と自分を比較したことで、ご相談のような気持ちが芽生えたように思います。私は気にされる必要はないと思います。打ち解けやすいのも打ち解けにくいのも、すべて人間の個性です。優劣がつけられないものです。社会人になってからは特に、心と心でつきあえる人間と出会うこと事態が稀で、あなたの環境は極めて普通の環境だと考えます。お勤め人 ...続きを読む
私は男性ですが、私も他人となかなか打ち解けることができないタイプの人間です。多分に新人の方と自分を比較したことで、ご相談のような気持ちが芽生えたように思います。私は気にされる必要はないと思います。打ち解けやすいのも打ち解けにくいのも、すべて人間の個性です。優劣がつけられないものです。社会人になってからは特に、心と心でつきあえる人間と出会うこと事態が稀で、あなたの環境は極めて普通の環境だと考えます。お勤め人でいらっしゃるようなので、それならば第一はあなたが社会人として自立し、仕事を通じて自己実現をして行くためにその会社でどのようにスキルアップを図るかを考え、そのイメージの中に広く人付き合いをする必要性を感じたら、初めてそうした付き合いを積極的に行えばよいのです。例えば忘年会にしても(私もあまり参加したくないのですが)、社内のほかの部署の方々に自分を営業する(売り込む)機会として捕らえるならば、結構有意義なものになるといえないでしょうか? それからあなたのような方は、上手な聞き役になれるようにも思います。会社の人間10人が10人とも開放的な人ばかりでもやはり困りものです。まずご自分の性格を肯定されて、その上でこの会社で何ができるかお考えになれば、良い方向の結論が出ると私は信じます。恐らく3年目以降、どの社員が会社にとって有意義な人材かの選別が始まることでしょう。その時、あなたが光っていれば、現在の悩みは自然と解消されていることと思います。まだまだ何者でもない代わりに何者にもなることができるd-loopさん、是非前向きに仕事をして下さい。
お礼コメント
d-loop

お礼率 71% (46/64)

Madoushiさん、本当にありがとうございます。この頃、ずっと人との付き合いで
悩んでいたので、少し人間嫌いが入っていましたがMadoushiさんのように、お会いしたこともないのに親身になってくれる方がみえて心が少し優しい気持ちになれました。悩み始めてから、とても世界が狭くなってしまっていた様に思います。
人目ばかり気にせず、マイペースでがんばっていこうと思います。
勇気をくれてありがとうございました。
投稿日時 - 2001-11-19 21:43:59
  • 回答No.2
レベル12

ベストアンサー率 23% (201/841)

他人は他人、自分は自分と割り切ってみてはいかがですか? そりゃあ、他人の長所を見習うのもいいでしょうが、すべて完璧な人間なんていないわけですから。自分の長所を見つけ、そこを磨くことに専念したほうがいいと思います。少なくとも、自分に似合わないことをしたって、くたびれるだけなので、やめたほうがいいでしょう。 それと、他人と心を割って話せない(というか話さない)という点では、僕も同じですが、会社生活なんてそ ...続きを読む
他人は他人、自分は自分と割り切ってみてはいかがですか?
そりゃあ、他人の長所を見習うのもいいでしょうが、すべて完璧な人間なんていないわけですから。自分の長所を見つけ、そこを磨くことに専念したほうがいいと思います。少なくとも、自分に似合わないことをしたって、くたびれるだけなので、やめたほうがいいでしょう。
それと、他人と心を割って話せない(というか話さない)という点では、僕も同じですが、会社生活なんてそんなものです。僕は会社は仕事をして金をもらうためだけの場所だと思っており、他人と心を割って話すのは、家庭(もしくは会社とはなんの関係もない友人)だけで充分と考えています。
いずれにしても、堅苦しく考えるのはよしたほうがいいです。
お礼コメント
d-loop

お礼率 71% (46/64)

shikakuhonpoさん、本当にありがとうございます。
悩みだしてから、本当に世界が狭くなって人は人と思えなくなっていました。
shikakuhonpoさんのように、私も割り切る気持ちを持って多分時間がかかると思いますが、自分は自分と思えるよう努力してみたいと思います。
投稿日時 - 2001-11-19 22:03:16
  • 回答No.3
レベル4

ベストアンサー率 0% (0/5)

まず 年齢のことですが、例え後輩でも年上の人には敬語を使い接するべきだと思います この事で全て割り切れないでしょうか 自分は年上だから、先輩だからとその人より常に上に立たないといけないという 自分へのプレッシャーを消すべきです お互いにまだその仕事に対しての経験は浅いのですから  但し、自分のこの1年間での経験は自信を持って伝えるべきです このように細かく分けられてはいかがでしょうか 社交的な ...続きを読む
まず 年齢のことですが、例え後輩でも年上の人には敬語を使い接するべきだと思います
この事で全て割り切れないでしょうか
自分は年上だから、先輩だからとその人より常に上に立たないといけないという 自分へのプレッシャーを消すべきです
お互いにまだその仕事に対しての経験は浅いのですから
 但し、自分のこの1年間での経験は自信を持って伝えるべきです
このように細かく分けられてはいかがでしょうか
社交的なのは 後輩の方の経験から出てきたものではないでしょうか
ご自分の経験を活かして接せられるべきです
また 社交的になりたいのであれば 今日から社交的になる事の新人として努力をスタートされるべきです
今の自分と今までの自分の経験と努力に自信を持たれるべきです
お礼コメント
d-loop

お礼率 71% (46/64)

MICTRさん、この度はありがとうございます。
自分でも少し気付いていたんですが、私は薄っぺらいプライドのせいで
後輩に対してライバル意識をむき出しにしていた気がします。
いつも、後ろ向きな自分を捨てるべく、明日から積極的に話して行きたいと
思います。多分、急には無理だと思うのでゆっくりがんばります。
本当にありがとうございました。
投稿日時 - 2001-11-19 21:56:12
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ