OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

経済と経済学の違いとは?

  • 困ってます
  • 質問No.168148
  • 閲覧数1640
  • ありがとう数8
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 93% (15/16)

私は今、経済学部の一年です。教養演習という科目を受講しているのですが、「経済と経済学の違い」というのが課題として出されています(期限はいつまでと言うことはないようなのですが・・・)。ここでの「経済」というのは、高校で習う「現代社会」や「政治経済」で、「経済学」というのが大学での経済らしいのです。高校での勉強は、答えのある勉強。大学での勉強は、決して正しい答えが用意してあるものではなく、自分たちで考え、調べるもので人から教わるものではない。先生から学ぶのは、意欲や手段ではないかと私は考えています。では、「経済と経済学の違い」とはいったい何なのでしょう。いろいろな意見を待っています。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル5

ベストアンサー率 14% (1/7)

別に難しく考えることはないと思います。
「経済」は実際の社会で起こっている経済現象や経済活動のことです。
例えば、マクドナルドでハンバーガを買ったり、カラオケに行ったりするのも「消費」という経済活動です。また、企業が投資したり、政府が何らかの政策を行ったりするのも経済活動です。こういった活動が営まれる社会経済システムを「経済」と捉えましょう。
他方、「経済学」は「経済」の法則を研究する“学”問です。例えば、吉野屋が牛丼を値下げしたら、利用者が増えた、という経済現象の背後にある法則を研究する学問です。この場合、価格が下がると需要が増える、というのが一般的な法則です。
また、経済学は、法則を抽出する理論経済学、理論の応用である経済政策学、経済現象を史的に捉える経済史学、の3つに分類できます。

まだ、1年生なので、時間をかけてじっくりと勉強して下さい。経済学は本当に面白い、役立つ学問です。
(石川秀樹氏の本をお奨めします。参考URLを見てください)
お礼コメント
rahuransu

お礼率 93% (15/16)

早速の回答、ありがとうございます。ホームページにアクセスしてみます。
まだ専門の講義が少なく、詳しく勉強しているわけではないので、分からないことだらけなのですが、頑張ってみます。
投稿日時 - 2001-11-14 21:01:28
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 43% (86/199)

補足的コメントと思って聞いてください。 masajiさんがおっしゃるように、経済は いわゆる経済現象といわれるものすべてのことだと思います。 金利がどうなったとか、 為替がどうなったとか、 地価が下落したとか、 物価が下がったとか。 あるいは消費動向はどうなったとか、 不景気だとか景気だとか。 経済を説明する現象や状態や指数はたくさんありますよね。 それに対して、経済学とは、理論的 ...続きを読む
補足的コメントと思って聞いてください。
masajiさんがおっしゃるように、経済は
いわゆる経済現象といわれるものすべてのことだと思います。
金利がどうなったとか、
為替がどうなったとか、
地価が下落したとか、
物価が下がったとか。
あるいは消費動向はどうなったとか、
不景気だとか景気だとか。
経済を説明する現象や状態や指数はたくさんありますよね。

それに対して、経済学とは、理論的に、あるいは実証的に(実際のデータを使って)それらの『経済』を説明する学問です。
または、『経済』を説明するための理論モデルを構築したり、
理論モデルの妥当性を実際のデータを使って判断する学問のことだと思います。
分野もいろいろありまして、取り扱っている対象別に、
企業論、労働経済学、国際経済学、開発経済学、金融、計量経済学、
数理経済学、ゲーム論などいろいろあります。
お礼コメント
rahuransu

お礼率 93% (15/16)

そうですね。まだ、何となくですが分かるような分からないような・・・。
経済と経済学の違い・・・。経済学とは「学問」と呼ばれるもののことなのでしょうか?もう少しいろいろ調べてみようと思います。回答いただいてありがとうございます。参考にさせていただきます。
投稿日時 - 2001-11-14 21:05:35


  • 回答No.3

皆さんのお答えと重複してしまいますが 「経済を学ぶ」とは、経済に関する「現象」から学ぶことであり 「経済学を学ぶ」とは、経済に対して過去に成された「解釈」を学ぶことだと思います。 大学の「経済学」で最初に学ぶのは、だいたい「ケインズの経済学(マクロ経済学)」です。 ジョン・メイナード・ケインズは、1920年から30年代頃にかけて 好況転じて長期不況へと落ち込んだイギリス経済の分析に奮闘した学 ...続きを読む
皆さんのお答えと重複してしまいますが
「経済を学ぶ」とは、経済に関する「現象」から学ぶことであり
「経済学を学ぶ」とは、経済に対して過去に成された「解釈」を学ぶことだと思います。

大学の「経済学」で最初に学ぶのは、だいたい「ケインズの経済学(マクロ経済学)」です。
ジョン・メイナード・ケインズは、1920年から30年代頃にかけて
好況転じて長期不況へと落ち込んだイギリス経済の分析に奮闘した学者で
彼の分析こそが、現在の経済学の原点となっています。
それ以後は、ケインズの経済学を、より洗練させたり
アレンジしたり、より細かく専門家したり
あるいは彼を乗り越えようとしたりとする学問的歴史があって
これが所謂「経済学を学ぶ」ということだと思います。
ここで学んだ知識を生かして、現在の目の前の経済現象を
自分なりに解釈していくのが
一般的に「経済を学ぶ」ということだと思います。
もちろん「経済学的知識」がなくなって経済を解釈することは出来ます。
日経を読んだって、コンビニの店頭をウォッチしたって
経済は解釈できます。
経済とは、あなたの現在の日常を取り囲む現象であり
あなた自身が見て、感じとり、考え、解釈するコト。
経済学とは、あなたの考えや解釈を助け、深めるための過去の知識。
先生から学ぶのは、というか自分なら教えて欲しいのは
「現在の経済現象」と「過去の経済知識」を束ねるような「視点」ではないかと考えます。
お礼コメント
rahuransu

お礼率 93% (15/16)

うーん。頭がこんがらがってきそうですね・・・。経済に学が付くか付かないかで、こんなに悩むことになろうとは、思ってもいませんでした。何となく分かってきたような気がします。回答してくださってありがとうございます。参考にさせていただきます。
投稿日時 - 2001-11-14 21:09:49
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ