OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

DVD-Rと+RWどっちが再生互換性が高いか

  • すぐに回答を!
  • 質問No.150877
  • 閲覧数76
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 80% (61/76)

 DVD-RとDVD+RWどっちが再生互換性が高いか知りたいのです(PS2で再生できるDVD-Rの方の勝ちの気もするが)。
リコーのHPには、再生互換機種のDVD-ROMドライブとDVD-Videoプレーヤーリストがありますが、DVD-Rのは見た事が在りません。どなたか知っていたら教えてください。
 またはいろいろな実験情報しているHPがあれば、教えてください。たとえば2種類のビットレートの映像をDVD-Videoに一緒に書き込めるのか?それをプレーヤーで再生できるのか?とか。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 62% (6253/9971)

まず互換性ですが、DVD-Rがリードします。
これは、基盤の作りの関係でDVD-Rは
保護層-反射層-色素記録層-基盤
という構造で作られます。
記録層が3番目に来るため、DVD-ROMの
保護層-反射層-基盤
の作りに近い形をしています。
そのため、DVD-ROM対応のドライブの8割で対応できます。(理論値)

問題のDVD+RWです。
基盤構成は極めてROMに近い形で読みやすいですが、反面構造はDVD-RW並と複雑です。
印刷層-オーバーコート層(極めて薄い層です)-反射層-上部誘電層(極めて薄い)-記録層-下部誘電層(極めて薄い)-基盤
となります。そのため、反射率が多少低く互換性は7割程度となります。これは、DVD-RWと同等の互換力+αとされます。(理論値)
これらは、あくまで理論値ですが、構造を考えてもほぼ間違いのない理論値となります。

次に、ビットレートですが既定値の範囲内なら1ディスクに複数のビットレートがあっても大丈夫です。
規定ビットレートは9.8Mbps以下、
データストリーム全体で10.5Mbps以下、
フレーム・740×480
コマ数・29.7フレーム/s
サウンド・48KHz
となります。
(これらの設定はPCではオーサリングソフトやMpeg2編集ソフトで設定)
お礼コメント
imajoe

お礼率 80% (61/76)

詳しい説明ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-11-20 20:22:03
-PR-
-PR-
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ