OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

Xlib.h Not Found

  • すぐに回答を!
  • 質問No.169096
  • 閲覧数852
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 26% (60/226)

postgreSQL7.1.3
RedHatLinux7.1J

Tcl/Tkインターフェースのlibpgtclをインストールしようと思い、
configure→makeと進んだところ、makeにて
/usr/include/tk.h:83:29: X11/Xlib.h: No such file or directory
というエラーが出てしまいます。
findで全てのディレクトリーを調べてみましたが、確かにどこにもありません。

どうやったらXlib.hをインストールできるのでしょうか。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル9

ベストアンサー率 54% (39/72)

インストールにCD-ROMかなにかを用いたならば、そのバイナリCDを用意し、その中からXFree86-devel-xxxi386.rpmというような名前のファイルが無いかどうか探してみてください。

そのファイルをrpm -Uvh XFree86-devel-xxxxi386.rpmとかするとインストールできると思います。依存関係の問題で実行できない場合はエラーメッセージでなにかを入れろと出てくるので対応するrpmパッケージをインストールしてください。

私の手元の環境はKondara2.0なのでRedHat 7.1Jとは多少パッケージ名が違いますが、私の環境では次のようになりました。

bash$ rpm -q -f /usr/X11R6/include/X11/Xlib.h
XFree86-devel-4.0.3-24k

ということなのでKondara2.0の場合はXlib.hはXFree86-devel-4.0.3-24k.i586.rpmに含まれているようです。
お礼コメント
masamisss

お礼率 26% (60/226)

ありがとうございました。
解決しました!
投稿日時 - 2001-11-15 17:29:05
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル9

ベストアンサー率 54% (39/72)

通常X関係のインクルードファイルは/usr/X11R6/include/X11にあり、/usr/include/X11はそこへのシンボリックリンクになっていると思います。 それが無いのは多分インストールするときにいれなかっただけかと思います。 X windowの開発環境などをOSのインストール時にいれましたか? ...続きを読む
通常X関係のインクルードファイルは/usr/X11R6/include/X11にあり、/usr/include/X11はそこへのシンボリックリンクになっていると思います。

それが無いのは多分インストールするときにいれなかっただけかと思います。
X windowの開発環境などをOSのインストール時にいれましたか?
お礼コメント
masamisss

お礼率 26% (60/226)

ありがとうございます。

X windowの開発環境は入れていません。
インストールするにはどうしたらよろしいのでしょうか?
投稿日時 - 2001-11-15 15:11:32
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ