OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

BIOS画面で止まる

  • すぐに回答を!
  • 質問No.160112
  • 閲覧数403
  • ありがとう数7
  • 気になる数0
  • 回答数9
  • コメント数0

お礼率 0% (0/9)

Pentium2の300MhzからPentium3 866Mhzに載せ替えたところBIOSのメモリチェック後やHDDなどの検査後に止まりすすみません。
いちおう画面上にはPentium3 866Mhzとでるので認識はされているのですが・・・。
BIOSを最新の物にしてみても変わりませんでした。
CPUクーラーをつけていない剥き出しの状況で差し込んでいるからでしょうか?
わかる方よろしくおねがいします。

MB  Aopen AX64Pro Slot1
メモリ PC133 128+256
グラフィックボード G400
通報する
  • 回答数9
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全9件)

  • 回答No.3

CPUクーラーを付けていないなら「熱暴走」だと思います。 最悪CPUが焼けてしまうので、早めに冷却の追いつくクーラーを付けましょう。 それと、クーラーを付けるときにはちゃんとシリコングリスを塗って取り付けないと 放熱がちゃんと出来ないのでご注意を。 あっ、ちゃんとクーラーファンの電源も差し込んでくださいね。 ...続きを読む
CPUクーラーを付けていないなら「熱暴走」だと思います。

最悪CPUが焼けてしまうので、早めに冷却の追いつくクーラーを付けましょう。

それと、クーラーを付けるときにはちゃんとシリコングリスを塗って取り付けないと
放熱がちゃんと出来ないのでご注意を。

あっ、ちゃんとクーラーファンの電源も差し込んでくださいね。
補足コメント
S15Silvia

お礼率 0% (0/9)

CPUを取り付けてすぐに止まるのですが数秒で熱暴走を起こすのでしょうか?

また、半分だけ剥き出しなのですがもう半分の方は売っているのでしょうか?それともその半分はまるまるクーラーが覆ってしまうのですか?
わかりましたら値段等も教えてもらえませんか。
よろしくおねがいします。
投稿日時 - 2001-10-30 19:54:33
  • 回答No.2
レベル13

ベストアンサー率 35% (455/1268)

書き込みを見たところとまってしまう画面は一定ではないのですね。とすると、ファンが無いことを検出してBIOSが停止してしまうわけではなさそうです。 下記のことを教えてください。 周辺機器を載せすぎて電源の容量をオーバーしているということはありませんか? 周波数の設定倍率と推奨されているベースクロックは正しいですか? 変換下駄を使っている場合は設定個所は全て合っていますか? また、周辺機器や ...続きを読む
書き込みを見たところとまってしまう画面は一定ではないのですね。とすると、ファンが無いことを検出してBIOSが停止してしまうわけではなさそうです。
下記のことを教えてください。

周辺機器を載せすぎて電源の容量をオーバーしているということはありませんか?
周波数の設定倍率と推奨されているベースクロックは正しいですか?
変換下駄を使っている場合は設定個所は全て合っていますか?

また、周辺機器やカード類との相性の可能性も無くはありませんので、必要最低限の機器だけをつなげて起動して見てください。
補足コメント
S15Silvia

お礼率 0% (0/9)

マザーボードがベースクロック、倍率、コア電圧はすべてオートの設定になっているはずなのですが。一応起動画面で133*6.5とでてきます。
下駄は使っておりません。
Slot 1 (SECC2,FSB 133MHz,L2 256KB)をのせています。

周辺機器等はわかりませんので今からやってみます。
投稿日時 - 2001-10-30 19:48:07
  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 15% (25/160)

Pentium3ってSlot1で乗っかるんでしたっけ? いや僕も詳しくわからないんで、半分質問みたいですが まー乗ったとしてもクーラーなしのむき出しって怖くないですか?(^^; なんか僕は怖いな~とおもうんですけど(^^;
Pentium3ってSlot1で乗っかるんでしたっけ?
いや僕も詳しくわからないんで、半分質問みたいですが

まー乗ったとしてもクーラーなしのむき出しって怖くないですか?(^^;
なんか僕は怖いな~とおもうんですけど(^^;
  • 回答No.4
レベル10

ベストアンサー率 41% (46/110)

CPUクーラーをつけて試してください。 866Mhzあたりだと、かなりの発熱が予想されます。 300Mhzであったかいぐらいだと思いますが、 800Mhz以上だとヤケドするかもしれないぐらい熱くなります。 そして、熱暴走を起こして止まります。
CPUクーラーをつけて試してください。
866Mhzあたりだと、かなりの発熱が予想されます。
300Mhzであったかいぐらいだと思いますが、
800Mhz以上だとヤケドするかもしれないぐらい熱くなります。
そして、熱暴走を起こして止まります。
  • 回答No.5
レベル11

ベストアンサー率 45% (175/383)

マザーにボタン型電池がついていますが、その電池が消耗してるときにはブートが止まってしまうことがあります。 私のときはメモリカウントが途中で止まったまま先に進まなくなってしまいました。 ほかの皆様のアドバイスを試してみてもダメであったら最後の手段として試して頂きたいと思います。
マザーにボタン型電池がついていますが、その電池が消耗してるときにはブートが止まってしまうことがあります。

私のときはメモリカウントが途中で止まったまま先に進まなくなってしまいました。

ほかの皆様のアドバイスを試してみてもダメであったら最後の手段として試して頂きたいと思います。
  • 回答No.8
レベル14

ベストアンサー率 30% (2017/6702)

AGP4×でG400は無理みたいですよ。 特にG系列はクロックアップ耐性に弱いようです。 AGP2×でやってみました? またAGPのクロック比を落としてみるのもいいかも。 クーラーなしは止めましょう、一度マイグレーションを起こすと基本周波数(866Mhz)すら出なくなりますよ。
AGP4×でG400は無理みたいですよ。
特にG系列はクロックアップ耐性に弱いようです。
AGP2×でやってみました?
またAGPのクロック比を落としてみるのもいいかも。
クーラーなしは止めましょう、一度マイグレーションを起こすと基本周波数(866Mhz)すら出なくなりますよ。
  • 回答No.7

クーラー単体で売っています。 「SECC2」「クーラー」「PentiumIII」とかで検索するとたくさん出てきますよ。 下記のサイトは参考までにして下さい。 探せば、もっと安くて、冷却性能の良いモノがあるかもしれませんので。m(._.)m ...続きを読む
クーラー単体で売っています。

「SECC2」「クーラー」「PentiumIII」とかで検索するとたくさん出てきますよ。

下記のサイトは参考までにして下さい。

探せば、もっと安くて、冷却性能の良いモノがあるかもしれませんので。m(._.)m
  • 回答No.6
レベル10

ベストアンサー率 29% (58/198)

>CPUを取り付けてすぐに止まるのですが数秒で熱暴走を起こすのでしょうか? 起こします。 私はCPUコア横で温度を監視していますが、電源投入ごすぐに約40℃、通常使用時(ネット閲覧時)は上がって30℃位です。
>CPUを取り付けてすぐに止まるのですが数秒で熱暴走を起こすのでしょうか?

起こします。
私はCPUコア横で温度を監視していますが、電源投入ごすぐに約40℃、通常使用時(ネット閲覧時)は上がって30℃位です。
  • 回答No.9
レベル13

ベストアンサー率 39% (632/1595)

以前何かの雑誌で読みましたが、CPUクーラなしで動かした場合 intelのCPUは保護回路により停止しますが、AMDの場合保護回路がないのでオーバーヒートでそのまま死にます。(秒のオーダーらしいですよ) 保護回路があるからといってCPUクーラなしでいいということにはならないので(間に合わない場合だってあるかも?)CPUクーラはちゃんと装着してやりましょうね。(^^;
以前何かの雑誌で読みましたが、CPUクーラなしで動かした場合 intelのCPUは保護回路により停止しますが、AMDの場合保護回路がないのでオーバーヒートでそのまま死にます。(秒のオーダーらしいですよ)

保護回路があるからといってCPUクーラなしでいいということにはならないので(間に合わない場合だってあるかも?)CPUクーラはちゃんと装着してやりましょうね。(^^;
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ