OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

遺族年金についてですが・・・。

  • すぐに回答を!
  • 質問No.169646
  • 閲覧数29
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 7% (4/54)

友人に聞かれたのですが、その方は子供2人と旦那さんと暮らしていてお互いに働いていて別々の社会保険にはいっています。子供は2人共旦那さんの扶養になっています。もし、友人が死亡した場合に家族には遺族年金は支払われるのでしょうか?この質問の仕方で良いのかどうか分からないのですが、詳しい方教えて下さい。宜しくお願いします。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 34% (1527/4434)

 遺族年金は、亡くなった人によって生計を維持されていた場合に、妻とか子供がその後の生活のために支給される制度ですので、ご質問の場合は、お子さん2人はご主人によって生計が維持されていましたので、遺族年金の支給対象にはなりません。死亡一時金のみの支給です。
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2

この場合は、ご主人が無くなると、妻に遺族厚生年金と、子供には遺族厚生年金の加算金の受給資格が有ります。 但し、妻の前年度の所得が850万円以下の場合、子供は父親の死亡時に18歳未満という条件が付き、18才に達すると打ちきられます。 又、妻は60才(生まれた年により違います)になり、自分の老齢厚生年金の受給資格が出来た時には、老齢厚生年金か遺族厚生年金の有利な方を選択することになります。
この場合は、ご主人が無くなると、妻に遺族厚生年金と、子供には遺族厚生年金の加算金の受給資格が有ります。
但し、妻の前年度の所得が850万円以下の場合、子供は父親の死亡時に18歳未満という条件が付き、18才に達すると打ちきられます。

又、妻は60才(生まれた年により違います)になり、自分の老齢厚生年金の受給資格が出来た時には、老齢厚生年金か遺族厚生年金の有利な方を選択することになります。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ