OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

保険代について

  • 困ってます
  • 質問No.154178
  • 閲覧数98
  • ありがとう数7
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

もし夫が30~40代で寝たきり(脳卒中)になり、長期に入院した場合、何に一番お金がかかるんでしょうか 保険をかける場合、何の保険がいいんでしょうか 何を目安に選んだらよいのですか、どなたか教えてくれませんか 夫は自分が、働けなくなる事が一番恐いと云っています
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4
レベル13

ベストアンサー率 43% (623/1419)

 こんにちわ。
 興味深い質問だと思いました。皆それぞれ視点が違いますから、勧める内容がバラバラになる感じで。
 回答は同様に、生活費と入院費が問題です。脳関係が一番入院が長引く傾向にあります。

 長期所得補償保険(損保)と医療保険の組み合わせをお勧めします。
 所得補償保険とは病気や怪我で働けなくなった場合、月額○○万円という補償の仕方をします。入院のみ担保という条件にすると36%引になり、入院重視ならこちらがいいでしょう。
ポイントしては、まず健康保険のチェックが必要です。健康保険には傷病手当金(国保は殆どない)という項目があり、1年半の間賃金の6割を支払ってくれます。これを考慮すると1年半の間は月給の4割相当の所得補償保険(免責4or7日)と8割位の所得補償保険(545日免責)の2本建てを考えると長期の生活費を確保でき、かつ最低限の保険料で済むでしょう。
これを生保の医療保険で考えようとすると保険料が雲泥の差になります。
 次に、入院費の問題ですが、一見所得補償だけでもよさそうに見えますが、多くの会社で65歳までの加入限度に設定されてると思います。働ける間、が所得補償の基準だったりします。高齢時の医療費問題を含め、終身医療保険に加入するのが良いのではと思います。オプションとして特定疾病保障が付けられれば付けるという感じで。

 多分単なる生保屋と合い見積もりになったら保険料面では負けないでしょうねぇ。
補足コメント
noname#3211

詳しいご説明いただきまして有難うございます
所得保障保険については以前から入りたいと思っていたのですが
友人からの話では、すんなりとは金額出してくれないような事を聞いてまして、ためらっている状態です。実際の事ご存知でしたら教えていただきたいのですが
投稿日時 - 2001-11-12 22:26:27
-PR-
-PR-

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.1

一番費用がかかるのは、入院費と生活費でしょう。 特に、差額ベッドの部屋に入れられると、入院費がかかります。 保険は、医療保険に加入されると良いでしょう。 下記のページが参考になります。 賢い生命保険の入り方  http://www3.plala.or.jp/kyog/insurance/doc/main.htm 生命保険 http://www.jili.or.jp/ ...続きを読む
一番費用がかかるのは、入院費と生活費でしょう。
特に、差額ベッドの部屋に入れられると、入院費がかかります。

保険は、医療保険に加入されると良いでしょう。

下記のページが参考になります。
賢い生命保険の入り方 
http://www3.plala.or.jp/kyog/insurance/doc/main.htm

生命保険
http://www.jili.or.jp/
  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 29% (141/483)

特定疾病保障特約というのを付ければ、 ガン、急性心筋梗塞、脳卒中の3大成人病などで、 所定の状態になった場合に、 生前に死亡保険金と同額の保険金が受けれます。 社団法人生命保険協会のHPを参考URL に書いておきます。 話は少しずれますが、 国民年金・厚生年金にしっかり加入していると、 そのような状態になったとき、状態にもよりますが、 医療費の自己負担分が0になります。(大阪です ...続きを読む
特定疾病保障特約というのを付ければ、
ガン、急性心筋梗塞、脳卒中の3大成人病などで、
所定の状態になった場合に、
生前に死亡保険金と同額の保険金が受けれます。

社団法人生命保険協会のHPを参考URL
に書いておきます。

話は少しずれますが、
国民年金・厚生年金にしっかり加入していると、
そのような状態になったとき、状態にもよりますが、
医療費の自己負担分が0になります。(大阪です)
ですので、そちらへの加入は入っておられると思いますが、おすすめです。

それと、これは予断ですが、
生命保険などは、例えば自己破産になったとき、
生命保険に関しては、差し押さえされるそうですが、
国民年金・厚生年金は、差し押さえさることなく、きちんと老後の
保証を受ける事が出来ますので、
年金型の生命保険とは比べられない安心感があります。
  • 回答No.3
レベル2

ベストアンサー率 0% (0/1)

実際、質問のような状態になった場合一番お金がかかるのは、生活費でしょう全くの寝たきりにならなくても、仕事は出来なくなり収入の道は途絶えてしまいます、そこで今考えられる、保険は、特定疾病保障保険と最近各社からでている介護保障保険でしょう、特に終身タイプで軽度の介護から支給され、保険料払い込み免除の適用のあるものが将来の費用負担を軽くするという点で考えても良いかと思います。参考に障害者年金についてのURLを付 ...続きを読む
実際、質問のような状態になった場合一番お金がかかるのは、生活費でしょう全くの寝たきりにならなくても、仕事は出来なくなり収入の道は途絶えてしまいます、そこで今考えられる、保険は、特定疾病保障保険と最近各社からでている介護保障保険でしょう、特に終身タイプで軽度の介護から支給され、保険料払い込み免除の適用のあるものが将来の費用負担を軽くするという点で考えても良いかと思います。参考に障害者年金についてのURLを付ししておきます。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ