総ありがとう数 累計4,284万(2014年10月24日現在)

毎月4,000万人が利用!Q&Aでみんなで助け合い!

-PR-
rou-shi

インド仏教と日本仏教の共通点や相違点を教えてください。
日本では、お盆やお彼岸がありますが、インドにもあるのでしょうか。
また、お墓を作る思想はインドにもありますか?
除夜の鐘もインドにあるのか・・・知りたいことがいっぱいあります。
どんな小さなことでもいいので教えてください。
  • 回答数10
  • 気になる数0

Aみんなの回答(全10件)

回答 (全10件)

  • 2005-10-03 23:48:20
  • 回答No.5
一時はインドの国教となった仏教は5世紀ごろに宗教弾圧を受け、多くの仏教家がインド国外へ流出してしまいます。
また、14世紀ごろのイスラム教徒の侵入で偶像を否定するイスラムの教えによって寺院や仏像が破壊され、事実上、インドでの仏教が消滅します。
現在のインド国内の仏教は、周辺諸国(バングラディシュなどの東南アジア諸国)からの再流入です。
通報する
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 2005-10-03 08:00:00
  • 回答No.4
#1です。

 お礼とコメント有り難うございました。

 煩悩の数に関してですが、数に関してはインド由来ですね。それを大晦日という節目の行事にするというのは中国の考え方で、広く行なわれるようになったのは日本という、3カ国合作みたいな行事です。行事ひとつとってもこういう具合ですので、興味深いというかややこしいというか・・・面白いものです。「中国経由」というのも、日本仏教を見る上での重要な点ですね。

 インドでも学派によって煩悩の数は変化があり、一定ではないですね。108煩悩の数の出し方も数説あります。(←すべては知らないです。)
 一説には(細かい用語に関しては手元に資料がないのですが・・・)、六根(=感覚器官と心。眼・耳・鼻・舌・身・意)が六塵(六根それぞれの対象。色・声・香・味・触・法)に対したとき、それぞれに好・悪・平が生じるので18種類、その18種には染・浄の2種があり36種、さらに過去・現在・未来の三世でカウントするので108種類ということになるらしいです。
 除夜の鐘は中国の宋の時代に始まり、日本の行事はそれが伝わったものだろうと言われています。
 では。
通報する
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 2005-10-03 04:54:23
  • 回答No.3
 >仏教がインドで衰退したのは、何か意味があったのでしょうか?

 そもそも釈迦の出世(偉くなる事ではなく、『この世に生まれ出た理由』の事)の理由からして、いずれ衰退するのは目に見えていた事だと思われます。
 それは、釈迦はあくまで人類救済を謳わず、遥か昔に成仏(死ぬ事ではなく、文字通り『仏になること』。成仏得度とも言う)し損ね、長い長い時を経て再び人として生まれた者を改めて仏の教えに導き、成仏させる事を目的とした仏だったからです。
 逆に言えば、こうした人々がことごとく成仏してしまえば、釈迦としての目的は達せられてしまうので、その後の繁栄などは全く考えられないのは当然の事、衰退は当然の道だったように思います。このことは釈迦自身が経文の中で、「白法隠没(ビャクホウオンモツ)」といって、いずれ自分の教えが隠れて没してしまう事を予言しています。

 聞きカジリですのであまり本気にしないで下さい。
 人づてでこんな話を聞いた事があります、ということで。
通報する
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 2006-04-05 16:03:05
  • 回答No.10
インドでは仏教が滅んでいますので答えにくいですね。お盆はスリランカでもありますが日本のお盆とは随分違います。お墓は当然ありますがrou-shi様が知りたいのは本家本元と日本の諸宗派がどれだけ隔たっているか、または隔たっていないかということではないでしょうか

結論をいえば当時の教えはどこの国でも正しく伝わっていません。大乗・小乗ともに仏陀の教えを伝えている部分と失った部分を持っています、どちらが正しいという問題ではありません。また形式については地域と時代により大きく変わるのが当然のためインドにない習慣が日本にあるといっても始まりません、要は教えの中身が大事なわけです

しかしその中身も時代や地域に合った教えでなければ救済にはなりません。理解できない教えで救われるはずもないですし納得できない教えを実践できないからです

トリビア的にいえば
仏像-アレキサンダー大王の遠征でギリシャの神像カルチャーが伝わりできました。それ以前は仏塔に礼拝していました
本尊-本来は釈尊のみ、中国・日本では諸仏あります
袈裟-柿色の意味です。出家者は死者を巻く布を拾って柿色に染めて着衣としました
出家-本来は家を出て屋根の下で寝ないという意味です
法華経-知的に高くないカルトの人々によって編纂された教典。中国・日本ではクマラージュの名訳で格調の高い御経として人気

以下参考までに
小乗(上座部)仏教
出家者は戒律をよく守り則を越えないため在家とは違うオーラをもつ
在家の救済は出家者に布施することで開かれるため菩薩になるというダイナミックな成仏は説かれない。また仏陀の立場が大乗より弱い

大乗(大衆部)仏教
信の教えで門戸が広い。人間釈迦は地上での仮の姿でありその本質は久遠の仏とする。超越者を信仰するキリスト教はじめ世界の大宗教と同様の信仰形態である
反面、修行や教学が薄くなり、近代その弱点をついた邪教を多数輩出した
(○○を唱えれば救われる、○○で病気が治る、曼陀羅は○○、etc)

密教(金剛乗)
インドで仏教からのドロップアウト組が土着宗教をとりいれて作った教えで元もとは仏教ではない。中国へ仏教と共に伝来したため仏教の宗派の一つとなる
超人的体験を重視するため現代では超能力系・御利益系邪教を生みやすい(因縁を断つ、オ○ム教,etc)
通報する
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 2005-10-04 21:44:40
  • 回答No.7
No.6の方のおっしゃる事が理解できません。

「月の国の仏教である釈迦仏教は月の運行と同じく西から東に流布してきたのです」

日蓮の残した文書には、そういう記述があるとは聞いていますが、
月は北極軸の上空から見た場合、地球を反時計回りに公転しています。
地球は同じく反時計回りに自転していますので、地球上では月は東から西に移動するはずです。
通報する
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
10件中 1~5件目を表示
  • 回答数10
  • 気になる数0
  • ありがとう数20
  • ありがとう
  • なるほど、役に立ったなど
    感じた思いを「ありがとう」で
    伝えてください

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

別のキーワードで再検索する

あなたの悩みをみんなに解決してもらいましょう

  • 質問する
  • 知りたいこと、悩んでいることを
    投稿してみましょう
-PR-
-PR-
-PR-

特集

専門医・味村先生からのアドバイスは必見です!

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

  • easy daisy部屋探し・家選びのヒントがいっぱい!

-PR-
ページ先頭へ