OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

鉄瓶でのお茶の入れ方(日本茶ですが)

  • 暇なときにでも
  • 質問No.153935
  • 閲覧数3329
  • ありがとう数8
  • 気になる数1
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 100% (40/40)

南部鉄器の鉄瓶を持っているんですがどういう使い方をすればいいですか?
中に金網が入っているのでそこに茶葉を入れて湯を注ぐと思っていたのですが
「おいしいお茶の入れ方」なるものを調べてみてもそんな入れ方は見つからないのです。
鉄瓶で湯を沸かして使うのはいいことらしいですが、これを急須のように使うのは邪道なのでしょうか?
これから日本茶に凝ってみたいなと思っているのにこんなところでつまづいています…
通報する
  • 回答数3
  • 気になる1
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 39% (813/2055)

釜師「小泉仁左衛門」
というHPがあり(ほんとに)
使用方法、手入れ方法が書いてありました
参考にどうぞ
お礼コメント
somebody

お礼率 100% (40/40)

(ほんとに)←k_edaさんのこのコメントで思わずあははと笑ってしまいました。
HP見ました。手入れ方法が分かってうれしかったです。
でもやっぱり鉄瓶に茶葉を入れるっていうくだりはないですね。
投稿日時 - 2001-10-19 21:20:23
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 18% (29/156)

お茶の葉をいれて急須として使うとタンニンと鉄分が結合して鉄瓶の内部の色が悪くなるのでは。湯を沸かして、というより長く茶がとどまりますから。とはいえ、実は我が家でも急須として使用中。茶渋がついて洗いにくい点を除けば特に問題なし。でも、やっぱり「違う」という気分はぬぐえない。 ...続きを読む
お茶の葉をいれて急須として使うとタンニンと鉄分が結合して鉄瓶の内部の色が悪くなるのでは。湯を沸かして、というより長く茶がとどまりますから。とはいえ、実は我が家でも急須として使用中。茶渋がついて洗いにくい点を除けば特に問題なし。でも、やっぱり「違う」という気分はぬぐえない。
お礼コメント
somebody

お礼率 100% (40/40)

うちと同じように急須にされているのですね。
ほんとの急須で飲むときと味が違うことありません?
この味が鉄瓶の醍醐味だ、なんて思ってた自分が恥ずかしい^^;
大きなものだったらお湯を沸かすのに使おうって思うんですけど
ほんとに急須サイズなもんで、用途を変えられない気が…
どうしたもんでしょう。
投稿日時 - 2001-10-19 21:26:24

  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 24% (905/3709)

鉄瓶はお湯を湧かすのでは? 金網の使い方はわかりませんが、鉄瓶が溶け出すので、そのお湯を急須に移して使うとおいしいと聞きましたよ。 紅茶はまずいです。 昔々は鉄瓶でお茶の葉を煮出して飲んでいたと聞いていますからその名残かな?とも思いますが・・・(金網の理由) ...続きを読む
鉄瓶はお湯を湧かすのでは?
金網の使い方はわかりませんが、鉄瓶が溶け出すので、そのお湯を急須に移して使うとおいしいと聞きましたよ。
紅茶はまずいです。

昔々は鉄瓶でお茶の葉を煮出して飲んでいたと聞いていますからその名残かな?とも思いますが・・・(金網の理由)
お礼コメント
somebody

お礼率 100% (40/40)

ありがとうございます。金網の理由はおっしゃる通りかもしれませんね。
うーん、ちゃんとした南部鉄器なのにこういうスタイルで売っていいのだろか…

紅茶入れるときには使うなってよく聞きますよね。
でもどこかのHPで今フランスではティーポット代わりに鉄瓶を使うカフェが増えてるって書いてありました。
いつも飲んでると違う味も楽しみたくなるんでしょうか(-_-;)
投稿日時 - 2001-10-19 21:12:15
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
これはおいしかった!うまく作れた!あなたの経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ