OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

whichについて

  • 困ってます
  • 質問No.163710
  • 閲覧数95
  • ありがとう数23
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 87% (81/93)

no one of us can cut ourselves off from the body of the community to which we belong
のwhichを訳するとどんな意味になるのでしょうか?
「~している」とか言う意味になるような気がしますがどうでしょう?
もしこのwhichに意味が無ければ文への出現理由も教えてください
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル13

ベストアンサー率 61% (647/1050)

 
  補足。
  この場合、which の代わりに that を使っても、文法的には間違いではないと思います。ただ、わたしの知っている範囲では、一般にこういう場合、which を使うようです(that を使うことがない訳ではありません)。
 
  that は、指示代名詞の that と紛らわしいのと、It is …… taht というような構文とか、The fact that he comitted a suicide was known to everybody in the town.(かれが自殺したという事実は、その町のすべての人に知られた)というような場合に使います(この場合は、関係代名詞ではありません)。無論、関係代名詞としては、that と which は同じように使えますが、that の方が少し重い感じがします。
 
-PR-
-PR-

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル6

ベストアンサー率 0% (0/2)

このwhichは関係代名詞で、the communityのことをさしているのです。つまり、そこだけを訳すと、「私達が属しているthe cummunity」になります。 この文の前後がどうなっているのか分からないのですが、一応この文章のみを訳すと、「私達のうちの誰も私達が所属する集団の大部分から抜けることは出来ない。」といった感じになると思います。 ...続きを読む
このwhichは関係代名詞で、the communityのことをさしているのです。つまり、そこだけを訳すと、「私達が属しているthe cummunity」になります。
この文の前後がどうなっているのか分からないのですが、一応この文章のみを訳すと、「私達のうちの誰も私達が所属する集団の大部分から抜けることは出来ない。」といった感じになると思います。
補足コメント
x68000

お礼率 87% (81/93)

早速ありがとうございます
このwhichですが、thatなどでは駄目なのでしょうか?
投稿日時 - 2001-11-06 00:13:16
  • 回答No.2
レベル13

ベストアンサー率 61% (647/1050)

    これは、「わたしたちの誰も、わたしたちが所属する共同体から、本質的に自己を切り離せる者はいない」という意味です(かなり、意訳と直訳の混合です。the body of the community というのは訳しにくいのです)。     文法的には、どういうことかと言いますと、belong to A という前置詞と一緒になったイディオムがあり、これは「Aに属する」という意味です。部分的に見れば、 ...続きを読む
 
  これは、「わたしたちの誰も、わたしたちが所属する共同体から、本質的に自己を切り離せる者はいない」という意味です(かなり、意訳と直訳の混合です。the body of the community というのは訳しにくいのです)。
 
  文法的には、どういうことかと言いますと、belong to A という前置詞と一緒になったイディオムがあり、これは「Aに属する」という意味です。部分的に見れば、the body of the community to which we belong. は、the body of the community which we belong to. とも書け、こうすると、belong to の形になってるのが分かります。これは、前置詞+which という形の構文です。which は、先行詞が、the community か、または the body of the community です。the community だと取りあえず考えると、we belong to the community というのが、which を使わない場合の形で、これは「私たちは共同体に所属する」という意味です。

  to の後に、所属する先の何かが来ます。この the community を修飾する節として、to which we belong があります。which はつまり、the community で、所属先の共同体へは、to がいるので、to which という形になっているので、which は関係代名詞であり、動詞ではありません。to which というのは to 不定詞ではないのです。
 
  こういう形の構文は色々あります。the town in which we live(わたしたちが住んでいる町)とか、the river across which the train ran(列車が横断して行った川)などで、前置詞の in や across は、which の前に置くこともできますし、the town which we live in とか the river which the train ran across のように、本来の動詞の後ろに持って来ることもできます。
 
  which の出現理由は、先行する the community を修飾するためです。「(そこに)わたしたちが所属する・共同体」……という風に修飾しているのです。
 
  • 回答No.4
レベル8

ベストアンサー率 20% (7/35)

that でもOKです。ただし、toがbelong の後ろになります。 no one of us can cut ourselves off from the body of the community that we belong to. which の場合には、which we belong to でも、to which we belong でも、どちらでもOKです。
that でもOKです。ただし、toがbelong の後ろになります。
no one of us can cut ourselves off from the body of the community
that we belong to.

which の場合には、which we belong to でも、to which we belong
でも、どちらでもOKです。
このQ&Aで解決しましたか?
-PR-
-PR-
この言い回しでうまく伝えられた!あなたの知識や経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ