OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

薬の販売って

  • 暇なときにでも
  • 質問No.159723
  • 閲覧数68
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 12% (132/1044)

薬(ダイエット食品)を販売するのは、個人でもできますか?
例えば、Aというネットショップでは、シベリア人参茶というものを売っていますが、http://www.futabakanpo.co.jp/lineup/syoho/s-ninjin.htm

こういった商品を個人で仕入れて、売る(薬局じゃなきゃ駄目?)ことはできるのでしょうか。ネットでショップを開こうと思っているのです。

よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 41% (1452/3497)

薬事法において、医薬品の輸入・製造・販売については業態許可を取ることが定められています。
一方、医薬部外品については販売は自由となっています。けれども、輸入や製造については業態許可、品目許可、輸入或いは製造の承認が必要とされますので、自らが輸入したものを販売することについては法に抵触します。
そして、サプリメントであるならば薬事法による許可等は不要です。
いわゆる健康食品については配合されている成分によって薬事法に抵触するかどうかということが問題になりますので、個別に所轄の都道府県薬務課に問い合わせすることをお勧めします。
成分がクリアできても販売の際に効能効果等を掲げると、それだけで薬事法違反(無許可・無承認医薬品の販売、不良医薬品の販売等)となりますし、事実と反する内容を宣伝すると公取法にも抵触しますので注意してくださいネ。
以上kawakawaでした
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 44% (198/442)

可能です。 但し、条件は医薬部外品である事と厚生省が販売を認めている物である事です。 健康食品(サプリメント)大国アメリカを初めとする諸外国の製品では、医薬部外品でも日本の場合、薬事法に抵触する製品もありますので確認はしておいた方が良いでしょう。 基本的に健康食品が薬事法に触れるケースは余り無いと考えても問題はありませんが、製品に関する確実な知識と販売後のアフターケアは絶対に必要となります。 購入 ...続きを読む
可能です。
但し、条件は医薬部外品である事と厚生省が販売を認めている物である事です。
健康食品(サプリメント)大国アメリカを初めとする諸外国の製品では、医薬部外品でも日本の場合、薬事法に抵触する製品もありますので確認はしておいた方が良いでしょう。
基本的に健康食品が薬事法に触れるケースは余り無いと考えても問題はありませんが、製品に関する確実な知識と販売後のアフターケアは絶対に必要となります。
購入者が、服用後に身体的異常を訴えたりした場合も仮定の問題として頭に入れておくべきかもしれません。(めったにある事ではないけど…)
商売の成功を祈っております。
では。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ