OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

舵が右で左がタラップ?

  • 困ってます
  • 質問No.149350
  • 閲覧数241
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 53% (161/301)

飛行機は左側にタラップをつける、
これは、昔から船がそうだったから、
というふうにありました。

船が左側を岸につける理由に
「右側に舵があったから」とありました。

なぜ舵が右で左を岸につけるんでしょう。
近くの方が見やすいと思うんですが…

そういえば、車もそうですよね?

教えてください。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 18% (29/156)

バイキングの時代の船は舵が真後ろなついていたわけでなく、どちらかの舷側にありました。それは造船技術の問題です。通常は右舷にあり、左舷を接岸する、右舷をつけると舵が壊れるから。左舷は英語でポートボーと言いますが、ポート、港につく側という意味ですね。車の場合は馬車から発展しました。英では御者が馬車の右側に座りました。ムチを振るうときに、右手で振るのですが、左に座っていると後ろの席の人間に当たるから、です。欧州大陸では左に座りました。馬車に屋根があるのが普通だから、という説と英国の侵攻の際に動きにくくするため、という説があのます。ところで、舵が近くとか遠く、というのはどういう意味でしょうか。舵輪と混同されましたか。
お礼コメント
infinity

お礼率 53% (161/301)

なるほど、真ん中についていないというのは、
初めて知りました。それならば納得です。

それから、舵…勘違いしてました。(^^;
舵ってハンドルみたいなの(これが舵輪?)だと
思っていました。

ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-10-11 20:30:01
-PR-
-PR-
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ