OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

世界の『時代劇』

  • 暇なときにでも
  • 質問No.170763
  • 閲覧数87
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 90% (19/21)

例えば日本の『時代劇』のように、その国独自の定番映画/ドラマ、みたいな物がありますよね。
アメリカなら『西部劇』とか、メキシコの『ルチャ・ムービー』とか。

こういう映画って、他の国々にもあるものなのでしょうか?
あるとすればどんなものなのでしょうか。教えてください。是非、知りたいです!

一応条件としては、チャンバラもしくはそれに類するシーンがあることが望ましいですが、無くても別に構いません(^^;
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル6

ベストアンサー率 87% (7/8)

香港の「カンフー」も(特に初期ジャッキー・チェンとかサモ・ハン・キンポーのやつは判りやすいですね)、もちろん日本の「時代劇」に相当するものなのですが、そのルーツはというと、いわゆる“武侠もの”というジャンルになります。
心技体を鍛え抜いた剣豪(「心」の方面が全然ダメなヤクザも多く出てきますが)が、超人的なアクションを繰り広げる伝奇物語だと思ってもらえればいいでしょう。
昨年公開された『グリーン・デスティニー』は、現在世界を舞台に活躍するアン・リー監督が、自分が観て育った武侠ものへのノスタルジーから作り上げたSFXアクション大作でしたが、人が空を翔るなんてこと、本国では昔々からやってるのが凄い。
アン・リーは台湾出身ですが、香港や台湾だけでなく韓国や中国でも“武侠もの”は作られており、おそらく過去に歴史を共有したあの文化圏共通のものなのでしょう。
ビデオでは、巨匠といわれるキン・フー監督の『龍門客桟』『侠女』『スウォーズマン』などが出てます。悠揚たるテンポについていければ、最高の映画です!
もっとも、現代の香港でも『ストームライダース』とか、リー・リンチェイの「レジェンド・オブ・フラッシュファイター」などが作られていますが。
お礼コメント
ARC

お礼率 90% (19/21)

どもども、ご紹介いただいた映画、是非見てみたいです~。

「武侠物」ですかぁ。確かに中国では三国志演義に代表される英雄大暴れ物の伝統がありますもんねぇ。

そういった英雄憚が芸能となって受け継がれ、それがうまく映像の世界に取り入れられた、っていう流れなんでしょうか。日本の場合も、浄瑠璃とか講談といった芸能の流れで時代劇が作られ、民衆に受け入れられたのかもしれませんねぇ。


でも、英雄憚ならそれこそ世界中にあるはず。それが同じような流れで各国の「時代劇」になった例もきっとあると思うんです。
そういった面白い情報や「時代劇」にとらわれず、その国独自のユニークな映画の情報も、引き続き募集いたしますので、お気軽にお書きください。>これを読んでる方(^^)/


最後になりましたが、maconさん、ご回答頂き、どうもありがとうございましたm(__)m
投稿日時 - 2001-11-19 16:26:57
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル13

ベストアンサー率 42% (465/1093)

現在は少し状況は違うと思いますが。 『香港』の『カンフー』ものとか、いかがでしょう? ウーン、なんでもかんでもカンフーものにしてしまうって意味でもありましたが。 (^^;) ...続きを読む
現在は少し状況は違うと思いますが。

『香港』の『カンフー』ものとか、いかがでしょう?
ウーン、なんでもかんでもカンフーものにしてしまうって意味でもありましたが。
(^^;)
お礼コメント
ARC

お礼率 90% (19/21)

あ、そうですよね。カンフー(笑)。
カンフー大好きなんですよ~。リー・リンチェイ、カッコ良すぎです!

ご回答ありがとうございました!
投稿日時 - 2001-11-18 21:40:56
  • 回答No.3
レベル12

ベストアンサー率 39% (276/696)

ご存知かとは思いますが、やはりリー・リンチェイ(ジェット・リー) 「ラスト・ヒーロー・イン・チャイナ」 清朝末期に実在した英雄ウォン・フェイフォン(黄飛鴻)の物語。 (いわゆるツイ・ハークのワンチャイに対してはこれはパロディ的位置付けらしい…鶏拳には参った) 「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ」シリーズもこの人ですよね、たしか。 このモデルのヒーローは、 日本でいうと清水の次郎長とか ...続きを読む
ご存知かとは思いますが、やはりリー・リンチェイ(ジェット・リー)
「ラスト・ヒーロー・イン・チャイナ」
清朝末期に実在した英雄ウォン・フェイフォン(黄飛鴻)の物語。
(いわゆるツイ・ハークのワンチャイに対してはこれはパロディ的位置付けらしい…鶏拳には参った)
「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ」シリーズもこの人ですよね、たしか。
このモデルのヒーローは、
日本でいうと清水の次郎長とか、遠山の金さん的にメジャーなので、
TVも映画も無数にあるらしいです。
補足コメント
ARC

お礼率 90% (19/21)

皆さん、ご回答ありがとうございました。
実はもう少し多彩な答えを期待していまして、質問を開けっ放しにしていたのですが、今回のところはそろそろ閉じることに致します。

台湾の方にも似たような定番ドラマがあるとかいう話も小耳に挟んだのですが、まだ確認には至っていません。

インド映画も一種独特ですよね。チャンバラは無いにしても、なんか皆、踊りだすし(笑)。

ってことで、繰り返しになりますが、ご回答本当にありがとうございました。
ポイントの方は、かなり悩んだのですが、gazeruさまとmaconさまに差し上げることにしました。
baianさま、どうかお気を悪くなさらないで下さいまし。m(__)m

それでは! 今後ともよろしくお願いします。
投稿日時 - 2001-12-14 02:45:48
お礼コメント
ARC

お礼率 90% (19/21)

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ」、好きなんですよ~
初めてこの映画をTVで観たときに、口が半開きになってしまい、背筋がぞくぞくしてきたのを思い出します(^^;

黄飛鴻ものっていうジャンルがあるんですねぇ。
情報、ありがとうございました!
投稿日時 - 2001-11-22 00:02:21
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ