OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

色彩論

  • 暇なときにでも
  • 質問No.1705
  • 閲覧数319
  • ありがとう数35
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 37% (22/58)

色彩論にはいろいろあると思うのですが、誰が書いたものが初めなんでしょうか?
ゲーテとニュートンも確か色彩論を書いていたと思うのですが、両者の違いはどこにあるのでしょうか?
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全2件)

  • 回答No.1

ニュートンの「光学」(1704年)とゲーテの「色彩論」(1810)ですね。 その辺りに関連した興味深い読み物としては、「色彩の科学」、「色彩の心理学」(ともに金子隆芳著、岩波新書)があります。前者は、ニュートン、後者はゲーテを扱っています。
ニュートンの「光学」(1704年)とゲーテの「色彩論」(1810)ですね。
その辺りに関連した興味深い読み物としては、「色彩の科学」、「色彩の心理学」(ともに金子隆芳著、岩波新書)があります。前者は、ニュートン、後者はゲーテを扱っています。


  • 回答No.2
レベル10

ベストアンサー率 52% (57/109)

蛇足です。『色彩論』という本で、ゲーテは、ニュートン光学に反対して色彩論を創始したみたいです。だから、この以前にニュートン光学はありましたが、この言葉自体はゲーテ、です。ニュートンは、白色光を7つの色彩に分類でき。るとしていますが、ゲーテは、心理的に現れる色彩は、科学的な理論とは異なるとして、(黄、青、赤の)三原色説を作ったみたいです。絵画の、マネなどの印象派にも影響を与えたとか、何かで読んだ気がします。 ...続きを読む
蛇足です。『色彩論』という本で、ゲーテは、ニュートン光学に反対して色彩論を創始したみたいです。だから、この以前にニュートン光学はありましたが、この言葉自体はゲーテ、です。ニュートンは、白色光を7つの色彩に分類でき。るとしていますが、ゲーテは、心理的に現れる色彩は、科学的な理論とは異なるとして、(黄、青、赤の)三原色説を作ったみたいです。絵画の、マネなどの印象派にも影響を与えたとか、何かで読んだ気がします。これ以降、T・ヤングとヘルムホルツは、赤、緑、青としたような気がします。この二人がどう違うかは、忘れました。
 しかし、色彩論は、認識に関するものなのでこれ以前の哲学や科学も、基礎になっていると思います。だから、デカルトとか、ガリレイの研究も関係あるのではないでしょうか。認識論に関して、ロックの『人間知性論』だとか、ヒュームの『人間本性論』(ヒュームはニュートンよりは後かな)とか。以上で、暇つぶしの蛇足は終わります。シツレイしました。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ