-PR-
解決
済み

Sタイヤとラジアルタイヤ

  • 暇なときにでも
  • 質問No.14944
  • 閲覧数1006
  • ありがとう数16
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 82% (14/17)

Sタイヤってラジアルタイヤとどう違うのですか?
ちなみにアゼニスってSタイヤじゃないですよね?
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル7

ベストアンサー率 66% (6/9)

SタイヤのSとは、「セミレーシングタイヤ」のSらしいです。
じゃぁ完全なレーシングタイヤってあるのか?って思いますでしょうが、すみません、僕もわかりません。
一般道での使用もOKだった様な記憶が…(不確かです)
でも価格が高く、磨耗も早いので一般道に使うには勿体無いし、環境にも悪いと思います。
ファルケン・アゼニスはヨコハマ(ADVAN)で言うとネオバ、ブリジストンで言うとRE711Kaiかなぁ?一般ラジアルタイヤ中ではスポーツ志向最上グレードです。

Sタイヤは、”一般ラジアルに対して”、温度による摩擦係数の変化が大きく(最大摩擦係数を大きくするため)、トレッドパターンが大きい(溝が少ない)です(ゴムとして剛性を上げる、よれを少なくするため)あと、サイドウォールも剛いです(横方向のたわみが少ない)。
だから同じサイズのラジアルと比べると、インチアップした様な感じ(剛性UP感)も受けました(経験者)。
聞いた話ですが、一般ラジアルとは根本的に(コンパウンド)設計が違って、削れる(ゴムが溶ける)事で大きなグリップ力を得る様に出来てるそうです。

溝が少ない事は、排水性の悪化を招いてます。(ウエット用は、そこら辺考慮されていると思いますが)
多分ですが、ハイドロプレーニング現象(雨天等、路面に水がある(濡れている)状況で、速度が上昇した時、タイヤと路面間の排水が出来ずにタイヤが浮いた様になり、コントロール不能となる)が起こる速度は一般ラジアルと比べて、低いと思います。
mioyaさんの回答、
>路面が濡れた時は溝が少ない分滑りやすいです。
についてですが、路面の濡れた状態でも、ハイドロが起きない程度の速度域ならばグリップ力はラジアルよりも優れていると思います。(聞いた話です。未経験)
お礼コメント
toyoki

お礼率 82% (14/17)

Sの意味がわかりました。ありがとうございます。
投稿日時 - 2001-03-17 23:21:33
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル9

ベストアンサー率 21% (15/71)

Sタイヤも構造的にはラジアルタイヤの部類に入るのですが、一般的に、スポーツ走行専用(一般道での使用禁止)タイヤを「Sタイヤ」、それ以外のタイヤを「一般ラジアアル」と呼ぶことが多いです。 Sタイヤはコンパウンドが柔らかく、剛性が硬くて溝が少ないです。サーキット等ではタイヤが温まると物凄くグリップしますが、路面が濡れた時は溝が少ない分滑りやすいです。 アゼニスは一般道OKなのでSタイヤではありませんね。 ...続きを読む
Sタイヤも構造的にはラジアルタイヤの部類に入るのですが、一般的に、スポーツ走行専用(一般道での使用禁止)タイヤを「Sタイヤ」、それ以外のタイヤを「一般ラジアアル」と呼ぶことが多いです。
Sタイヤはコンパウンドが柔らかく、剛性が硬くて溝が少ないです。サーキット等ではタイヤが温まると物凄くグリップしますが、路面が濡れた時は溝が少ない分滑りやすいです。
アゼニスは一般道OKなのでSタイヤではありませんね。
補足コメント
toyoki

お礼率 82% (14/17)

ご回答ありがとうございます。
メーカーのカタログのSタイヤ(らしい物)を見てると、一般道で使用禁止とは出てないんですけど、だめなんですか?
あとウェットタイヤもあるのでドライ用タイヤってわけでもないみたいですね(YOKOHAMAのA039等)。
ところでSタイヤのSってなんの略でしょうか?ここに一般タイヤとの違いの答えがあるような気がするんですが・・・
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00


このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
購入や整備のポイント。車好きだから知ってる豆知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ