OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

支払う必要ありますか

  • 困ってます
  • 質問No.162542
  • 閲覧数40
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 50% (4/8)

ある特許事務所にBM特許出願の依頼をしているのですが、物忘れがひどいのか不誠実なのか、ことごとく打ち合わせした通りに事を運んでくれず,キャンセルしたいと思うようになっています。次のような事情です。最終的な資料を渡してから「出願まで一ヶ月見てくれ」という話(何月何日までというきちんとした約束ではありません)だったのですが,今日の時点で二ヶ月と一週間です。約束の一ヶ月に近い時点で電話を入れると「いま取りかかったくらいのところだ。できたらこちらから連絡するから」と煙たそうに言われました。(軽い催促はしました。)一ヶ月と三週間の時点で連絡があり「明細書ができた。チェックしてください。来週はじめには出願できる」とのことでしたが、特許の核となる部分が抜けているほか(何度も話しているのに忘れている)、強調してお願いしてある部分や,細かい部分などことごとく違います。図面だけを見てフローを書いただけという感じです。また,私が作成した文章をそのままコピーした箇所が非常に多く、図面もすべて私が作成しました。(図面はその先生への説明用に作ったものですが,見ると私のものがそのまま載っており驚きました。それとなく聞くと「図面の代金は請求しないから」ということでした。)それで「急いではいるが来週でなくても構いません。もう少し修正が必用」として(機嫌を損ねない程度に抗議もして)今日まで毎日修正作業に当たっています。ことここに至ってようやく真剣に取り組み始めてくれましたが,初めに出されたものを土台とした上での修正作業ですから,事実通りになったとしても戦略性はゼロになると思います。その場その場の対応はまともな人です。はじめに費用は20~30万と聞いておりますが、それは私たちには大金です。一部でも支払う必要があるか,またキャンセルする方法なども含めて,アドバイスをいただければ幸いです。宜しくお願いします。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

 ちょっと疑問に思うのは、GoGo25 さんの文章がコピーされた箇所が多いのにも関わらず、「特許の核となる部分が抜けていたり、強調してお願いしてある部分や細かい部分などがことごとく違っている」ことです。GoGo25 さんは、大事な部分は文章では提出されなかったのですか? まあ、文書で提出してないにせよ、打ち合わせの内容を反映していないのは困ったものですが。

 特許事務所は、基本的には提案書や打ち合わせ時の内容に沿って明細書を作成します。その時点で、重要ではないが書かなければならないことは想像で書いておきます。特許権が及ぶ範囲は【発明の実施の形態】ではなく【特許請求の範囲】に書かれてあることで決まりますので、【発明の実施の形態】の細かいところは矛盾さえなければ大きい影響はないからです。

 でも、文書で提出していないにしても何度も話をしているのですから、特許の核となる部分が抜けているなどもってのほかです。明細書を作成したのが弁理士本人か、その特許事務所に勤務している明細書技術者かは分かりませんが、ひどい話ですね・・・。高い手数料を取っておきながらそんな明細書を書く特許事務所があるから、「弁理士はあてにならない」と言われるんですよね・・・。

 キャンセルするのは簡単です。「希望納期に間に合ってもないし、明細書の中身もお粗末。この内容で出願してもらっても中間処理に苦しむだろうし、仮に特許になったとしてもその権利は自分たちが本当に獲得したい権利ではないと考える。それでは高い手数料を支払う意味が全くないのでキャンセルしたい。また、非はそちらにあるので、料金を支払う意志はない」とありのままを言って下さい。文書として残しておく方が良いです。別の言い訳で取り繕おうとすると、「自己都合によるキャンセル扱い」とみなされ、20~30万の7~8割は取られます。

 料金が請求される可能性は、充分あります。その時は、「貴所の行為は、弁理士法第29条の「弁理士は、弁理士の信用又は品位を害するような行為をしてはならない。」という規定に充分反するものであると考えます。そうであるにも関わらず料金を請求するということであれば、同法第33条第1項に基づき、経済産業大臣に対して事実を報告するとともに、適当な措置をとるべきことを求める準備を進めたく存じますのでご承知おき下さい」と文書で回答して突っぱねて下さい。

 それでもうまくいかない場合、弁理士会に相談なさってみて下さい。弁理士会のHPのURLは
 http://www.jpaa.or.jp/
です。
お礼コメント
GoGo25

お礼率 50% (4/8)

たいへん参考になるご意見をありがとうございました。ご指摘の点については字数の制限のため,充分に説明できませんでしたが,にもかかわらず的を射たご助言を得られ,感謝しております。当の弁理士さんには昨日,修正作業の手を止めてくれとだけメールしました。本日弁理士会に相談の上,キャンセルの方向で考えたいと思います。新たに弁理士さんを捜すことになりますが,(これまでの事情を話してよいものかどうかは迷っていますが,別にまたご相談させていただくかもしれません。)本当にどうもありがとうございました。
投稿日時 - 2001-11-05 09:55:03
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2

追伸  順番としては、キャンセルの申し入れより先に弁理士会に相談する方がよいかもしれません。
追伸

 順番としては、キャンセルの申し入れより先に弁理士会に相談する方がよいかもしれません。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ