OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

しゃぼん玉はなぜ虹色に見えるの?

  • すぐに回答を!
  • 質問No.159404
  • 閲覧数487
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 27% (3/11)

しゃぼん玉や水面上の薄い膜が太陽光のもとで赤や青などの虹色に見えることがありますが、なぜそのように見えるのか、わかる方は是非教えてください。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 34% (1527/4434)

 下記URLを参考にして下さい。
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2
レベル10

ベストアンサー率 24% (47/191)

薄い膜に光があたって反射するとき、膜には厚さがありますから、膜の表面で反射した光と膜の内側で反射した光の 重ね合わせを見ていることになります。 このとき、この2つの光はおよそ膜の厚さの2倍の光路差(光が進んだ距離の差)を持って重ね合わせられます。 (光が垂直に入射したという仮定の近似です。ほんとは、光路差は膜の屈折率や光の入射角にもよります。) この光路差が光の波長の整数倍のとき、その光は強められ ...続きを読む
薄い膜に光があたって反射するとき、膜には厚さがありますから、膜の表面で反射した光と膜の内側で反射した光の
重ね合わせを見ていることになります。
このとき、この2つの光はおよそ膜の厚さの2倍の光路差(光が進んだ距離の差)を持って重ね合わせられます。
(光が垂直に入射したという仮定の近似です。ほんとは、光路差は膜の屈折率や光の入射角にもよります。)
この光路差が光の波長の整数倍のとき、その光は強められますが、波長の整数倍+半波長の光は打ち消しあって
見えなくなります。
太陽光にはいろいろな波長の光が混ざっており、光路差によって強め合う光は異なります。
ですから、膜の厚さによっていろいろな光が見えます。
お礼コメント
yoshi3

お礼率 27% (3/11)

はいはいよくわかりました。
表面で反射する光と膜の中で反射する光で虹色になるということですか、ありがとうがざいました。
投稿日時 - 2001-11-03 21:44:58

このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ