OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

外国物の恋愛小説

  • 暇なときにでも
  • 質問No.163643
  • 閲覧数162
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 82% (38/46)

 映画になる前に’ブリジットジョーンズの日記’を読んではまってしまいました。あの小説の感じの本を探しています。
 もしくは、外国物の恋愛小説を探しています。
本屋さんに行っても、ものすごーい量の中から探すのが
大変なのです。特に子供にせかされたりすると落ち着いて探せません。
 どなたかおしえてください。
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル12

ベストアンサー率 39% (276/696)

「ことの終わり」に関しては、videoが先をお勧めします。
ちょっと驚く結末ありきなので、映画は先に知らずにごらんになるほうが。
小説は、あとでも、心理描写を丁寧に追う楽しみがあります。

もうひとつ、また映画もので恐縮ですが、
グレン・サヴァンの「ぼくの美しい人だから」(新潮文庫)もお勧めです。
(S.サランドンで映画化されました)
27歳のエリート広告マン、41歳のファストフードの売り子が恋に落ちるお話で、
いかに相手に誠実になれるかというテーマが、
(書くと陳腐なんですが(^_^;))とてもリアルでした。

最近新しいもの読んでなくて、古めですみません…
お礼コメント
sweetie

お礼率 82% (38/46)

 ご丁寧にありがとうございました。
「ぼくの美しい人だから」は、ビデオで見ました。
とてもリアルかつ私にはやっぱり本の中の出来事のような気がして・・
でもとても良い映画でした。

 古くても新しくても良いものは良いものですから、ご紹介ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-11-15 12:35:26
-PR-
-PR-

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 39% (276/696)

ブリジットは斜め読みなんで、「恋愛小説」の方で。 今年始めに、ジュリアン・ムーア、レイフ・ファインズで再映画化された、 「ことの終わり」(The End of affair)はいいですよー。 しみじみと大人の恋物語です。 日本語では、「情事の終わり」グレアム・グリーン、 新潮文庫で出てます。 ...続きを読む
ブリジットは斜め読みなんで、「恋愛小説」の方で。
今年始めに、ジュリアン・ムーア、レイフ・ファインズで再映画化された、
「ことの終わり」(The End of affair)はいいですよー。
しみじみと大人の恋物語です。
日本語では、「情事の終わり」グレアム・グリーン、
新潮文庫で出てます。
お礼コメント
sweetie

お礼率 82% (38/46)

 ’大人の恋’というところに惹かれました。
映画の方は知っています(見ていませんが)映画館になかなか行けないので、ビデオがでたら真っ先に借りようとおもっていました。
 原作を先に読むか、映画を見るか、今悩んでいます。
 回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-11-10 09:29:24
  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 25% (59/233)

「ブリジット~」によく似たテイストといえば、ソニー・マガジンから出ている「娘たちのための狩りと釣りの手引き」という本かな。狩りと釣りとはアウトドアのことではなく、男を「狩って」「釣る」意味だそうです。赤と黒と白を基調にしたおしゃれな装丁の本です。 ...続きを読む
「ブリジット~」によく似たテイストといえば、ソニー・マガジンから出ている「娘たちのための狩りと釣りの手引き」という本かな。狩りと釣りとはアウトドアのことではなく、男を「狩って」「釣る」意味だそうです。赤と黒と白を基調にしたおしゃれな装丁の本です。
お礼コメント
sweetie

お礼率 82% (38/46)

 ありがとうござました。
私はもう’娘’という年ではないですが、あの頃を忘れないためにも読んでみようと思います。
投稿日時 - 2001-11-10 09:26:21
  • 回答No.4

時代はものすごく遡りますが、「自負と偏見」ジェーン・オースチン著(新潮文庫)はいかがでしょう。時代物の「ブリジット・ジョーンズ~」という気もします。 恋、駆け引き、さやあて、そして結婚までのストーリーの中に、主人公始め登場人物の機知に飛んだ会話がちりばめられています。現代でも変わらないリアリティーがあります。 「ブリジット~」の本にも出てきたと思いますが、イギリス独身女性のバイブルかも? そういえば ...続きを読む
時代はものすごく遡りますが、「自負と偏見」ジェーン・オースチン著(新潮文庫)はいかがでしょう。時代物の「ブリジット・ジョーンズ~」という気もします。
恋、駆け引き、さやあて、そして結婚までのストーリーの中に、主人公始め登場人物の機知に飛んだ会話がちりばめられています。現代でも変わらないリアリティーがあります。
「ブリジット~」の本にも出てきたと思いますが、イギリス独身女性のバイブルかも?
そういえば映画「ブリジット~」のマーク・ダーシー役のコリン・ファースは、映画「高慢と偏見」のダーシー役(同じ名前!今気が付きました。かけているのかもしれませんね。)で出ていましたっけ。
なんて書いていたら、読み返したくなりました。
お礼コメント
sweetie

お礼率 82% (38/46)

ありがとうございました。
「ブリジット~」にも出てくるんで気にはなっていたんですが、なんか、おもしろそうなので明日本屋さんに行って探してみます。^0^
投稿日時 - 2001-11-17 21:25:33
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ