OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

国連とその役割について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.163824
  • 閲覧数223
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 14% (1/7)

「国連は世界平和を守るという役割を果たすことが出来なかった(20世紀の世界史において)。」という事をテーマに論を展開したいのですが、「国連の失敗例」として挙げるべき歴史的事実が多すぎて困っています。冷戦中の出来事を一つ一つ挙げていたらきりが無いですし・・・。。。そこで、この出来事だけはかかせない、国連の決定的失敗だ、という様な歴史的出来事があれば教えてください。
よろしくお願い致します。
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全5件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 34% (1527/4434)

 やはり、イラン・イラク戦争、ソマリアにおける「国連軍」や、PKO、PKFの扱いだと思います。 ...続きを読む
 やはり、イラン・イラク戦争、ソマリアにおける「国連軍」や、PKO、PKFの扱いだと思います。


  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 10% (26/250)

決定的失敗だということではないのですが、 常任理事国の拒否権の発動の回数を調べてみてはいかがでしょうか。 各国のエゴが浮き彫りにされるはずです。 国連は平和を守るという機関とはほど遠い存在だと言えるでしょう。
決定的失敗だということではないのですが、
常任理事国の拒否権の発動の回数を調べてみてはいかがでしょうか。
各国のエゴが浮き彫りにされるはずです。
国連は平和を守るという機関とはほど遠い存在だと言えるでしょう。
  • 回答No.3
レベル2

ベストアンサー率 0% (0/1)

おたずねの件で最大のものは、事によると「国連の創設」そのものかもしれません。国際連合は、2次大戦中の「連合国」を改組してできあがったもの(ちなみに中国語では今も「国際連合」とはいわず、「連合国」と呼んでいます)ですから、戦時中の連合国の敵であり、存在理由であった枢軸国家群の消滅と共に、消え去るべきものだったといえます。 従って、すでに利害が対立した東西諸国家をまとめることなど無理で、むき出しの利害対立の ...続きを読む
おたずねの件で最大のものは、事によると「国連の創設」そのものかもしれません。国際連合は、2次大戦中の「連合国」を改組してできあがったもの(ちなみに中国語では今も「国際連合」とはいわず、「連合国」と呼んでいます)ですから、戦時中の連合国の敵であり、存在理由であった枢軸国家群の消滅と共に、消え去るべきものだったといえます。
従って、すでに利害が対立した東西諸国家をまとめることなど無理で、むき出しの利害対立の場であった戦争を防止することなどはなおさらです。
  • 回答No.4

失敗はきりがない。今回もそうだしね。っていうか国連の役目はいっそう強まるのに各国のエゴ剥き出しでやるからさ、失敗すんだと思うよ。
失敗はきりがない。今回もそうだしね。っていうか国連の役目はいっそう強まるのに各国のエゴ剥き出しでやるからさ、失敗すんだと思うよ。
  • 回答No.5
レベル13

ベストアンサー率 38% (496/1279)

No3の方のおっしゃられたポイントに集約されると思います。 日本だって、「国連」なんて訳すから勘違いしてしまうのです。ある意味で日本人の抱く「国連」信仰は虚妄です。 決定的失敗としては、お隣りの朝鮮半島分断だって、国連の失敗は大きいと思いますよ。 北寄りでない論調でも、専門家に言わせれば国連の失態は明らかです。
No3の方のおっしゃられたポイントに集約されると思います。
日本だって、「国連」なんて訳すから勘違いしてしまうのです。ある意味で日本人の抱く「国連」信仰は虚妄です。

決定的失敗としては、お隣りの朝鮮半島分断だって、国連の失敗は大きいと思いますよ。
北寄りでない論調でも、専門家に言わせれば国連の失態は明らかです。
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ