OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

病院へ行かない父

  • すぐに回答を!
  • 質問No.154124
  • 閲覧数1083
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数6
  • コメント数0

以前も質問しましたが父親のことで相談があります。

父は現在57才、療養中の為休職しています。
今年のお盆明けくらいから体重減少(10kg程)
食欲がない、便秘、睡眠障害等があります。
上のような症状なので父は自律神経失調症ではないかと考えています。

病院へは内科・心療内科・泌尿科へ行きましたが、
途中から行かなくなりその為、診断結果も出ていません。

困っているのは父は病院に行こうとしないし、今まで内科等でもらった薬も
飲みません。(病院へ行く様に説得するのに非常に疲れてしまいます。)

又、母に絡んで暴言を吐きつかみ合いして母を怪我させたこともあります。
僕と母の意見は入院させて病院で強制的に治療してほしいと考えています。

診断結果がでていないのに入院させることはできるのでしょうか?
(医療保護入院とかはだめでしょうか?)

*病院へ行かせることはできるのですが、僕が居ないと行かないようです。
 仕事の手前、父の通院の為休むのにも限界があります。

以上 大変困っています。よきアドバイスをお願いします。
通報する
  • 回答数6
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.5
レベル11

ベストアンサー率 58% (151/256)

御心痛の程お察し申し上げます。
お盆明けからでしたら約2ヶ月程で10kgの体重減少と言うことになります。これは普通の自律神経失調症などではみられないようなペースだと思います。普通お父様くらいの年齢で短期間に体重減少が見られた場合一番疑って検査しなければならないのは悪性腫瘍などの疾患です。
ひょっとしてお父様は検査の結果がでるのを恐れておられるのかもしれません。
結果を聞かずに通院をやめていらっしゃるようですがそろそろ結果もでている頃なのではないでしょうか?
最初に行った内科をもう一度受診なさってはいかがでしょう。検査に異常がなければ更に別の検査をすることも出来ますし・・・
また別の病院に行っても最初にスクリーニング的に行う検査はだいたいどこも一緒ですから二度手間になると思います。
後半のご質問ですが医療は患者さんとの契約に基づいて治療するわけですから本人がいやがるものを強制的に入院させることなどはできようはずもありません。検査結果もまだのような状態ではなおさらです。
ただし体重減少もひどいようですし状態が悪そうなら強く奨めることはできます。その点はお父様に対する医師の側からの話のもって行き方にも左右されますので主治医の先生にご相談なさってもよろしいかと思います。
また検査入院すると言う手もあると思われます。
いずれにしても何回かは一緒についていってお話を伺った方がお父様もcounselorさんも安心できて良いのではないでしょうか?
お父様のご健勝をお祈りもうしております。
お礼コメント
noname#6560

回答遅れました。

>最初に行った内科をもう一度受診なさってはいかがでしょう
同行した母によりますと処方した薬を飲まないから医者に嫌がられていると
聞きます。
別の病院の内科を受診して心療内科を薦められたのでそちらに行くよう説得してみ
ます。

ご意見ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-10-28 15:24:56
-PR-
-PR-

その他の回答 (全5件)

  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 14% (44/298)

最寄の保健所に相談してみてください。
最寄の保健所に相談してみてください。
  • 回答No.2
レベル10

ベストアンサー率 23% (38/162)

この時期の方は病院を特に嫌がります。病院に行くだけで自分が病人になってしまうような気がしてくるからです。しかし半ば強引に病院へつれていこうとするのは逆効果です。帰って困らせてやろうという心理が働きます。やはりここはみなさん一度冷静になって家族会議でも開かれたらどうですか?家族みんなでお父様を病人扱いして病院へ無理に行かせようとせずお父様自身の意見を聞いてあげるところから始めてみてください。食生活に問題が出 ...続きを読む
この時期の方は病院を特に嫌がります。病院に行くだけで自分が病人になってしまうような気がしてくるからです。しかし半ば強引に病院へつれていこうとするのは逆効果です。帰って困らせてやろうという心理が働きます。やはりここはみなさん一度冷静になって家族会議でも開かれたらどうですか?家族みんなでお父様を病人扱いして病院へ無理に行かせようとせずお父様自身の意見を聞いてあげるところから始めてみてください。食生活に問題が出てくるようでしたら管理栄養士や栄養士に相談するとかしてみては?
あ申し遅れましたが私は栄養士見習いをしてます。もし食生活のことでお困りでしたらお答えします。
  • 回答No.3
レベル12

ベストアンサー率 29% (176/598)

本人が行かないのなら、医者に来て貰って、その医師から入院を勧めてもらえる様にしたら如何ですか。 3ヶ月で10キロもやせるのは(ダイエットをしているわけではなく)チョット異常ですよ。
本人が行かないのなら、医者に来て貰って、その医師から入院を勧めてもらえる様にしたら如何ですか。
3ヶ月で10キロもやせるのは(ダイエットをしているわけではなく)チョット異常ですよ。
  • 回答No.4
レベル7

ベストアンサー率 14% (3/21)

 症状が不定愁訴の域を出ないため、おかしいとは思いながらももし病院で病気ではないといわれたり、怠け病みたいなあつかいをされるとショックという考えておられるのではないでしょうか。私もそうですが、自律神経など心療的なのは、病は気から!病気ではないし、自分がしっかりすれば直ると思いたい部分もあります。仮に、病気だといわれるのも怖かったり、複雑な胸の内をかかえていらっしゃるのではないでしょうか。強制入院が認められ ...続きを読む
 症状が不定愁訴の域を出ないため、おかしいとは思いながらももし病院で病気ではないといわれたり、怠け病みたいなあつかいをされるとショックという考えておられるのではないでしょうか。私もそうですが、自律神経など心療的なのは、病は気から!病気ではないし、自分がしっかりすれば直ると思いたい部分もあります。仮に、病気だといわれるのも怖かったり、複雑な胸の内をかかえていらっしゃるのではないでしょうか。強制入院が認められるのは、精神的になにかあり、警察が認め要請した場合くらいのはずなので、仲の良いお友達かカウンセラーにお願いして家まで心配で来たみたいな形で会って話しをされてはいかがですか?
  • 回答No.6
レベル7

ベストアンサー率 0% (0/1)

私も同じような経験をしたので、お気持ちはよくわかります。 私の父も病院が大嫌いでした。お酒が大好きで 「酒がの飲めないくらいなら死んだほうがましだ。」 というのが口癖でした。 そんな父が倒れて救急車で運ばれ入院して1週間でなくなりました。あっけなく・・・・。 母は、なんでこんなになるまできずいてあげられなっかたかと自分を責め一時はボケたようになりました。 私も後悔たくさんしました。父の気持ちも ...続きを読む
私も同じような経験をしたので、お気持ちはよくわかります。
私の父も病院が大嫌いでした。お酒が大好きで
「酒がの飲めないくらいなら死んだほうがましだ。」
というのが口癖でした。
そんな父が倒れて救急車で運ばれ入院して1週間でなくなりました。あっけなく・・・・。
母は、なんでこんなになるまできずいてあげられなっかたかと自分を責め一時はボケたようになりました。
私も後悔たくさんしました。父の気持ちもっと理解して
あげられなかったことを・・・・。

父もよく暴言を吐いていました。母に暴力をふるっていました。
でも今なら、痛みをがまんしたり、死への恐怖心からだったんだなって思えます。

「死」なんて言葉を書いておどかしてごめんなさい。

今なら、まだいろんな事ができますよ。
お父様のことを大事に思っていること、長生きしてほしいこと、そんなことを話してあげてください。
涙を流しながらあなたの気持ちを伝えてあげてください。

どーしたら入院させられるかを考える前に、周りがどれだけ心配しているかきずかせてあげたらきっと、ご自分から
病院にいってみようという気になってくれますよ・・・

いなくなちゃてからじゃなんにもできないから
がんばって!!
お礼コメント
noname#6560

同じような境遇の方のご意見参考にします。

>今なら、まだいろんな事ができますよ。
そうですね、いろんな選択肢があると思います。

貴重な体験談ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-10-28 15:33:57
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ