OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

軟X線領域のフィルムバッチみたいなもの

  • すぐに回答を!
  • 質問No.165061
  • 閲覧数281
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 79% (104/131)

10keVオーダーのエネルギーのものは知っているのですが、1keV以下のエネルギー領域のフィルムバッチについての情報を教えてください。

文献でもモノの名前、材料、なんでもいいです、よろしくおねがいします。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル8

ベストアンサー率 40% (12/30)

フィルムバッチというと個人被曝線量計でしょうか?
1keV以下のものは分りませんが、長瀬ランダウアのルクセルバッジが、測定範囲5keV~10MeVとなっています。
低エネルギーX線用の検出器ならSi(Li)だと思いますが、1keV以下は難しいと思います。
あまり参考にならなくてすみません。
補足コメント
kuniuni

お礼率 79% (104/131)

そうそうの回答、ありがとうございます。

個人被曝線量計のことです。定量性がなくてもいいのです。
やはり、低エネルギー域では、難しいですよね。

例えば、放射光でそのようなエネルギー域の光がでている施設での、個人線量の管理などの情報をえる方法などがあればいいのですが。。。
投稿日時 - 2001-11-08 12:05:56
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2
レベル12

ベストアンサー率 30% (241/783)

そもそもこの領域の軟X線は、SRでも大気中に取り出していません。 全て真空内でのみ取り扱っていて、薄いBe窓等により大気へ取り出したとしても、すぐに減衰してしまい、管理の必要はないはずです。 それとも、5keV以上のX線により発生する蛍光X線による影響を調べたいのでしょうか? この場合でも、SRにおいてはハッチ内においてのみX線照射が許可されているはずで、フィルムバッチは1keVまで測定する必要 ...続きを読む
そもそもこの領域の軟X線は、SRでも大気中に取り出していません。
全て真空内でのみ取り扱っていて、薄いBe窓等により大気へ取り出したとしても、すぐに減衰してしまい、管理の必要はないはずです。

それとも、5keV以上のX線により発生する蛍光X線による影響を調べたいのでしょうか?
この場合でも、SRにおいてはハッチ内においてのみX線照射が許可されているはずで、フィルムバッチは1keVまで測定する必要はありません。

もしどうしても測定したいのでしたら、パリレン窓等のエネルギー分散型Si(Li)検出器で測定することになると思います。

ちなみにどこかの施設においては、これが義務付けられているのでしょうか?
補足コメント
kuniuni

お礼率 79% (104/131)

>SRにおいてはハッチ内においてのみX線照射が許可されているはずで
の許可というのは、法律レベルのお話でしょうか?その場合、どの程度の規模(加速電圧など)の施設で、エネルギー的にどの程度まで許可されていないのでしょうか。不勉強で申し訳ありませんが、答え、または関係書を教えてください。

軟X線は、大気中ですぐに減衰することは知っています。
しかし、例えば、1気圧で400eVの光は大気中1cmで65%近くも透過してきます。実験上、どうして、実験ハッチの近くで仕事をしないといけない場合、安全上、モニターなど設置できないのでしょうか。
小さなSR施設では、1keV近辺の光を大気中で照射している基礎実験も見受けられます。もっとも、第三世代の光源では、そもそもそのようなところに光が出てきませんが。
やはり、フォトン数から計算して問題ない距離を計算するか、照射時間以外は離れているのというのが、現実的なのでしょうか。
投稿日時 - 2001-11-09 09:22:02

このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ