OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

発光分析法についておしえてくださいませ!

  • すぐに回答を!
  • 質問No.164099
  • 閲覧数69
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 37% (15/40)

溶液状態のサンプルをICP発光法以外の発光分析法で分析することは可能なのでしょうか。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全2件)

  • 回答No.1

分析対象物は何でしょうか?。分析方法としては 蛍光X線法(放射光?れいき発光?) ラマン発光 核磁気共鳴(ある種の発光でしょう) が考えられます。
分析対象物は何でしょうか?。分析方法としては
蛍光X線法(放射光?れいき発光?)
ラマン発光
核磁気共鳴(ある種の発光でしょう)
が考えられます。


  • 回答No.2
レベル8

ベストアンサー率 26% (7/26)

元素分析でしたら,ICPの他にDCP,MIPなどがあります。ちなみに, ラマン分光法と核磁気共鳴法は吸収分光法です。発光が出るのは, 電子遷移に限られます。
元素分析でしたら,ICPの他にDCP,MIPなどがあります。ちなみに,
ラマン分光法と核磁気共鳴法は吸収分光法です。発光が出るのは,
電子遷移に限られます。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ