OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

京都議定書24、26条について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.155670
  • 閲覧数41
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 46% (23/49)

大学で京都議定書の授業をうけています。そこで議定書の第24条の署名についてなのですが、この署名とはどういったことを署名というのでしょうか。
 又、第25条において『この議定書はいかなる保留を付せない。』の解釈がいまいち判りません。どなたか、教えてください。お願い致します。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 46% (1678/3631)

 この場合の署名は批准のことだと思います。条約は関係者が集り、条約文が作成されると、条約文作成に参加した国の代表者が証拠のために署名して、正文として確定します。条約締結にあたって国家がその同意を最終的かつ確定的に表明するため 、国の代表者が交渉し署名した条約文を、本国の権限ある機関が慎重に審議したのちに君主、大統領、内閣などの批准権者が批准します。日本の場合は内閣に批准の権限があり国家の承認を条件として天 ...続きを読む
 この場合の署名は批准のことだと思います。条約は関係者が集り、条約文が作成されると、条約文作成に参加した国の代表者が証拠のために署名して、正文として確定します。条約締結にあたって国家がその同意を最終的かつ確定的に表明するため 、国の代表者が交渉し署名した条約文を、本国の権限ある機関が慎重に審議したのちに君主、大統領、内閣などの批准権者が批准します。日本の場合は内閣に批准の権限があり国家の承認を条件として天皇の認証を経ることになっています。条約文への署名後に批准するか否かは国の自由であるが、批准後は条約の変更や拒否は許されません。『この議定書はいかなる保留を付せない。』は、批准に条件を付すること、たとえば「~国、批准後にわが国については効力が生じる。」などです。
お礼コメント
NETu-mitti

お礼率 46% (23/49)

どうもありがとうございました。参考にさせていただきます。
投稿日時 - 2001-10-23 12:13:55
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ