-PR-
締切り
済み

テキストファイルから空白行をよむ

  • 暇なときにでも
  • 質問No.15115
  • 閲覧数1716
  • ありがとう数10
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 0% (0/16)

空白行を含んだテキストファイルをよみこんで、それをそのまま表示するプログラムをつくりたいのですが、BufferedReaderのreadLineを使うとnullが返ってきてしまいます。どうすれば空白行ということがわかるのですか。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全3件)

  • 回答No.1

常に次の行を見て、EOFかどうかチェックしては どうでしょうか。 #あまりJavaは触っていないので・・・ ではでは☆
常に次の行を見て、EOFかどうかチェックしては
どうでしょうか。
#あまりJavaは触っていないので・・・

ではでは☆


  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 55% (155/280)

私もあまりJavaは触っていませんが、EOFExceptionが出なければ空 行という判断をするんじゃないのでしょうか?
私もあまりJavaは触っていませんが、EOFExceptionが出なければ空
行という判断をするんじゃないのでしょうか?
  • 回答No.3
レベル7

ベストアンサー率 71% (5/7)

 readLineは、空行ならば空の文字列を、テキストの終わりならばnullを返しますので、通常は[1]の方法で問題はありません。 しかし、以前に異なるプラットフォームの改行コードが混在するテキストを処理する時に、それと同じ体験をしたことがあります。 SMTPやHTTPのヘッダとボディの区切りは、プラットフォームに関係なく0x0D+0x0Aを使うことになっているので、 この場合にもそのような現象が起 ...続きを読む
 readLineは、空行ならば空の文字列を、テキストの終わりならばnullを返しますので、通常は[1]の方法で問題はありません。
しかし、以前に異なるプラットフォームの改行コードが混在するテキストを処理する時に、それと同じ体験をしたことがあります。
SMTPやHTTPのヘッダとボディの区切りは、プラットフォームに関係なく0x0D+0x0Aを使うことになっているので、
この場合にもそのような現象が起きるのではないでしょうか。
 そして、そのときは[2]の方法で対処できたと思います。

-----[1]-----

import java.io.*;

public class textout1 {

public static void main(String args[]) {

String Str1;

try {

BufferedReader BR = new BufferedReader(new FileReader(args[0]));

while ((Str1 = BR.readLine()) != null) System.out.println(Str1);

BR.close();

} catch(Exception ex) { System.out.println(ex.toString()); };

};

}

-----[2]-----

import java.io.*;

public class textout2 {

public static void main(String args[]) {

String Str1;

try {

BufferedReader BR = new BufferedReader(new FileReader(args[0]));

while(true) {
if ((Str1 = BR.readLine()) != null) System.out.println(Str1);
else if (!BR.ready()) break;
};

BR.close();

} catch(Exception ex) { System.out.println(ex.toString()); };

};

}
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
こんな書き方もあるよ!この情報は知ってる?あなたの知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ